ブログトップ

夢のマラソン

東京五輪招致

2016年夏の五輪開催地に立候補している東京の招致委員会が開催計画書を国際オリンピック委員会(IOC)に提出した。10月の最終選考に向けてシカゴ(米国)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)との競合が本格化する。

東京都は計画書提出に先駆けて、昨年12月に「オリンピック及びパラリンピックの2016年東京招致に関する世論調査」というのを行っている。「あなたは、2016年東京五輪招致に賛成ですか」という設問で、「賛成」「どちらでもない」「反対」の3択で聞いている。もし、私が回答するとしたら「どちらでもない」を採るだろう。

その根拠は二つある。まず一点は、東京で「二度目」の開催の前に、世界にはまだ開催されていない地域が多く残されていて、時期尚早ということである。たとえば、今回立候補しているリオデジャネイロのある南米だ。そして、アフリカ。単独開催が難しければ、共同開催という方法もある。

それから、戦渦の絶えない中東がある。東京が大会理念として掲げている「平和に貢献する/世界を結ぶ五輪」をこれらの地域にそっくり譲りたいところだ。また、冷戦の影響を強く受け、西側諸国の集団ボイコットで片肺飛行を余儀なくされたモスクワや旧東欧諸国などもグローバルな意味での五輪はまだである。わが国には、まだ五輪の開催されていない地域が早く実現できるよう後方支援するという国際貢献が残されているように思う。

もう一つの根拠は、再び東京で五輪をやるのであれば、国の内外に対して「なぜ二度目なのか」をしっかり説明する必要ということだ。IOCは、五輪の肥大化を抑える方針を打ち出している。東京都は、二酸化炭素の排出を抑え、メーンスタジアムや選手村ができる晴海、有明地区を中心に緑化を進めて、約七割の競技を既存施設で行い、都心の半径八キロ圏内に集約させるという。

「コンパクト」を前面に出した方向性は間違っていない。これをさらに押し進めて、100パーセント既存の施設を使用して、スリム化を図ってはどうだろうか。メインスタジアムには、92年世界陸上で使用した国立競技場や、サッカーワールドカップの決勝に使用した横浜スタジアム、そして埼玉スタジアムなどもある。また、16年に復活が期待されている野球の施設には事欠かない。宿泊施設などのインフラや交通網が充実していることも強みだ。五輪の度に開発で都市がひっ繰り返される事態は避けたいものだ。

これまでの五輪史を塗り替える快挙となることは間違いない。そういった環境下での開催であれば、諸手をあげて賛成したい。私の回答は「どちらでもない」というよりも、条件によって「どちらでもある」といった方が正確かもしれない。
[PR]
by hasiru123 | 2009-02-22 23:00 | その他