ブログトップ

夢のマラソン

タフな心は折れないこと

福岡国際マラソンを始めとする4つの主要男子マラソンが終わった。東京マラソンで藤原正和(HONDA)が優勝した。びわ湖毎日マラソンでは佐藤智之(旭化成)が2位に入り、初マラソンの若手も好記録で上位に入った。

不振続きの男子マラソンに、光明が見えてきた。風向きが変わり始めた。久しぶりに、そんな気分にさせられる両大会だった。そのことにつては、折に触れて書いてきた。

毎日新聞に「金曜カフェ」というスポーツコラムがある。毎月1回書いている金哲彦さんは、3月26日に男子マラソンの今シーズンについて、次のように総括していた。

「やればできる」という自信=心の支えが、選手たちの心に宿った。タフな心をどう養うかが、男子マラソン復活の鍵になる。それは、自分を律する心の強さだ。
                                     
「タフな心」とは、トレーニングで”故障と紙一重”といわれるくらい身体をいじめ抜き、練習量が落ちる調整段階でも、体重コントロールなど実行できる強じんな精神力を言う。

ところが、タフな心にはウィークポイントがある。それは、何事にも屈しない強い心は、時にぽっきり折れることがあるからだ。五木寛之さんは「屈しない心は折れる。よく萎えいる心は折れない」と自著『養生の実技』の中で書いている。屈すること、曲がること、しなうことが、折れずに生き続ける道なのではないかと問いかける。

具体例をあげてみたい。Aさんは、サブスリーを目標に日々走りこみを続けてきたとしよう。本番で、30キロまでは快調なペースを刻んできたが、以降徐々にペースが落ちて、、とうとう貯金を使い果たしてしまった。疲労困憊の中で、サブスリーの可能性はなくなった。すると、これまでは少しでもペースの落ちこみを食い止めようと頑張ってきた気持がぷっつりと切れたかのように、足が止まった。

目標に向かう気持が強いほど、その実現性がなくなったときのリバウンドは大きい。いわゆる目標喪失で、気持が折れたということだ。

折れないうちに、屈する、曲がる、しなうことができたなら、終盤の展開はかなり異なると思う。この場合には、第2、第3の目標に切り替えるなどして、気持を入れ替えることがそれにあたる。サブスリーは達成できなくても、3時間数分で走れたかもしれない。

「屈する」ことは、ある意味では自分の心をごまかすことであり、裏切ることでもある。そのことにコンプレックスを感じないだけの図太い神経がないとできないことこもしれない。金メダルがだめなら、銀があるではないかと切り替えることを意味する。

トップアスリートには難しいことだが、市民ランナーならきっとやれる。「タフな心」とは試合を投げない「図太い神経」にほかならない。傷口を最小に抑えて、リベンジを誓うには、それが近道である。そういう心のトレーニングは、マラソンだけでなく、生きる上でも役に立つ。
[PR]
by hasiru123 | 2010-03-29 07:20 | マラソン