箱根駅伝戦国時代

駅伝大会の中で特に興味を惹くのは、学校や企業の対抗戦です。今年行われた箱根駅伝や全日本実業団対抗女子駅伝はその際たるものでしょう。箱根駅伝では、終盤でトップ争いをしていた強豪チームが軒並みアクシデントで潰れ、想定外の亜細亜大が逆転初優勝を飾りました。実業団女子駅伝では、38歳のベテラン弘山晴美(資生堂)と19歳の大崎千聖(三井住友海上)とのアンカー勝負となり、接戦の末弘山が制しました。弘山を擁しての資生堂初優勝はとても感動的でしたし、ルーキー大崎の物怖じしない走りには大器の片鱗を感じます。

これらの対抗駅伝は、それぞれの選手が所属している組織の看板を背負っての戦いであるだけに、真剣そのものです。ときとして、その看板の重みに耐えかねて「ブレーキ」と呼ばれるアクシデントに見舞われることもあります。茶の間の駅伝ファンの心を暑く焦がすのもこの辺の事情があると思います。

07年正月の箱根駅伝がもうすぐやってきます。今年は、昨年と同様に東海大順天堂大が優勝候補と目されています。前評判や選手の名前から見ると、私も何となくそんな気がしてきました。10000mの平均タイムでは、順大が29分00秒6で抜きん出ていて、日体大東洋大と続きます。しかし、この持ちタイムはあまり当てになりません。前回の結果を見るまでもなく、各校の力の差は接近していると思います。

c0051032_19575398.jpg
どこが勝つか予想がつかない、まさしく戦国時代です。持てる力をしっかり出した学校に勝利の女神が輝くとしか言いようがありません。優勝圏内にあるチームは同じ鉄は踏まないと思います。選手たちの心のケアにまで踏み込んで、リスク管理を徹底するものと思われます。今度は、「シンジラレナーイ」ことは起きないと信じたい。

優勝の行方はさておき、私が注目するのは久しぶりに国内選手が区間賞争いをリードしそうな期待が持てることです。というのは、今年の5000mランキング10傑に4人の学生が顔を出し、しかも上位を占めているからです。竹澤健介(早大)が13分22秒36、佐藤悠基(東海大)が13分23秒57でともに2年生。これらの記録は、学生歴代ランキングとしては高岡寿成の持つ13分20秒43に次ぐものです。M.J.モグス(山梨学大)やG.ダニエル(日大)との争いが大変楽しみです。また、5区の山登りでは今年も今井正人(順大)が4回目の挑戦となると思われますが、先回の区間記録に期待がかかります。

箱根駅伝のムックというと、『箱根駅伝公式ガイドブック』(講談社)と『箱根駅伝200X』(ベースボールマガジン社)が定番でしたが、今年は新たに宝島社から『箱根駅伝伝説』が、昭文社からは『箱根駅伝まるごとガイド』というコースの詳細な地図帳が出版されました。「読売ウイークリー」でも箱根駅伝の特集を組んでいます。『箱根駅伝公式ガイドブック』では毎年関東学連の執行部の方々による座談会を組んでいて、大会運営の裏話が聞けます。私は、今年もこれを手にしました。
[PR]
by hasiru123 | 2006-12-29 19:35 | 駅伝