夢のマラソン

蚤の市/川越市久保町

ゴールデンウィークが始まった。初日の28日は、朝から初夏を思わせるような強い陽が照りつけた。川越市にある成田山新勝寺の別院では、毎月28日に「蚤の市」が開かれている。私の記憶では、始まってから30年以上になるかと思う。成田山前は通勤で毎朝のように通るが、市の日に天候が悪くて休止したというのは見たことがない。

久しぶりに、掘り出し物を見つけに出かけてみた。

境内には早朝から、100件を超える骨董・古民具などの店舗が集結し、多くの骨董ファンで賑っていた。境内に入りきらずに、歩道にはみ出している店舗もかなりあった。時計や家具などのアンティークに加え、リサイクルの衣料品、特に着物類が多いのが目を引く。

私もかつて、鎌倉彫りの書類箱をここで求めたことがあって、今でも和室において使っている。それから、お気に入りの和風のコーヒーカップもここで買ったものだ。

県外からの顧客も多いと聞く。外国人観光客も多数見かけた。今や、川越市の重要な観光イベントとしても定着した感がある。ただし、クルマで来られる方はくれぐれも違法な駐車で近隣に迷惑のかからないようお願いしたい。

以下は、昨日撮った写真のうちの5枚である。

c0051032_22154881.jpg
                  東門前で

c0051032_2216111.jpg
                  境内に入りきれなかった店は歩道に

c0051032_22164063.jpg
                  常連の外国人客もいる

c0051032_22165845.jpg
                  たくさんのテントが並ぶ境内

c0051032_22174111.jpg
                  東門前での談笑風景
[PR]
by hasiru123 | 2012-04-29 22:23 | その他
<< 走友会とは(1) 孤立死をどう防ぐか >>