夢のマラソン

しのぎを削る戦い

バンクーバー五輪の27日(日本時間28日)、スピードスケート女子団体追い抜き決勝が行われ、日本チームはドイツに敗れはしたものの、銀メダルを獲得した。そして、東京マラソンでは藤原正和(Honda)が2時間12分19秒で初優勝した。そのことを、今夜のニュースで知った。

どちらも、気持が晴れるような快挙である。女子団体追い抜き決勝は、終始日本がリードしていたが、終盤にドイツの追撃に遭い、最後は100分の2秒差で逆転されて金メダルに届かなかった。こんな激戦を演じた両チームに心からエールを送りたい。2日前に行われた女子フィギュアの金妍児と浅田真央の熾烈な戦いを再現するかのようなレースだった。

東京マラソンは今年で4回目を迎えるが、日本人選手が優勝したのは初めてである。また、国内の3大マラソン(福岡、東京、びわ湖)での優勝は5年ぶりのことだ。心から祝福したい。

藤原は、中大4年時に出場した03年3月のびわ湖毎日マラソンで、初マラソン日本最高記録の2時間8分12秒で走っている。しかし、その後ひざの故障などでなかなか2度目のマラソンに取り組めないでいた。回復を待ちながら、コツコツと練習を重ねてきた結果が今回ようやく実を結んだ。粘り強く、あきらめないで続けていくことが、ことマラソンに関しては大切である。地味ではあるが、それしかないのが競技というものであることを、あらためて知らされたレースであった。

昨夜からの氷雨で、午前中は5度までしか上がらなかった。ランナーにとってはつらい42.195キロだったと思う。完走した3万名強のランナーのみなさん、お疲れ様でした。

私も、来年こそ当選率9分の1という狭き門を勝ち抜いて、3万人の仲間入りを果たしたいと思っている。
[PR]
by hasiru123 | 2010-02-28 23:13 | マラソン
<< ナショナルチームに期待するもの 「インビクタス/負けざる者たち... >>