夢のマラソン

ランナーズダイアリー(下)

RUNNERS DIARYには、マンスリーページとウィークリーページがあって、ランニングについての記録は前者を、ランニングを含めたプラーベート用とビジネス用のスケジュールは後者を使っている。A5版で手帳としてはやや大きめだが、それだけ多くの情報を書き込めることになる。今年のマンスリーページには、毎月花田勝彦氏(上武大学駅伝部監督)のコラムが掲載されていて、これを読むのも楽しみの一つになっている。

ノートは、仕事上の打ち合わせ記録や会議録、読んだ本からの書き抜きから、ちょっとした新聞記事の切り張りなど、様々な用途に使っている。ケチって、ぎっしり書き込んだりはしない。内容にメリハリをつけて後で読みやすく心がけているので、ページの消化は早い。今年に入って、もう2冊目だ。

「ビジネス用とプライべート用、そしてランニング用を一つにする」という連立方程式を立てることで、実は意外な効果があることに気がついた。以下に、思いつくままに挙げると・・・。

○ ビジネスの予定にプライベートの予定が加わることで、一見味気ないスケジュールに彩りを添えることができる。
○ 余暇時間に仕事上のプランや企画を思いついたりしたときに、すぐに書き留めることができる。その逆も、ある。
○ 記録ではないが、感情や気持ちのようなものも忘れないために書き取っておくことができる。それが、意志を強くし、マラソンの終盤のねばりのようなものにつながることもあるかも。
○ 一定期間はどうしても覚えておきたい事項を、まめに書き留める。毎日使うものなので、いやがうえでも見ざるを得ない。
○ 走り込んだ実績を毎日書いて、常に見返すことによって、本番への自信につなげることができる。

ていねいにきれいに書き取れないことの方が多いが、毎日のくり返しとなれば気にならなくなる。なぐり書きのような文章が入っていても、一向かまわない。それは、毎日走ろうと思っても思わぬアクシデントや飛び入りの日程変更などで、走れなくなることがあるのと同じ。気にしていたら、明日から走れなくなるかもしれない。「人生はたいてい思い通りには行かない。だけど一度決めたら、その方向に邁進することが大事」とは、昨年ノーベル化学賞を受賞した鈴木章さんの言葉だ(札幌市内で行った上田札幌市長との対談で/2月8日朝日新聞北海道版)。

ランニングだけではなく、生活全体を楽しむことにつながるかもしれない。そういう期待も、この試みの効果に挙げることができよう。
[PR]
by hasiru123 | 2011-02-27 22:52 | その他
<< 東京とびわ湖毎日から ランナーズダイアリー(中) >>