陸連登録とは

もうすぐ4月。いよいよトラックシーズンの幕開けです。そこで、日本陸連登録についてまとめてみました。市民ランナーにも大いに関係がありますので、参考にしてください。

Q.日本陸連登録への登録はだれでもできるの?
A.自己記録に関係なく、だれでも登録することができます。
Q.ということは、ランナーならだれでも登録できるんですね!
A.そうです。
Q.登録するとどんなことができるのかな?
A.公認大会のフルマラソンやハーフマラソンで、陸連登録者の部門にエントリーできます。マラソン大会によっては、陸連登録者の部門だと結構前の列からスタートできる場合があります。記録を狙うには多少有利になるかもしれません。公認大会で出した記録は日本陸連から公認されます。そのためには登録が必要となります。公認記録を取得しようとする競技会にエントリーするまでに、登録を行っておく必要があります。また、ロードレース大会などでエントリーと大会実施日の年度がまたがる場合は、エントリー時も大会実施日も登録会員である必要があります。

c0051032_21313561.jpg

Q.全国の登録者数はどのくらいあるの?
A.平成27年度で、登録会員数は39万人を超えました。年々増加傾向にあります。
Q.登録の種類はどうなっているのかな?
A.日本陸連の登録では、競技者、審判、指導者の区別はなく、団体登録か個人登録かの区別です。団体登録は、都道府県陸協にチーム(団体)単位で登録する方法です。個人登録は、都道府県陸協に個人で登録する方法です。個人登録で競技会に出場する場合は、所属は都道府県陸協名となります。その他に、地域単位の陸協(例:○○市陸協)、中学生登録、高校生登録、大学生登録があります。また、都道府県によっては独自に受付時に競技者登録、審判登録と分けている場合があります。詳細は都道府県の登録規程を参照してください。

c0051032_21315817.jpg

Q.登録の手続きの仕方を教えて。
A.各都道府県陸協が窓口となります。登録料は各都道府県陸協が個別に設定しています。年間1,500円~4,000円/人程度です。登録の有効期間は、4月1日から翌年3月1日の1年間で、継続する場合は、毎年更新が必要です。また、受付期間は2月末から12月末までなので、年末から2か月間は登録できません。個人のランナーは、地域単位の陸協がおすすめです。登録料を払うだけで登録手続きを自分でやらなくて済みます。

(写真)埼玉県川越市 この時期、中院の枝垂桜が満開です。


[PR]
by hasiru123 | 2017-03-28 20:40 | 基礎知識