自分に合ったペースで

2004年大阪9位、2007年東京7位。これは、渋井陽子がアテネと北京の五輪出場を賭けて臨んだそれそれの代表選考レースの結果だ。優勝候補にあげられながら、いづれも30キロあたりから先頭集団から遅れ、ゴールに近づくに連れて加速度的にペースダウンした。

渋井陽子は、1万メートルでは日本記録、マラソンでは野口みずきに次ぐ日本歴代2位という輝かしい実績を持つ。マラソンランナーとしては申し分のないスピードを持っている。それが、大事な選考レースでは終盤に失速して勝利を逃がすという失敗が続く。

北京五輪から3ヶ月後の11月16日、東京国際女子マラソンに臨んだ。北京では1万メートルを走り、これまでにない自身のようなものが感じられた。中盤から独走態勢を築き、このまま逃げ切るかに見えた。25キロ地点では2位に44秒の差をつけていた。だが、30キロ過ぎにペースが落ち始め、今回も終盤に大きくペースを落として4位に甘んじた。

それでも、東京での走りはこれまでの渋井とは違い、成長の跡が見られた。これまでの選考会のように2時間30分を大きく超えるような落ち込みはなく、悪いなりにも2時間25分台にまとめた。また、フォームにはスピードランナー特有の堅さが見られず、調子さえよければこのままぐいぐい行けそうな感じがする。

渋井のような先行型のマラソン選手は、下手に集団につかない方が成功するのではないか思う。スピードのある選手がスローペースでついて行くと、かえって疲れて本来のスピードが発揮できないことがある。仮に、優勝した尾崎好美や2位の加納由里に終盤までついたとしても、同じように失速してしまったのではないだろうか。

五輪の疲れはもうとれたと思うが、3ヶ月はマラソンの走り込みには少し短かったかもしれない。渋井の速いペースをうまくレースの流れにのせるにはもう少し時間がかかりそうである。来年の名古屋国際女子マラソンまで、もう一度体を作り直してみてはどうだろうか。思い切り迷って、自分の考えたとおりの速いペース配分で、これからも挑戦し続けてほしい。あまり力にならない応援だけれど。
[PR]
by hasiru123 | 2008-11-30 20:44 | マラソン