シドニーマラソン 9月に走るわけ

9月21日(日)にシドニーマラソンを走ってきた。なぜこの時期に、ということについては少し説明が要る。最近の自分が抱えているランニングの課題のようなものがここに集約されているからだ。

この数年来、ランニングにとっては1年でもっとも良好の気象条件であるはずの10月に調子が落ちる現象が続いた。「調子が落ちる」とはどういうことかというと、一つは、冷涼で湿度の低い気候に変わることによって、足の指先や踵の皮膚が乾燥してひび割れが生じることだ。数年前まではなかったことである。特に左足の外反母趾を患っている部分がひび割れすると、着地からキックに至る運動に支障をきたす。

また、くるぶし下の部分や第1指、第2指のつけ根に疲労性の痛みが発生することもある。たいていは練習量を落として一定期間休むと自然に消える場合が多いが、長く続くこともある。長く続くと、その年はマラソンをあきらめることになる。

3つ目の落ち込み現象は、春から夏にかけて長距離を走り込んで蓄えた(と思っている)スタミナにスピードを加えて、徐々に本番向けの体質に変えて行こうとしても、体がついていかないことだ。長い距離の走り込みではLSDの超スローペースが中心だったのが、メインの練習日にはLSDよりも少し速めのペース走や少し速めのペース走、本番に近いペース走、本番よりも速いペース走などを取り入れて練習内容にバリエーションをつけて、徐々に早めのペースで距離を伸ばしていき、最終的にはいつでも20キロ程度の距離をレースペースに近いスピードで正確に刻めるようにしていく。また、何回か30キロから40キロの持久走を入れてペース感覚を確認する。そういう練習計画がうまく回らなくなることである。

4つ目の現象は、出場しようと狙いを定めた大会に申し込みそびれて、代替候補を探さざるを得なくなったことである。私にとって、マラソンを一番走りやすい時期は11月である。全国でもっともマラソン大会が集中するのもこの時期なのだ。その11月に選んだ大会が、申込者が急増したため締め切り時期が早まって、結果的にエントリーできなかった。これまでも何度かあったことである。

今年はまた、目標としていて大会の出場要件を満たすことができなくて、申し込みできなかったものもあった。少しメジャーな大会になると、たとえば「日本陸上競技連盟登録競技者及び一般(日本陸上競技連盟未登録者)競技者のうち、マラソン4時間以内もしくはハーフマラソン1時間33分以内で、完走した記録を持つ男女。ただし、平成24年11月1日以降の日本陸連公認コースでの大会の記録《グロスタイムが対象で、ネットタイムは、原則として認めない》 とする」などという参加資格が求められることがある。私の場合には、最近2年間の公認記録を持っていないから、この場合だとアウトだ。

マラソンをベストコンディションで走れるにこしたことはないが、ベストコンディションになる日を待っていたら、いつのことになるのやら・・・。そのうちに、マラソンを走れなくなってしまうだろう。そんな足踏み状態から早く抜け出さないといけない。まずは出場要件を満たせる程度のほどほどの記録を作って、申込書に書けるようにしないと話しにならない。そのことに、遅まきながら気がついた。
[PR]

by hasiru123 | 2014-09-28 18:45 | マラソン  

<< シドニーマラソン 号砲 擬制のランニング >>