マラソン・駅伝の集計にExcelを活用する(1)

  マラソン上位入賞者の集計(上)

今回は、Excel2003を使ってマラソン大会の結果から上位入賞者の記録を整理してみたいと思います。使用するサンプルデータは、2003年12月に行われた福岡国際マラソンです。このときは、アテネ五輪代表選考会を兼ねていて、まれにみる大接戦でした。

10位までが2時間10分を切る好タイムで、優勝は国近友昭(ヱスビー食品)の2時間7分52秒。中盤までマラソンの日本最高記録保持者高岡寿成(カネボウ)や、02年同大会2位の尾方剛(中国電力)などアテネを目指す日本人選手達がトップ集団を形成し、サバイバルレースとなります。終盤の38キロ過ぎに高岡が飛び出すと、それを追う国近と諏訪利成(日清食品)が日本人同士で激しい先頭争いを展開しました。レースはもつれ、高岡が遅れた後、トラック勝負となり、最後は国近が制してゴールイン。優勝候補の筆頭だった高岡を破った国近は、アテネへの切符を確実なものにしました。

高岡は、最後の五輪代表選考会である翌年のびわ湖毎日マラソンまで待ちましたが、代表は国近と、福岡で2位に入った諏訪、03年世界陸上の男子マラソンで5位入賞の油谷繁(中国電力)に決定しました。

さて、この大会の結果を以下の手順でまとめてみましょう。
 ①グループ平均を出す
 ②グループの最高記録を表示する
 ③基準記録を設定して、その記録をクリアしている人を抽出する(アテネ五 
  輪代表選考基準のひとつに「2時間9分30秒以内」というのがあります)
 ④記録順に並べ替える

まず、表題と表の項目名を入力します。
No、氏名、記録、基準記録達成、10位までの平均、最高記録、基準記録。次に上位10名の氏名と記録を入力します。No欄は、ナンバーカードや陸連登録No等の番号を想定していますが、ここでは1~10を連番で入れておきましょう。集計後に順位に変更します。2行目の項目は「中央揃え」ボタンでセルの中央に配置すると見やすくなります。
c0051032_7115935.jpg

              上表は、ダブルクリックして開くと見やすくなります

次に、データを入力する欄の書式を整えます。

<記録>
C3セルからC12セルまでを範囲指定-書式-セル-表示形式-分類欄で「ユーザー定義」-種類欄で「h:mm:ss」を選択
     または
C3セルからC12セルまでを範囲指定-右クリック-セルの書式設定-分類欄で「ユーザー定義」-種類欄で「h:mm:ss」を選択)
ここで「ユーザー定義」を使わずに、「時刻」-種類欄で「13:30:55」を選択する方法もあります。

<入力効率のアップさせる>
入力するセルは列が多い場合には、事前にIME制御を設定しておくと便利です。「日本語1ME(仮名漢字変換機能の自動制御)の設定」とは、設定したセルを選択すると自動的に数値を半角で入力できる状態になり、そのつど入力モードを切り替えないで済みます。
半角で入力したいNo(A列)と記録(C列)を選択-データ-入力規則-「日本語入力」
タブで「オフ(英語モード)」を選択

<10位までの平均データの作成>
C13セルをクリック-「=AVERAGE(C3:C12)」を入力してOK
     または
C13をクリック-挿入-関数-関数名欄から「AVERAGE」を選択-OK-関数の「引数」
タブの数値1欄でC3~C12をドラッグしてOK
c0051032_7142399.jpg

             上表は、ダブルクリックして開くと見やすくなります
[PR]
by hasiru123 | 2005-11-27 07:15 | その他