ブログトップ

夢のマラソン

テグ世界陸上 女子マラソン

強すぎるケニアに舌を巻いた。世界陸上初日の27日は、女子マラソンで3位までをケニアが独占し、女子1万メートルでも4位までがケニア勢だった。予想どおりとはいえ、この圧倒的な強さは何によるのだろうか。

マラソンの、30キロまでの5キロごとのスプリットは、17分~18分とゆったりしたペースだった。給水地点近くになると、エチオピア勢が一時的にペースを上げたが、それ以外は大集団でレースが展開された。集団が崩れたのは32キロ過ぎ。あっという間の出来事だった。キプラガトらケニア勢が一気に抜け出した。集団にいた日本の3選手はその変化に対応することができなかった。それでも、赤羽有紀子(ホクレン)が粘って5位で入賞した。

ケニア勢のペース変化に日本人選手が付けなかった理由は、その変化の鋭さにある。瞬間風速ではあるが、一時は1キロ3分10秒くらいまで上がっていた。5キロに換算すると、15分50秒に相当する。まるで、1万メートルの競り合いをしているかのようだ。

それでも、このペースがとてつもなく速いかというと、そうともいえない。というのは、赤羽が終盤追い上げたとき、35キロから40キロにかけての5キロのスプリットは16分31秒だった。過去には、2004年大阪国際女子の30キロ~35キロ地点で、優勝した坂本直子(天満屋)が15分47秒で駆け抜けている例もある。

問題は、ペースの速さではなく、ペース変化の大きさである。30キロをスローペースで走った後の急激な変化。このペースアップに対応できる日本人選手は、今いないのではないか。

今季のケニアのトップ2名の選手が抜けても、この強さ。たしかに、今のケニア勢はとても層が厚い。これまでの女子マラソンの歴史には見られなかった現象だ。

しかし、日本の選手がまったく太刀打ちできないわけではないと思う。2000年のシドニー五輪直前に出した日本人選手の上位3名の記録は、今季世界10傑に入るものだ。かつてない激しい五輪代表争いのうえ切符を手にした高橋尚子は、本番で金メダルに輝いている。ケニア勢の記録が特にいいというわけではない、という点はおさえておく必要がある。

ケニア勢の一角を崩すキーポイントは、高橋のかつての師匠、小出義雄氏が高橋が高地トレーニングを取り入れるに際して、背中を押した次の言葉にあるような気がする。

「非常識なこと(3500メートルあるウインターパークでの練習)をしてこそ限界に挑戦できるんだよな」

このことについて、後に高橋は「型を破るときは案外そんなものかもしれない」と、非常識な練習で絶対の自信を得たことを書いている(日経夕刊2011.8.14からの連載記事「こころの玉手箱」)。
[PR]
by hasiru123 | 2011-08-29 00:06 | マラソン