ブログトップ

夢のマラソン

箱根駅伝の時間別ランキング

先週に地方へ出張したときに、時間調整のために入った喫茶店で読んだ「週刊文春」1月27日号の記事について。「箱根駅伝で各大学がテレビに映った時間」という堀井憲一郎氏の一文が面白かった。そこには、参加した20校のテレビ画面に多く映っていた時間別ランキングが載っている。このランキングから私が知ったこと、感じたことを書いてみたい。

まず、全体時間(往路と復路で映っていた時間の合計)。時間の多かった4チームは、順位が上へ行くほど映った時間が多い傾向がある(往路、総合とも)。早大(173分47秒)がダントツで、2番目の東洋大の1.4倍にあたる。しかも、1番目と2番目、3番目のそれぞれの時間差は大きく、3番目の駒大になると、早大が2.8倍に開く。5番目からは、順位との相関関係はかなり崩れてくる。

たとえば、総合で20位だった日大は全体時間では8番目だが、総合6位の中大は14位だった。これは、タスキがつながらないと繰り上げスタート(白タスキ)になるため、そこがクローズアップされたためだろう。

また、5番目(拓大)の52分55秒から13番目(青学院大)の42分49秒までがあまり開かなかったのは、集団で併走している時間が多かったためと思われる。したがって、最後までシード権を競った国学院大と城西大、山梨学院大は、注目が集まったにもかかわらずこの中のグループに入っていて、突出した時間とはならなかった。

そして往路の時間。ここは、5区の終盤でトップに立った東洋大が早大をしのいだ。やはり、これも順位との相関関係が強く、往路成績が1,2,3,5位のチームは時間の順位と同じ結果になっている。早大が1区から5区の途中まで首位をキープしたにもかかわらず、東洋大に負けているのは、往路は順位の入れ替わりがめまぐるしく、花の2区に各校のエースが登場することで、首位チームよりも選手個人に注目が集まりやすいことが影響したと思われる。また、5区は柏原(東洋大)がどこでトップに立つかに耳目を引いたことも、早大だけにカメラが集中しなかった原因といえよう。

1校単独で映っている時間となると、順位との相関関係はさらに強くなる。一番長時間だった早大が133分49秒なのに対し、2番目の東洋大が56分51秒と大差がついた。早大の、総合時間に占める1校単独時間の比率は77%だった。これも他校を圧倒している。復路の6区後半から早大がトップを奪い返し、独走態勢を築いたことが影響している。また、最下位だった日大がここでは4番目に顔を出しているのは、先にも書いように復路で白タスキになるかどうかで終始カメラが追い続けたためだ。総合19位の上武大も6番目に多かったが、これも日大と同様の理由だろう。

全体として言えるのは、トップを争うチームや話題のチーム、そして注目選手にはカメラが集まるということを証明したことだ。意外だったのは、タスキがつながるかどうかでこれほどの時間差がついたことである。テレビ会社や広告代理店は視聴率を気にするが、大学関係者は時間別ランキングの方が気になるに違いない。

それにしても、正月早々このようなランキング表をだれが作ったのだろう。複数のアルバイトを雇って、学校別に担当を決めて記録したのか、あるいはビデオに録って一人が何度もそれを見直して集計したのだろうか。少なく見積もっても、競技時間(20位の日大11時間28分00秒)の3倍は人時工数がかかっていると推測する。私は、この貴重な(?)なデータを残しておくために、時間の許す限りノートに書き写した。
[PR]
by hasiru123 | 2011-01-30 20:16 | 駅伝