2010年箱根駅伝(上)

            
箱根駅伝を観戦する


数えてみると、昨年は補欠も含めて計6回の駅伝大会に参加した。テレビで観ることよりも、実際に走ることがどんなに楽しいものかということを実感した1年であった。そのことと比べようもないのだが、箱根駅伝だけは別格のようである。格別の期待と関心を持って見ることができる数少ない駅伝イベントだからだ。

今年も明治大学交友会のお世話で、往路の観戦ツアーに同行させていただいた。昨年は、3区の藤沢橋付近で時間をとられ、最後の箱根湯本駅前で先頭チームを見ることができなかったので、今回は早めの移動スケジュールが組まれた。1区は少し欲張って、2カ所(和田倉門交差点と京急蒲田駅前で応援した。

<和田倉門交差点>
スタートして3分。まだ20名の集団は崩れない。このシーンは、1秒間に2度シャッターを押しただけで、終わり。
c0051032_17301132.jpg

<京急蒲田駅前>
1区はハイペースで進み、15キロ過ぎで集団は長く伸びている。写真は、先頭から出岐(青学大)、出口(日体大)、清水(東京農大)、佐藤(城西大)。この区間は北条(明大)が制した。
c0051032_17302898.jpg

<横浜駅前>
2区の8.5キロ地点。各チームのエースを投入する区間だが、村沢(東海大)の区間2位(1.08.08)は立派だ。写真は、森(日体大)をかわすダニエル(日大)。アッという間に過ぎ去った。
c0051032_17305940.jpg

<藤沢橋交差点>
3区の6キロ地点で、多くの明大の幟がはためくところである。写真は西村(帝京大)。
c0051032_17312297.jpg

<大磯駅前歩道橋>
4区の1.5キロ地点。写真左は、渡辺(上武大)の走りを気遣って併走する花田監督。右は、力走する宮川(亜大)。この区間も安田(明大)が区間賞を獲得し、明大がトップをキープした。
c0051032_1732396.jpgc0051032_1731484.jpg






<箱根湯本>
本来なら、箱根湯本駅前で最後の撮影をする予定だったが、私を含めた3名のグループが携帯ラジオに夢中になって、うっかりJR小田原駅を乗り過ごしてしまった。残念ながら、先頭の久国(明大)を始めとする各選手の通過には間に合わなかった。したがって、写真はいきなり昼食処「知客茶屋」での記念撮影に飛ぶ。箱根駅伝を楽しませていただいたことに感謝し、乾杯!
c0051032_17323451.jpg

明大については、前回の8位・シード権確保には驚いたが、今回の5区12.7キロ地点まで首位を維持したのには脱帽である。エースの松本を故障で欠いたのが悔やまれるが、総合で10位に入り、何とか来年につながった。
[PR]
by hasiru123 | 2010-01-04 17:42 | 駅伝