『長距離走者の孤独』を読む

長距離走者の孤独 (新潮文庫)

アラン シリトー / 新潮社


「競争をやる連中の中でも、おれひとりだけじゃないだろうか、考えることに忙しくて、走っていることも忘れてしなうなんてなんて走り方をするのは」「それにどういうわけか、競争していることを忘れ、走っていることも忘れててくてく歩きをやって行くようになると、いつも勝つことがわかっていた」。主人公のコリン・スミス少年が、走ることについて思いを語るくだりである。

レース中に、走ることに夢中になって頭の中が真っ白になったり、周りの風景がほとんど目に映らなかったりする経験はよくあることだ。ところが、スミス少年の場合はその反対なのである。クロスカントリーの代表選手として感化院の院長らから1位でゴールすることに期待をかけらる。しかし、彼がとんなに速くてもアスリートでないことは、読み取れる。

全英長距離クロスカントリー競技の大会。スミス少年は、終盤2位以下に大差をつけてゴールに飛び込もうかというところで、1位になることを拒否する。「今や観覧席では紳士淑女連中が叫び、立ち上がって、おれに早くゴールへはいれとさかんに手を振っているのが見える。「走れ! 走れ!」ときざな声でわめいてやがる。だがおれは、目も見えず耳も聞こえずまるで阿呆みたいにその場に立ったきりだ」。

感化院の院長は「誠実であれ」というが、彼はその言葉の裏にある偽善に気づいている。院長は、ボースタル・ブルーリボン賞杯がほしいだけなのだ、と。偽善者たちの作ったさまざまな規制や障壁に対する怒りと反抗に満ち満ちている。それも、「目には目を、歯には歯を」といった単純な反旗ではなく、もっとクレバーなやり方で。私は読み進みながら、この想像力巧み徹底抗戦に、思わす快哉を叫んだものである。

訳者の河野一郎氏の解説によると、著者のアラン・シリトーはイングランド中部の工業都市ノッテンガムに生まれ、作品中にも同地方の方言が随所に出てくるという。たとえば「太鼓腹で出目金の院長野郎」とか、「奴はドアの釘みたいに死んでやがるんだ」「奴はふうてんだから気がつかきゃしないだけ」といったの院長に対する当てつけの表現は、もしかしてノッテンガム方言で語られたフレーズの一部かもしれない、などと勝手に想像している。

非行少年スミスは、感化院にいながらにして大人たちの報復やいじめから遠いところに飛び出した。たまたま長距離走に長けていたという強みを発揮して。もし、いじめに遭って行き場を失ったとき、物理的にだけでなく、精神世界においても、巧みに逃げ延びる術を見つけてほしいと、この本に書いてあるような気がする。
[PR]
by hasiru123 | 2012-08-26 20:12 |