平成20年度埼玉県体育賞受賞記念祝賀会


c0051032_22134098.jpgc0051032_22143751.jpg





坂戸市陸上競技協会会長の比留間一さんが、このほど平成20年度埼玉県体育賞を受賞された。陸上競技の発展に尽力されたことに対する功労が認められたものである。それを記念して、6月27日に祝賀会が開かれた。

坂戸市長を始め、陸協、坂戸市市民スポーツ課、坂戸市体育協会、坂戸市内のランニング団体、企業などから比留間さんにゆかりのある人たちが集まった。

比留間さんは、長きにわたりマラソンを走り続けた市民ランナーである。別府大分毎日マラソンに4回連続で出場し、2時間39分17秒の記録を持つ。自己記録は47歳のときのものと聞く。坂戸毎日チャリティマラソン大会の審判長を務められたこともある。

比留間さんを知るようになったのは、私が市民ランナーとして走り始めたころだったから、私は30代の半ばで、比留間さんは40代に入ったばかりではなかったかと思う。奥武蔵駅伝で、安定したフォームで力強く走る比留間さんの雄姿に目を引かれたのがきっかけだ。オーバーペースで終盤失速するようなことはなく、正確なペースで刻む。一緒に走るランナーとしては、少し無理をしてでもついていけば、結果がついてくる、といった安心感があった。

それから、駅伝やレースでは走り方を熟知しているランナーについていくことが、自分の走力を向上させ、技術を磨く近道だと考えるようになった。今から見ると、40代は市民ランナーとしては熟年どころか、発展途上ランナーといってもいいくらいだ。しかし、その当時は30代ランナーの層が厚かった時代である。比留間さんの存在は、39歳になってはじめてフルマラソンを走った私のランニング生活に大きな影響をもたらした。

小子高齢化が進行する中で、競技者人口の構成や取り組む姿勢に大きな変化が生じている。今後のより一層の陸上競技の普及を図り、陸上競技をより楽しいものに変えていっていただきたいと切に期待している。

(写真左)花束と記念品の贈呈
(写真右)挨拶する比留間さん
[PR]
by hasiru123 | 2009-06-28 22:19 | その他