3つのR

5月25日(日)は、川越市で春のごみゼロ運動が行われ、私の住んでいる地域でも、近くの神社に集まって清掃とごみの収集に汗を流した。5月らしいすがすがしい朝を迎え、多くの町民が参加した。親子で、あるいは孫子で参加した人も多かった。

少しでもごみを出さない世の中にするには、子どもたちの世代が小さいときから環境のしくみについて考え、行動することが大切だと常々思っている。その意味では、幅広い世代の人たちが一堂に会して行うごみゼロ運動はよい機会である。

せっかくだから、集まった子どもたちには、環境について話題を提供するつもりでいた。ところが、今日のイベントには清掃活動に加えて、防災訓練としての炊き出しや、新しく神社に出向することになった神職の紹介など、ToDoリストに書き出した項目がたくさんあった。したがって、それはつぎの機会に譲ることにして、ここでは話そうと思っていたことについて書いてみたい。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「持続可能な社会」とよくいわれる。将来にわたって、環境問題だけでなく経済や社会の総合的な発展がバランスほどよく保たれた社会のことを指す。そのような社会を根本で支えるのは、個人の環境に対する意識や、知識に基づいた行動だ。環境を守るための活動や教育は、その意識と行動を後押しするためのものである。

つい10数年前までの20世紀は「大量生産・大量消費・大量廃棄の社会」だった。それに対して21世紀は、少し難しい言葉になるが、「循環する社会」と言われるようになった。私たちの豊かで便利な生活は、大量の資源やエネルギーを消費し、いろいろな製品を大量に生産して使用し、その後不要となったものを大量に廃棄するという一方通行のしくみによって成り立っている。

その結果、地球温暖化や酸性雨、オゾン層破壊、廃棄物問題、資源の枯渇などさまざまな環境問題が生じ、地球社会が壊れかかっている。これらの問題を解決するには、これまでの大量生産・大量消費・大量廃棄の「一方通行の社会」から、廃棄物を抑え、天然資源の消費を抑え、環境に負荷をかけないような「循環する社会」へ変えていかななければならない。この「循環する社会」に変える考え方が「3R」と呼ばれているものだ。

一つ目のRは、ごみを出さない(リデュースReduse)。二つ目は、使えるものは繰り返し使う(リユースReuse)。そして3つ目は、再使用できないものは原材料として利用する(リサイクルRecycle)。今日はぜひこの「3つのR」を覚えてほしい。そして、この3つのRを実現するにはどうしたらいいか、について考えてほしい。家に帰って調べたり、また学校に行って先生や友達に聞いたりして、自分で解決方法を探すことだ。3つのR。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

清掃が終わった後には、自治会の役員さんが作ったけんちん汁が振る舞われ、舌鼓を打った。

c0051032_23143364.jpg

c0051032_23151365.jpg

[PR]

by hasiru123 | 2014-05-28 23:16 | その他  

<< 猛暑と冬のマラソン ヒルトレーニング >>