夢のマラソン

青葉杯

一昨日は、第17回東松山市長距離記録会が東松山陸上競技場で開催された。この大会プログラムは、15時にスタートする一般(高校)男子3000m障害で最後を締めくくる。というのは、この大会には「青葉杯」という冠がついているからである。

今年で3回目を迎えた。「青葉」とは、現在の埼玉陸上競技協会会長で大東文化大学の陸上部監督や関東学生陸上競技連盟会長を長く務められた青葉昌幸さんのことだ。3000m障害を得意種目としていた青葉さんの功績をたたえて、この大会の同種目の優勝者には青葉杯が贈られる。

坂戸市陸協から本大会に、男子1500mに1名と男子3000m障害に2名が出場した。

残念ながら私は所用のため午前中のみの観戦となり、男子1500mの6組に出場したI選手を応援した。I選手は、始めから集団の5、6位をキープし、800m以降徐々に前との差を詰めるという粘り強いレースを展開した。この種目は800mと並んで乳酸が多く発生する熾烈な競技である。どの組にも前半はハイペースを刻んで後半失速する選手が多くいた中で、彼のクレバーなレース運びが光った。手元の時計では、4分8秒前後だった。シーズンが始まったばかりの現時点としては、上々の仕上がりではなかったかと思う。

I選手はY選手とともに午後の3000m障害にも出場した。Y選手からのメールによると、Y選手は9分30秒台の7位、I選手は10分前半でゴールしたとのことである。県内でトップクラスの大学生や高校生たちに交じって競ったY選手の走りは、見事だった。

この両名は社会人になって間もないが、仕事とどう折り合いをつけて日々の練習を重ねていくかが今後の課題だろう。当面はトラック競技に専念するとのことなので、この時期にぜひスピードを磨いていただきたい。そして、来春の2つの駅伝での快走を楽しみにしている。


[PR]
by hasiru123 | 2016-06-06 18:54 | その他
<< 第100回日本選手権の行方 バラ園 >>