旅の途中に

数々の警句で知られるサミュエル・ジョンソが残した言葉に「幸福とは旅の終わりに行き着くものではない。むしろ、旅の途中のことである」と言うのがある。これを読んだ私はこう言い換えてみた。「走る喜びとはレースの結果に行き着くものではない。むしろ、日々走る途中のことである」と。プロとアマとを問わず、走った結果にから生まれた記録よりも、結果を生み出した過程に意味があり、振り返えったときにわくわくするのはこちらの方である。

記録の満足は一時的で、他者の記録と比較することによって簡単に陳腐化してしまう。しかし、過程(旅の途中)の満足は持続性があり、想像力を働かせることによって拡大再生産される可能性も十分にある。そして何よりも、どんな過程であっても一人ひとり違う満足がある。日ごろ走り続けることができるのは、このような満足に支えられているからではないだろうか。

走ることはとの過程を楽しむこと。そう、何か、人生と似ていないだろうか。

昨日と今日は、全国で多くのランニング大会が開かれた。RUNNETから集計したみたら、この2日間で41大会あって、そのうちフルマラソン(リレー方式を含む)は12大会あった。来週の12月1日も34大会あって、フルマラソンが4大会。

 

私の住む川越市でも、今日は第4回川越小江戸マラソン大会が開かれ、1万人のランナーが蔵造りの街並みを走り抜けた。いつもなら、大会運営のお手伝いをさせていただくところだが、23日に福知山マラソン(今年は中止)への出場を予定していたため、今回は失礼させていただいた。旅の途中に、少し寄り道。 

秋たけなわ、大会ラッシュの季節でもある。


[PR]

by hasiru123 | 2013-11-24 23:45 | マラソン  

<< 社会とスポーツの類似性 市民マラソンの活用 >>