第10回坂戸市民チャリティマラソン

c0051032_2325320.jpg

小春日和の下、第10回坂戸市民チャリティマラソンが行われた。今年も、大会役員として参加させていただいた。

レースの結果では、熟年ランナーの強さが目を引いた。女子の50歳代のクラスに出場したYさんと男子の40歳代に出場したUさんは、ともに5kmと10kmの2種目を制した。5kmと10kmのスタート時間の差は55分なので、5kmを1位でゴールテープを切ってから35分から40分後に10kmに挑んだことになる。このタフネスには敬服する。

Yさんはかつては東京国際女子マラソンの常連だったし、Uさんも福岡国際マラソンや東京国際マラソンに毎年のように出場していたシリアルランナーだ。ちなみに、Uさんは若葉グリーンメイトに所属しつつ、自分でも若手ランナーを集めたクラブチームを率いて育成に努めている。
c0051032_23253860.jpg

この人たちに共通することは、ただ一つ。毎日の練習の蓄積が豊富だということだ。練習の虫という様子は人目にはほとんど見せないが、私を含めた一市民ランナーとして、倦(う)まず弛(たゆ)まず走力を磨くその生活態度から大いに学びとりたい。

ところで、本大会では坂戸市陸上競技協会として駅伝強化のためのある取り組みを開始した。それは、埼玉県駅伝大会へ向けた選手強化の方策の一つとして、男子の入賞者に対して、今後坂戸陸協が主催予定の練習会参加への呼びかけを行ったことである。

坂戸市在住在勤のランナーを中心に広くアプローチすることによって、一つのランニングクラブに寄りかかった選手構成のあり方を変え、チームを強化する機運が高まることを期待している。ただし、広報の仕方についてはまだ荒削りで、さらにブラッシュアップさせる必要があろう。

さて、明後日は私ががんばる番である。今夜の天気予報では、大田原マラソンの開催地周辺の当日の空模様は降水確率70%で、最低気温2度、最高気温12度と報じられていた。寒さと雨の備えが必要のようだ。

(写真上)10kmの部のスタート
(写真下)10kmの部の総合トップのゴールシーン
[PR]
by hasiru123 | 2010-11-21 23:26 | マラソン