東京五輪マラソン 開催地の変更を望む

7392人。これは、総務省消防庁が7月28日に発表した20~26日の1週間に全国で救急搬送された熱中症患者数である。搬送された人は前週から1162人増えたと、28日の毎日新聞夕刊が伝えていた。最高気温が35度を超える猛暑日はまだまだ続きそうだ。

5年後に開催される東京五輪は7月24日に始まって8月9日に幕を閉じる。都心を駆けるマラソンは、女子が8月2日で男子が9日の予定だ。10月下旬に行われた1964年の東京五輪マラソンと違い、今回は高温多湿な夏の開催となる。道路などの人工物による輻射熱の影響は計り知れないものがある。

暑さ対策として、道路の舗装素材の改良による温度抑制(国土交通省)や、ゲリラ豪雨や竜巻の到来を正確に時間的な余裕をもって伝えられるような事前予測技術の開発(内閣府)、気化熱を応用した衣服内の温度低下の研究(経済産業省)などが検討されいるそうだ。

これまでのトップレベルのマラソンランナーたちは、4年に1度の五輪に照準を合わせてしのぎを削ってきた。調整に失敗して苦杯をなめた名ランナーは数知れない。しかし、最近の五輪マラソンでは、トップランナーが夏に開催される五輪マラソンを回避する傾向が見られるようになった。秋以降の国際マラソン大会の方が好記録を生みやすく、結果として賞金獲得につながる可能性が高いからだといわれる。きっと、高温多湿の夏の五輪を制することと、これからも続くであろう競技人生とをはかりにかける選手もいるだろう。

大会関係者は、マラソン選手やその応援者、競技役員などの健康を優先して進めるべきである。時期を変更できないのであれば、マラソンを例外として、東京を離れた冷涼な地域へ移すことが検討されてもいいのではないか。

例えば、北海道の東部地域である。釧路市だと、昨年8月の最高気温の平均が21.2度だった。都市部であれば、起伏が少なく、記録的な期待もできる。また、多くの観戦者が同地域を訪れることによる観光面での効果も期待できよう。デメリットの少ない変更だと思う。

若い長距離選手たちは今、5年後の五輪出場を夢見て練習に取り組んでいることだろう。マラソンコースの是非に関心を寄せている暇はないかもしれない。また、競技団体にとっては強化費の獲得に支障をきたす生々しい問題には触れたくない雰囲気もありそうだ。

しかし、走るのは選手たちだ。五輪コースのあり方について、選手自身がもっと声を上げてほしい。
[PR]

by hasiru123 | 2015-07-30 07:19 | マラソン  

<< 心理戦 スポーツを国民の手に取り戻す >>