2010年度1歳刻みランキング

毎年恒例の「フルマラソン1歳刻みランキング記録集」が雑誌ランナーズ7月号で公表された。見るたびに新しい発見があって、マラソンのデータを読む楽しさに気づかされる。今回は、久しぶりに自分のランキングを確かめる楽しさも加わった。

この記録は、2010年度(2010年4月~2011年3月)に開催された日本陸連公認コースを使用する大会での完走記録データを集計し、男女別1歳刻みでランキングにしたものだ。1歳刻みの区分で100位以内に入っていれば個人記録も見ることができる。2010年度のデータから、私の拙い読みで全体を眺めてみると・・・。

まずランニング人口(集計対象としたランナー数)だが、全体で約18万人で、前年度に比べて約7.4%(女性は11.6%)増加した。女性比率は18.5%で、年々増える傾向にある。また、年代別比率では男性が30代と40代がほぼ同じ(各24%)で、20代(17%)が続く。女性は、30代(32%)が最も多く、ついで40代(26%)、20代(24%)となっている。20代では男性よりも女性の比率が高い。男女とも、40代で昨年比増加率が高いこともわかった。

平均タイムについては、手元にあるバックナンバー(2005年度版)も参照しながら見ると、男性は4時間33分48秒で約4分、女性は5時間7分35秒で約5分、2005年度よりも落ちている。これは、ランナーの急増でビギナーが増えたためと見られる。

いいタイムで走れる、強い年代はどの層かを知るには、「タイム別順位早見表」が使える。男性は3時間で、女性は3時間30分で走ると何位に相当するかを調べてみる。男性は37歳の224位を筆頭に、35~41歳に200位台が並び、女性は39歳の82位を筆頭に、34~41歳と45歳に60位以上の順位が並んでいる。シリアルなランナーが集中している層がこれらの年代にあたり、全体のタイム分布が作られていることがわかる。

1歳刻みで100位にあたるタイムについても、同様に2005年度版を併用しながら比較してみると次のようなことがわかる。男性は31歳と30歳、36歳と37歳にピークがあり、女性は39歳を筆頭に38~41歳、そして45歳にピークがある。女性の方がピーク年齢が高い傾向にある。男性は実業団選手が30歳前後に多いことと、女性は30代後半から出産と子育てが一段落することが影響していると思われる。

また、これらのピークを形成する上位5層の年齢の100位タイムは、男性が約5分、女性が15~19分2005年度と比べて上がっている。シリアスランナーの定義を上記とすると、シリアスランナーの走力は確実に向上しているといえるだろう。

なお、私の所属している若葉グリーンメイトからは男性が10名、女性が3名(旧会員、準会員を含む)の個人記録が掲載されていた。掲載されるランキング数が100位に限定されているので、ランナー数が多い年齢だとこの中に入るのが厳しい。例えば、男性の最も多い対象数は39歳が4,825名、同様に女性が37歳で1,156人だった。
[PR]

by hasiru123 | 2011-05-29 20:29 | マラソン  

<< 頼りになる自治会に 全国OB・OG駅伝を走って >>