勇気と感動(下)

コンパスを持って机上の地図を広げながら、窓の外を見つめる人がいる。外は雪だろうか。部屋の住人は厚いガウンをまとっている。フェルメールの代表作「地理学者」である。

5月の連休に東京・渋谷の、Bunkamuraザ・ミュージアム(注)で観たものである。フェルメールは、精緻で光と影のコントラストを巧みに描く画家として知られる。この絵も、描かれている事物に多くの情報と意図が埋め込まれている。

あまり厚くはなさそうなガラス窓は白っぽく、戸外は何も見えない。壁にかかっているのは地図か、それとも絵だろうか。立ちながら机に前のめりで向かっているのは何のためだろうか。「地理学者」は一体何を考え、遠くを見つめる視線の先には何があるのだろうか。絵を見ながら、様々な疑問が生まれ、そして想像をかきたてる。

フェルメールが活躍した17世紀のオランダは、まさに大航海時代の真っ只中である。少々短絡的な想像かもしれないが、海図を見ながら、見果てぬ海外への夢や希望に思いをいたしていたのだろうか。後の棚の上にある地球儀がそのことを暗示しているように見える。

この絵を、見る人によっては、実は「地理学者」に託して、異国の人に思いを馳せているのだ、という見方もありである。1枚の絵から、人それぞれの想像により、いろいろな物語が作られていい。作者が、こうだと打ち明けたりしない限りにおいては。

くり返しになるが、勇気や感動、そして希望も、絵と同様に人からもらって抱くものではないということと、似ている。観たり、聞いたり、行動したりした人たちが、自分の意思の趣くままに感じ取ればいいのだ。

この夏も様々なスポーツイベントが催される。テレビや新聞の報道においては、「地理学者」を想像するような眼で、自由でのびやかな言葉を期待したいものだ。


(注)現在は公開が終了しているが、別途「フェルメールからのラブレター展」が、今年12月23日から同会場で開催される予定。
[PR]

by hasiru123 | 2011-07-31 23:26 | その他  

<< インターハイ雑感 勇気と感動(上) >>