川越城本丸御殿が再公開

c0051032_21573247.jpg

川越市の県有形文化財である「川越城本丸御殿」の保存修理工事が完了し、3月26日にリニューアルオープンした。平成20年10月から2年半かけて、屋根や壁などについて老朽化した部分の修復と耐震補強などを行ってきたものだ。
c0051032_2158773.jpg

川越城は1457(長禄元)年に太田道真、道灌親子によって築城された。江戸時代(寛永年間)に入ると、川越藩主の松平信綱が、拡張した。1846(弘化3)年、二の丸御殿が焼失したが、2年後の1848(嘉永元)年に同藩主松平斉典が本丸御殿を再建した。
c0051032_21582672.jpg

明治に入ると、廃城令により取り壊されたが、1967年に大規模な復元修理が行われて、現在に至っている。私が子供のころは、廃屋に近い状態で、中学校の部活などに使われていた。
c0051032_22145132.jpg

現在は、玄関と広間部分、そして移築復元された家老詰所だけが残されている。
[PR]

by hasiru123 | 2011-04-03 21:59 | その他  

<< 最近の写真から 選手宣誓と自己本位 >>