夢のマラソン

駅伝シーズン到来

明日は全国高校駅伝が開かれる。年が明けるとニューイヤー駅伝(全国実業団駅伝)、そして箱根駅伝と、ビッグな駅伝大会が続く。

一方では、リージョナルな大会ではあるが、私が所属している坂戸市陸協は1月末に奥むさし駅伝、続いて2月初めに埼玉県駅伝に挑む予定になっている。

埼玉県駅伝では、「市町村男子」の部に加えて今回初めて「高校・一般女子」の部へもエントリーした。男女とも片道コースで、コースは重なるが、女子のみの中継所が3か所ある。選手の応援体制ということでいえば、役員がつく中継所がこれまでの7か所から10か所に増えることになる。

したがって、これまで以上の慎重な中継体制が肝となる。12月中旬に行われた当陸協の役員会議では、選手の皆さんをいかにしていいコンディションで送り出せるか、その1点に集中して審議が進められた。

また、男子チームには3名の選手が初出場となる。当日は向かい風となる可能性が高いが、積極果敢に前を行く展開を期待している。心配なのは、風邪とケガである。今から1か月とちょっと、体調の引き上げと予防と休養と。上手にバランスを取りながら、年を越してもらえればと願っている。

[PR]
by hasiru123 | 2016-12-24 23:00 | 駅伝
<< 燃え尽きても 健康を選ぶ >>