夢のマラソン

8合目

石原慎太郎東京都知事が突然の辞職表明をした。2020年の夏季五輪の誘致活動もこれからが本番というところだったので、少し気になった。新聞にはこんな記事が載っていた。「「強烈な存在感のあった石原さんがいなくなることで、国民の関心が薄れないだろうか」。招致関係者の間には重たい空気が流れた」(10月27日読売新聞)。

五輪招致の是非はさておき、東京都にとって、そして日本にとっても五輪は大事業だ。8合目まできたところで、交代というのはいかがなものだろうか。石原さんは大衆にインパクトを与える力は絶大だが、実績をコツコツと積み上げて何がしかを成し遂げるという粘りというか執着心みたいなところが弱い、と感じた。そういう意味で、後世の歴史に評価される政治家とは言いがたいのではないか。

何が言いたかったかというと、この粘りとか執着心がマラソンにとっては重要で、素質や方法、技術などよりも圧倒的に上位にくる選手の要件であるということだ。8合目をどう乗り切るかが難しい。

マラソンの8合目とは何か。長いレンジで見れば、「スピード磨いて、持久力をつけて、ようやくマラソンに取り組める体になった」というのも、長距離の競技者にとっては8合目だろう。また、マラソンをやろうと思って練習に取り組み、故障なく走れて、スタミナがしっかりついてきたなと実感できたところもそうかもしれない。スタートして35キロを過ぎ、足が重たくなってきたころも、レースの8合目だ。

いずれの8合目も、あきらめればゴールは遠くなる。ゴールがないこともあるだろう。石原さんのように、五輪招致に再挑戦する最中に任期を2年以上残して都政を去るのは、棄権としか思えない。身体的なコンディションに支障をきたす場合は別として、最後まで結果に固執してほしい。私はそう思う。
[PR]
by hasiru123 | 2012-10-28 20:32 | マラソン
<< 世代間交流 秋元家と川越藩 >>