07年奥むさし駅伝に参加して

          (写真)スタートの様子
c0051032_1848490.jpg

新春を飾る第5回奥むさし駅伝は、1月28日(日)に東飯能駅西口前をスタートし、西吾野駅前で折り返す6区間(39.583キロ)のコースで行われました。選手のみなさん、そしてサポートをしてくださったチームのみなさん、早朝からお疲れさまでした。

今回は一般の部に、WGM関連団体から昨年と同じ3チームが参加。若葉グリーンメイトは、残念ながら前年より6位後退して59位、青葉クラブと千代田ランナーズは残念ながら、途中で繰り上げスタートとなったものの、全員がきっちり走り、タスキをつなぐことができました。

一般の部は、昨年より2チーム多い151チームが参加し、激戦を展開しました。若葉グリーンメイトは、昨年より49秒短縮して2時間26分13秒でゴール。1区を走ったTさんは前回より42秒遅れの63位でまとめました。2区のSさんは急遽補欠から回っていただきましたが、調整不足で77位まで後退しました。しかし、3区のYさんは区間28位で19人抜きの快走を見せ、56位まで挽回。4区のKさんはそのままキープして5区につなげOさんさらに2位上げました。アンカーのNさんは初出場ながら、昨年のEさんに迫る走りでゴールすることができました。今回出場したメンバーで前年の記録を超えたのはBさんとKさんで、それぞれ9秒、4秒短縮しました。

奥むさし駅伝は、例年大会直前のメンバー変更が多いのですが、今年はその影響をもろに受け、メンバー編成に苦心しました。かぜや故障など理由は様々ですが、この時期の体調管理の難しさを再認識しました。これから2ヶ月間は青梅マラソンを皮切りにレースが目白押しです。どうか万全のコンディションで目標のレースに臨んでいただきたいと思います。また、サポート上で気づいたのは、これまでは各中継所に最低1人のサポートを配していましたが、今年はコースに慣れたこともあって第2・4中継所と第3・4中継所に配置しませんでした。しかし、選手の負荷を軽減する同中継所でも必須であったと反省しています。また、中継所間の情報のやり取りには携帯の積極的活用を図ることも必要でしょう。次回に生かしたいと思います。
       (写真)若葉グリーンメイトのゴールシーン
c0051032_18535563.jpg

少子化の影響でしょうか、高校チームがかなり減りました(55→39チーム)。高校は1校2チームまで出場できるのですが、2チームエントリーしたのは9校でした。新潟県から出場した学校がありましたが、地元の飯能高校や鳩山高校の名前がなかったのは残念です。また、一般の部で初優勝した城西大と2位のTEAM城西、11位のSuper城西の3チームが未登録選手を出場したことで、失格となりました。

レースの詳しい結果は「飯能市のホームページ」に掲載されていますので、合わせてごらんください。
[PR]

by hasiru123 | 2007-02-03 18:55 | 駅伝  

<< 07年埼玉県駅伝に参加して 駅伝はこれでいいということがな... >>