ブログトップ

夢のマラソン

2005年東京・荒川市民マラソンに出場するみなさんへ

 いよいよ、3月20日(日)は待ちに待った東京・荒川市民マラソンの号砲が鳴ります。19日(土)午前9時現在の熊谷地方気象台発表の予報では、スタート時(9時)の気象コンディションは、「晴れ・8度・弱い東風・湿度30%、日最高気温は14度」(昨年は、晴れ・3.9度・北風2m)と報じられています。高気圧にすっぽり覆われそうなので風の心配はなさそうです。マラソン向きの気象コンディションといえるでしょう。参考までに、昨年に走った経験からひとこと申し上げます。

(1)スタート時には東よりの風であっても、途中で北よりの風に変わると、折り返してから向かい風を受けることになります。コース周辺にはあまり風を遮蔽するものがありませんので、往路は十分に余裕をもってペースを刻んでください。そうすれば、復路は栄光のビクトリーロードとなることでしょう。

(2)コースは2003年から大きく変わりました。不整地の多い折り返しコース(2回あり)から、舗装路のみの折り返し(1回)コースへ。これまでより走りやすくなり、起伏が少ないので好記録が生まれやすいのが特徴です。ちなみに、日本陸連公認コースです。

(3)参加者が13,000人ということもあって、会場最寄り駅のJR埼京線浮間舟渡駅は、早朝大変な混雑が予想されます。覚悟してください。また、受付は前日行っておくと安心です。

(4)晴れると、かなり強い日差しを浴び続けることになります。日差しの強さでは、9月20日ころと同じです。きっと、ランパン&ランシャツで走る方が多いでしょう。この季節は皮膚が強い日射に馴れていませんので、以外と紫外線にやられやすいのです。ご注意を。

 これまでの練習がよい結果に結びつくことを期待しております。
[PR]
by hasiru123 | 2005-03-19 12:20 | その他