ブログトップ

夢のマラソン

スピードのための土台を作る

先ごろ、エスビー食品陸上部が廃部になるというニュースを聞いた。故中村清監督を中心として、瀬古利彦氏を始めとする名ランナーを輩出した実業団チームだ。駅伝中心の他社チームと異なって、世界に通用するオリンピック選手を育てることを主眼とする戦略をとっていた。今の企業環境の厳しさを考えると、やむを得ぬことかもしれない。大変残念な思いである。

この結果の意味するものは、実業団チームを支える企業の成長が右肩下がりだということにとどまらず、若い長距離選手の成長が必ずしも順調に進んでいないという問題をはらんでいる。というのは、最近の男子高校生の5000メートルや1万mのレベルの向上には目を見張るものがあるが、そのスピードがその後の成長に生かされていないからだ。

駅伝で上位を占める高校の選手たちは、箱根駅伝の上位チームの大学選手たちと遜色のないスピードを持っている。経験がものをいう長距離走は、かつては高校、大学、実業団と段階を経るにしたがって力がついてくるのが常だった。ところが、その成長が早い段階で鈍化するか止まってしまうことが目立つようになった。

「5000メートル、1万メートルのスピードが大切と言いますが、そのスピードを出す前の土台ができていない選手は多い」「力を熟成させる練習を1年、2年、3年と積み重ねた延長上にマラソンはあります」。91年東京の世界選手権で優勝した谷口浩美さんは、毎日新聞の<転んでも立ち上がれ>というコラムでこう書いている。また、男子マラソンは根本的な土台に目を向け、土台を築けばスピードも出るはずという。

マラソンの走力が向上することによって、トラック競技で自己記録を更新できるようになったという事例は多い。例えば、かつて女子マラソンで活躍した浅井えり子さんは、マラソンで2時間30分を切ってから、これまで苦手としていた1万メートルや5000メートルで自己記録を塗り替えている。

元横綱千代の富士(現在千代の富士親方)の言葉に、こういう名言がある。「今強くなる稽古と、3年先に強くなるための稽古と、両方しなくちゃならない」。マラソンの練習でも、そっくりあてはまる言葉だと思う。今の段階で行うべき練習が、直近のマラソン本番に向けてどのように生かされ、そして2年後、3年後の練習をどうすべきかを踏まえて実行できるのとそうでないのとでは、成長に大きな差が出てくるだろう。所期の目的を達成した後に、その後のステップアップを図るために現在の練習がどのように役に立つのかも意識されれば、それはすばらしいことではないかと思う。

かくいう私も、今シーズンのマラソンに向けて走り込みを行なっているが、3年先のための練習と、両方をにらんだ戦略ができているだろうか。はなはだ、心もとない。
[PR]
by hasiru123 | 2012-09-30 22:39 | マラソン