川越祭り2014

小江戸・川越の恒例の秋の祭りである「川越まつり」が昨日(10月18日)から、川越市内で始まった。

この川越祭りは慶安元年(1649)に当時の川越城主の松平信綱が氷川神社へ神輿や獅子頭を寄進し、祭礼を奨励したのが起源といわれている※。現在では、江戸の天下祭りを引き継いだ祭りとされ、市を挙げてのビッグイベントとして定着している。
c0051032_2074796.jpg

川越祭りの二重鉾台型の山車(だし)による行列はじつに華麗で、勇壮である。高さが8メートルにも及ぶ豪華な山車がずらりと並ぶ「山車ぞろい」や山車同士が祭りばやしを奏でる「曳(ひ)っかわせ」などがあり、多くの観光客を呼ぶようになった。

ところで、現在の川越祭りは江戸時代の氷川祭礼とはかなり様子が違っているようである。江戸時代の山車は、四角形の箱を台にして4人で担ぐ程度の大きさで、箱に竿を立てて上には大黒の人形が取り付けられていた。その後ろに盆栽を載せた花駕籠と飾り立てた母衣(ほう)武者が続く。きわめてシンブルな姿である。
c0051032_2084495.jpg

このことを伝える絵図はニューヨークにあった。ニューヨーク・パブリック・ライブラリーに保存されていたのである。このことを教えていただいたのは、平成9年に川越市立博物館で開催された「川越氷川祭礼の展開」という企画展の折に講演をされた東京大学史料編纂所所長(当時)の黒田日出男先生からであった。

川越氷川祭礼についてこれまでに知られていた絵図で最も古いものは氷川神社蔵「文政9年(1826)氷川祭礼絵巻」だった。なぜニューヨークにあったのか。絵巻の構成と内容はどんなものか。そして、絵巻はいつ描かれたものか。謎の解明に興味は尽きない。歴史的にも、氷川祭礼の成立期を考える上では貴重な史料である。当時同博物館の学芸員だった田中敦子氏の「新発見の氷川祭礼絵巻」(「博物館だより」20号)と「川越氷川祭礼の展開」(同23号)、企画展の図録等で詳しく解説されている。川越祭りが開かれているこの時期に、ぜひあたってみることをお勧めしたい。
c0051032_2091087.jpg


※ 「榎本弥左衛門覚書」の「万之覚」で知ることができる。

(写真上)幸町の山車
(写真中)六軒町の山車
(写真下)元町一丁目の山車
[PR]

by hasiru123 | 2014-10-19 20:14 | その他  

<< 健康寿命 シドニーマラソン 次のレースに... >>