青葉昌幸さんの受賞記念パーティー

箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)の青葉昌幸名誉会長が、昨年10月に日本陸連から2014年度功労章を受賞された。過日、東松山市陸協主催で青葉さんの受賞を祝う会が開かれ、参列させていただいた。
c0051032_15384649.jpg

青葉さんは、埼玉県秩父市出身で、高校から大学にかけて長距離ランナーとして輝かしい成績を収められた。私が強く印象に残っているのは、青葉さんが日大の最終学年で走った箱根駅伝のことだ。当時私は高校1年生だった。ラジオのNHK第2放送から流れる箱根駅伝の中継で、青葉さんが1区を区間3位で走り、2区の宇佐美彰朗さん(4年)にタスキが渡った(第42回大会)。この年の1区はスピードランナーが揃い、3位までが区間新記録だった。大会では、日大が順大を激しく追う展開となったが、順大はエース沢木啓祐さん(4年)を始めとする5名の区間新記録が奏功し、往路、復路とも征した。日大は、2位に入った。

まれにみる強豪がひしめいた年だった。同じ4年には、後にスポーツ科学の研究者となった細川博さん(順大)やランニング学会会長、群馬大教授などを務めた山西哲郎さん(東京教育大)などがいた。また、ダイハツ陸上部監督として女子マラソン選手を育てた鈴木従道さん(日大2年)や日電HE監督として浅井えり子さんなどを育てた佐々木功さん(東洋大1年、故人) 、須田秀夫さん(立大2年、故人※)などの名前も懐かしい。

青葉さんは、大学卒業後埼玉県庁を経て、昭和43年に25歳という若さで大東大陸上競技部監督となり、昭和61年から大東大教授を務められた。監督時代には、全日本大学駅伝で4連覇を含む7回の優勝や箱根駅伝では4回(2連覇を2回)優勝に輝いている。また、その間に大久保初男さん(元仙台大助教授)や只隈伸也さん(大東大准教授)、奈良修さん(大東大陸上部監督)、実井謙二郎さん(城西大城西高長距離コーチ)などの名選手を育てられた。
c0051032_15391313.jpg

日大の選手、大東大の監督、そして、関東学連の会長として箱根駅伝に直接、関わった時間は長い(2016年4月13日スポーツ報知)。そして、9年間務めた関東学連の任期を今年3月で退任された。前掲紙によると、「会長最後の大仕事として2月25日、来年の第93回大会から4区を18・5キロから20・9キロに、5区を23・2キロから20・8キロに、それぞれ2・4キロの延長、短縮を代表委員総会で決議した」とある。現在は、埼玉陸協会長として活躍されている。

今後ともご健康で、さらなるご活躍を祈念申し上げたい。


※ 私の高校陸上部の大先輩で、このとき2区を区間5位で走っている。

(写真上)あいさつする青葉さん
(写真下)締め
[PR]

by hasiru123 | 2016-07-30 15:40 | その他  

<< 利尻島を訪ねる 私の合宿 >>