世界陸上の男女マラソンを観て

男子は、佐藤敦之が終盤追い上げて6位に食い込んだ。北京五輪では最下位の屈辱を味わったが、まずは入賞という目標を達成したことを喜びたい。女子は、尾崎好美が最後までトップ争いを繰り広げ、銀メダルを獲得した。また、加納由理が7位に入り、大会を盛り上げた。

二人の活躍で、日本の女子マラソンの層の厚さを示したことは間違いないが、手放しでは喜べない。というのは、参加選手中もっとも速い記録をもつ渋井陽子が左足甲の故障で出場を辞退し、赤羽有紀子は出場はしたもののやはり直前の故障で本来の力を発揮できなかったからだ。北京に続く故障の連鎖を引きずっているところが気にかかる。

さて、本大会の男女マラソンをテレビ観戦して思うところを書いてみたい。

ワンフレーズでまとめると、「スピード化の男子と実力接近の女子」といえそうだ。男子は、北京五輪と同様にハイペースで展開し、日本勢は15K過ぎに先頭集団から離れた。20Kではトップ集団がすでに7人に絞られている。以下に、5Kごとの先頭集団の人数を示した。これは、中継されたテレビの映像から私がカウントしたもので、前半の大集団は正確に人数を把握できていないが、傾向は見ることができる。

      <男子>  <女子>
5K   その他大勢 その他大勢
10K  その他大勢 その他大勢
15K  約15名  その他大勢
20K   7名   25名以上
25K   5名    24名
30K   4名   10~12名
35K   3名     3名
40K   1名     3名

一方、女子は25Kまでは25人前後の集団を形成し、30Kでも10人以上が残っていた。北京五輪とは展開がかなり異なっている。北京では、20キロ過ぎからトメスク(ルーマニア)が先頭集団を抜け出し、そのままゴールまで駆け抜けてしまった。30K前後まで大集団が続く展開は、国内外を問わず男子に多く見られた。ところが、北京五輪と世界陸上の国内代表選考レース、ベルリン世界陸上を見る限りでは、この傾向が反対になりつつあるように見える。男子は、前半から東アフリカ勢のスピードランナー同士のサバイバルとなり、女子は実力伯仲の中、中盤まで選手同士の牽制が続く。

女子はこれからますます選手層が厚くなり、どの国の選手がメダルをとってもおかしくない時代になったといえる。それに対して、男子は一時期世界記録の更新が途絶えたことがあったが、東アフリカ勢のトラックレースの伸長によって、一挙にマラソンの記録ラッシュに火をつけた。成熟期の女子に対して、開花期の男子といるのではないだろうか。これからも、日本の女子マラソンは世界をリードしていけそうだ、という期待感を抱かせる。しかし、男子は残念ながら、さらに世界の先頭集団から水をあけられそうなな気配である。
[PR]

by hasiru123 | 2009-08-30 21:59 | マラソン  

<< 一人で走ることとみんなで走ること マラソンに活かせる、予選通過の戦略 >>