第19回ランニング学会の開催予定


c0051032_7131043.jpg
第19回ランニング学会大会は、京都市で開催されます。

会場:京都府立医科大学
開催日:平成19年3月23-25日
プログラム:概要は以下のとおり

第1日目
●市民公開講座「超高齢社会へ、ランナーからの提言」
 「鍵は運動習慣にあり」
       第19回大会長 木村みさか(京都府立医科大学)
 「ボケない走りかた」
               久保田 競(日本福祉大学大学院)
第2日目
●教育講演 「持久的運動に伴う遺伝子発現」田中宏暁 (福岡大学)
ランチョンセミナー (共催:大塚製薬株式会社)
「ランニングと水分補給」 森本武利(京都府立医科大学名誉教授)
●海外招待講演 「Biomechanics of Distance Running」
  Keith R. Williams(UC Davis)
●シンポジウム 「バイオメカニクスのランニング現場への応用」
コーディネーター:榎本靖士(京都教育大学)
シンポジスト:鳥居 俊(早稲田大学スポーツ科学学術院)
       渋谷俊浩(びわこ成蹊スポーツ大学)
●ラウンドテーブル I
「ランナーの減量~明るく、楽しく、科学的に~」
スピーカー:鍋倉賢治(筑波大学)
質問者:木村みさか(京都府立医科大学)
   河合美香(びわこ成蹊スポーツ大学)
●ラウンドテーブル II
「中長距離種目のパフォーマンス向上に
 ランニング科学を用いる~記録を高めるトレーニング処方とは ~」
スピーカー:豊岡示朗(大阪体育大学)
質問者:伊藤静夫(日本体育協会スポーツ医科学室)
   足立哲司(京都地域医療学際研究所スポーツ医科学センター)
       山本泰明(元くろしお通信)
       横澤俊浩(国立スポーツ科学センター)
第3日目
●モーニングラン(持久走大会)
●ワークショップ I 「市民ランナー、市民マラソンのこれから」
コーディネーター:山中鹿次(ランニングサポート)
         山西哲郎(群馬大学)
パネラー:坪 健司(木津川マラソン「マラソンのつぼ」)
     古谷淳子(甲賀市教育委員会)
     原田 達(桃山学院大学) 
●ワークショップ II 「子どもの駅伝、マラソンを考える」
コーディネーター:有吉正博(東京学芸大学)
パネラー:鉄村和夫(星子幼稚園)
     足立哲司(京都地域医療学際研究所
              スポーツ医科学センター)
     前河洋一(国際武道大学)
     生田香明(大阪大学)
●ランチョンセミナー(共催:ニューバランス ジャパン)
「ランニング動作における接地のメカニズム」
            長谷川 裕(龍谷大学)
●総会
●市民公開シンポジウム
「JALホノルルマラソン・アミノバリューランニングクラブ~2年間の成果と課題~」
(ランニング学会・大塚製薬株式会社共同プロジェクト)
コーディネーター:足立哲司
( 財団法人京都地域医療学際研究所スポーツ医科学センター)

→ランニング学会のサイトはこちら
[PR]
by hasiru123 | 2007-03-14 07:13 | その他