ブログトップ

夢のマラソン

ごみゼロとランニング

フルマラソンよりも長い距離を走るウルトラマラソンやトレイルランが盛んである。自然や人との触れ合いを楽しめることに惹かれての急増と思われる。たしかに、「自然の中で行うランニングはエコである」というイメージが一般にはある。

しかし、東京マラソン2012のホームページに掲載されていたランナーのマナーについての注意書きにはこうあった。「自ら持参するサプリメント、食べ物などのゴミを道路や歩道に捨てないでください。給水の紙コップやペットボトルはそれぞれの給水所にあるゴミ箱を利用してください。その他の手持ちのゴミは、持ち帰ってください」

私が応援に行った時の東京マラソンでは、半数を超えるランナーが通過するころには、各エイドステーションの周辺は紙コップのゴミの山となっていた。ゼネラルドリンクや給食類がこぼれ落ちて、滑りやすくなっている。コース上でつばを吐くランナーも少なくない。

東京マラソンでかりに一人のランナーが5キロごとに8回給水したとすると、およそ25万個の紙コップが消費される計算になる。このマラソンには、ごみを減らし、循環型社会を構築していくためのキーワード(3R)で一番大切なはずの「リデュース(ごみの発生抑制)」が抜け落ちているのではないか。ゴミを出さないためにランナーにできることは何か、ごみゼロ運動に参加しながらそんなことを考えた。

川越市では、今日一斉に各地域でごみゼロ運動が行われた。私が住む町の自治会が行なったのは三芳野神社と初雁公園周辺の清掃だったが、その近くを新河岸川が流れている。私が最近気になっているのは、一時期に比べて新河岸川の水が浄化されたといわれるが、それでも生活ゴミが散見されるのである。ペットボトルをはじめとして食品の空き箱やレジ袋など。川を流れるゴミはいくつかの川に合流して、最終的には海へ流出される。この辺なら東京湾である。ゴミは、さらに暖流や寒流に乗って世界各地に流される。
c0051032_22152527.jpg

北西ハワイ諸島には数少ないコアホウドリが生息している。コアホウドリは雛に餌を与えるために海から餌を採っているが、その中には親が誤って漂流したプラスチック製のゴミ(たとえば百円ライターなどの破片)を採って雛に与えてしまうケースがある。ゴミで雛が内蔵を傷つけられて死んでしまうこともあるという。ゴミの中身を調べると、日本を含む東アジアで捨てられたと思われるものが多いのだそうだ。
c0051032_22174299.jpg

これは、昨日開かれたかわごえ環境ネットの総会で、ある部会長からの報告の聞きかじりである。捨てられたゴミが遠く離れた無人島の海鳥たちに影響を及ぼしていることは、不明ながら驚きだった。日本の近海に浮かぶゴミが北西ハワイ諸島に流れ着くということは、その逆もアリだろう。ゴミを、うかつに捨ててはなるまいぞ、そいう気持ちを強くした。


(写真上)三芳野神社の境内にある広場での清掃風景
(写真下)「とうりゃんせの細道」でゴミ拾いをする自治会員
[PR]
by hasiru123 | 2012-05-27 22:18 | マラソン