すでに走り出している -ボストンテロ以後-

スタートして約4時間18分。多くのランナーが次々とゴールする時間帯に突然、轟音が鳴り響き、多くの死傷者を出す連続爆破事件が起きた。狙われたのはボストン・マラソン。

ボストン・マラソンは、米国の歴史の原点ともいえる大会であり、地域の住民と世界の人々が走る喜びを分かち合う祭りでもある。無防備なランナーや観戦者の命を無差別に奪う行為は卑劣としか言いようがない。容疑者の死亡した26歳の兄と捕まった19歳の弟が、何を考えてことに及んだのかまだはっきりしない。真相の解明を待ちたい。

日本では、翌週の21日(日)には各地でマラソン大会が開かれた。長野を始め、かすみがうら、徳島などフルマラソンが7ヶ所、フルマラソン以外も含めると36ヶ所に及んだ(注)。各地とも警備が強化された中での開催だったが、中止となったところはないようで、無事に終了したことを知って、ほっとした。余談だが、この日の大会数の多さは特異日といってよい。昨年11月25日(日)のフルマラソン6ヶ所、フルマラソン以外も含めて29ヶ所という日が、これに次ぐ。どちらも気候がマラソンレースに適していることが、最も集中した理由ではないか。

マラソン大会の警備は、体育館や競技場のように入場時に持ち物検査をするなどのやり方が通用しない。また、コースのすべての建物や観戦者を調べ尽すこともできない。警備員が何人いても足りないだろう。私自身、このような事態に直面し、戸惑っている。それでも(マラソンを)やるのか、と。

私は、18日の犠牲者を追悼する式典でのオバマ大統領のメッセージに賭けたい。

聖書の言葉を引用して「あなたはまた、走るだろう」「自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こう」。また、「テロによって我々をおびえさせようとしたのなら、犯人は間違った場所を選んだ」「こんなことで、我々は立ち止まらない」と呼びかけた。

私も、今秋のマラソンに向けてすでに走り出している。


(注)RUNNETを使用してカウントした。
[PR]

by hasiru123 | 2013-04-29 17:37 | マラソン  

<< 技術を盗む 再び総会について >>