夢のマラソン

09年奥むさし駅伝

新春恒例の第7回奥むさし駅伝は、1月25日(日)に東飯能駅西口前をスタートし、西吾野駅前で折り返す6区間(38.8キロ)のコースで行われました。選手および応援にあたったみなさん、早朝から寒中をお疲れさまでした。

今回は一般の部に、WGM関連団体から2チーム(昨年より1チーム減)が参加。若葉グリーンメイトは、2時間19分48秒の52位でゴールしまた。また、青葉クラブは、途中で繰り上げスタートとなりましたが、114位と健闘しました。
c0051032_2330261.jpg

一般の部は、HARUO URATA(中央大学)をはじめとする大学・実業団チームを含む157チームが参加し、レベルの高いレースを展開しました。1区では、箱根駅伝の5区(山登り)で区間新記録の活躍を見せた柏原竜二(東洋大B)が2位以下を大きく離す区間新記録でタスキをつなぎました(写真上)。大学チームが5位までを独占し、今年は大学の強さが光りました。

若葉グリーンメイトは、直前に2名が入れ替わるなどのアクシデントが影響して、順位を13下げました。記録は2時間19分48秒(前年差+2分37秒)でした。しかし、出場した選手はそれぞれの持てる力を確実に発揮したと思います。5年連続で1区を走ったTtさんは34分台でまとめました。2区のShさんは、昨年の記録を35秒短縮して、存在感をアピールしました。

急きょ3区を担当したTsさんは、練習不足が心配されましたが、予想タイムを大きく超える区間73位の大健闘でした。4区のSさんは、区間39位で順位を3つ上げました。この区間での出場は初めてです。

5区はOさんです。区間タイムは昨年を下回ったものの、順位はさらに3つ上げました。アンカーのSyさん。33分台でカバーしました。この区間は、1区に次ぐ長丁場で、並みいる強豪がひしめく区間での経験は今後に生きると思います。
c0051032_23345745.jpg

青葉クラブの2区を担当したSさんは、前回を1分16秒も上回る好タイムで、女性ながら7人抜きを演じました。この1年間の伸長はめざましいものがあり、今後の個人レースの活躍が楽しみです。

レースの詳しい結果は「飯能市のホームページ」(http://www.city.hanno.saitama.jp/taiikuka/ekiden/documents/7-ippann.pdf)に掲載されていますので、合わせてごらんください。

(写真下) 続々と第1中継所に飛び込んでくる選手たち
[PR]
by hasiru123 | 2009-02-02 23:47 | 駅伝
<< 第21回ランニング学会大会が開... 第76回埼玉県駅伝詳報 >>