夢のマラソン

地域で元気な高齢者10人

9月11日(金)に厚生労働省が発表した統計によると、住民基本台帳に基づく100歳以上の高齢者の総数は61,568人(前年差+2,748人)いることが分かった。また、100歳以上の高齢者のうち女性は53,728人(全体の約87%)だった。

人口10万人当たりの100歳以上高齢者数では、私が住んでいる埼玉県は、最も少ない47位だった。その理由については言及していないが、埼玉県の人口の増え方の事情に関係がありそうだ。というのは、埼玉県は戦後になって他の地域からの人口流入が増え、移り住んできた人たちの多くがまだ100歳の域に達していないからではないかと私は推測している。したがって、ある時期からその年代に達する人たちが一挙に増えるのではないかと思っている。

ところで、同省のホームページには、各地域で活躍されている100歳以上のご高齢の方々のエピソードが紹介されていた。その一言一言に驚き、はっとさせられることがたくさんあった。その中から10名の一言の一部を紹介させていただく。

□ 60年前からゴルフをはじめ、現在も週に1回ゴルフに通っている(100歳・男)

□ 一番の楽しみは、友人との麻雀(101歳・女)

□ 介護サービスを利用せず、毎日、筋力トレーニングを行うほど元気(100歳・男)

□ 歌詞を見なくても50曲以上の歌が歌える(100歳・男)

□ 夫婦とも100歳で、2人とも杖を使わずに歩けて、会話もできる(100歳・男、女)

□ 今も自転車に乗って買い物をしている(100歳・男)

□ 世界最高齢のスプリンター。100歳超の100m世界記録保持者(29秒83)(104歳・男)

□ 現役の幼稚園の先生として活躍中(100歳・女)

□ 今でもぶどうの袋掛けやかぶの出荷箱の組み立てなど行い、身だしなみに気を遣う大変おしゃれな高齢者(102歳・男)

□ 30年前から高年大学に通い、100歳の女学生としてマスコミから引っ張りだこ(100歳・女)

これらのエピソードを読んで、これから100歳に向かおうとしている方々は、どのようにお感じになっただろうか。今すでにこれらのことができないでいるという方もおられよう。また、もしかして自分にもできるかもしれないとほくそ笑んでいる方もいらっしゃるかもしれない。

今日行われたある団体の世代間交流会で、こんな話をさせていただいた。


[PR]
by hasiru123 | 2016-09-26 06:24 | その他
<< 2016第九の夕べin喜多院 マラソンランナーの死 >>