フルマラソンのタイム予測をするには(1)


c0051032_20502574.jpg
 私の所属しているランニングクラブのIさんからメールでこんな質問をいただきました。「3月の10Kロードレースでは47分56秒で走れました。4月にはボストンマラソンに出場する予定ですが、この調子でいくとどのくらいの記録が望めますか」。Iさんは走歴15年以上の男性ランナーです。
          
 一般論としての予測をしてもあまり参考にならないと思い、もう少し情報を集めるためにこんな質問をしてみました。「ここ数ヶ月間の練習内容と、今回の記録の評価(ここ数年の10キロレースの実績比較)を教えていただけますか。それから、体調についても教えてください。それらの情報から、自分なりの予測を試みてみたいと思います」と。Iさんからは早速次のような返信が寄せられました。

1回の練習時間  約2時間
練習場所      高麗川から鳩山電大横の石坂ゴルフ横の坂道~物見山~地球観測所
            ~鳩山ゴルフ脇~農村公園~高麗川へ帰る、という約20キロが定番練
            習コース(登り坂は8カ所位ある)
走行距離(K)   10月 162 11月 136 12月 137 1月 145 2月 171 
参加レース     04年小川和紙 1:47:50 前半より後半が2分ほどよくうまく走れた
            05年青梅30K ほぼイーブンで走れた (15Kで1:20:00)
            05年鶴ヶ島10K 47:56 前日練習 10kのビルドアップのとき、少し重
            かった。体重が54.5キロでベストと比べて1キロほど重い感じ

 1回約2時間の練習とありますので、月間走行距離から推測すると週2回位の頻度で練習されているようです。また、コンスタントに月間150キロ程度をこなしていて、故障はなさそうでした。そのような情報を基に私は以下の方法で予測を試みました。

<予測方法(1) - 10Kと30Kの結果を使用>

ステップ1
 直近の10K、20K、30Kレースの記録を計算しやすいように秒表示にします(ハーフマラソンは20Kに換算)

ステップ2
 10Kの記録に対して20Kの記録は何倍かかっているかという「対10Kタイム比」を計算します。この「対10Kタイム比」を基に40K地点での「対10Kタイム比」を予測します。これは、10Kレースと30Kレースとでペースの落ち方を比較し、40Kレースでも同様な傾向を示すというのが前提です。
    
ステップ3
 40Kでの「対10Kタイム比」を使ってタイムを40Kでのタイムを計算します。さらに、同じペースいったときの42.195Kでのタイムを予測します。
   2,876×4.49×42.195/40=13,622(3時間47分2秒)

ステップ4
 長い距離練習を踏んできた人でも、どうしても30K以降はグリーコーゲンの枯渇現象が生じてペースが落ちてきます。脚が動かなくなったり、力が出なくなったりといういわゆる「ガス欠」現象です。計算通りにはいかない落ち込みをどう見るかがタイム予測の最大のポイントです。ここは「経験」と「読み」というきわめてファジーな部分に頼らざるをえません。Iさんは継続的に距離をこなしていて、フルマラソンの経験がありますので、そこでのプラスアルファーを5分とみました。

       距離(キロ)   実績     実績(秒表示)  対10キロタイム比  予測タイム
鶴ヶ島GR   10     47分56秒     2,876  
小川和紙   20    1時間47分50秒  6,133      2.13
青梅      30    2時間41分31秒  9,691      3.37
40K予測                                 4.49      12,913秒
42.195K                                         13,622秒  

 計算に基づく最終的な予測は上表のように13,622秒(3時間47分2秒)に5分を加えた「3時間52分」となります。ただし、タイム予測で一番大切な「気象(気温や風)」と「コース(特に起伏の有無)」、「体調」という3大要素を考慮していません。レースの直前に、これらの情報を加味してより確実な予測を行ってほしいと思います。
[PR]
by hasiru123 | 2005-03-26 23:02 | 練習