気分だけは「ケセラセラ」

明けましておめでとうございます。

大晦日は近くの神社のお焚き上げを手伝わせていただいたが、年が明けるかどうかというところで突然の強風に見舞われた。そのため、年明け早々に火消しに回るという想定外の出来事はあったが、私の住む地域の年末年始はおおむね穏やかな天候だった。皆様のお正月はいかがだったでしょうか。

私の方は年末年始の黄金週間も終わって、普通の生活に戻った。今年は少し遠出をしたので、ニューイヤー駅伝の熾烈なトップ争いも箱根駅伝の青学大のぶっちぎりの初優勝も見ることができなかった。それらのことは稿を改めることにしたい。

ところで、記憶に残っている歌が、何かのはずみでよみがえってくる、ということがことがよくある。

昨年観た映画で「アナと雪の女王」というのがあった。その映画の主題歌が「Let It Go」(ありのままで)。とても印象に残っているフレーズで、私は好きだ。私たちは、どうしても「がんばろう」とか「いいところを見てほしい」とか思って背伸びをするが、時として疲れることがある。そう思いませんか。そんなときは、「Let It Go」。

この歌を聴いて、子供のころに街を流れていた「ケセラセラ」を思い出した。「なるようになる、先のことなど解らない」というような意味だ。雪村いずみが日本語で歌っていたのをよく覚えている(古いね!)。

人口減少が始まり、先行きがよく見えない時代。1月8日の新聞各紙には、厚生労働省の推計で認知症の人の数が10年後の2025年に最大で約730万人に上ると報じられていた。12年時点で約460万人で、65歳以上の7人が1人にあたるが、25年には5人に1人に増加するともあった。

今読んでいる本は、増田寛也編著の『地方消滅-東京一極集中が招く人口急減』(中公新書)。地方が消滅し、三大都市圏、特に東京圏のみが生き残る「極点社会」に持続可能性はあるのか、と問うている。巻末につけられた「全国市町村別の将来推計人口」を見て驚いた。都道府県別に、若年女性(20~39歳)人口の減少率(2010年~2040年)が高い順に並べられていて、5割を超える(推計)896自治体が「消滅可能性都市」としている。さらに、2040年に人口1万人未満(推計)の532自治体については「消滅可能性が高い」として網掛けがほどこされている。私の住む県は東京圏に属するが、およそ3分の1の市町村が「消滅可能性都市」で、9町村が「消滅可能性が高い」になっている。

地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)

増田 寛也 / 中央公論新社


「人口減少」という近い将来の危機にどう向き合うか。私たちに残されている時間は少ない。だからといって、悲観論に陥ることは弊害をたくさん生むばかりで、良いことは一つもない。限られた地域の中ではあるが、多くの人たちと知恵を出し合い、行動に移す一年にしたい。

気分だけは、「ケセラセラ」で行こうと思っている。
[PR]
by hasiru123 | 2015-01-11 20:31 | その他