高岡寿成、東京国際マラソンで優勝

 2005年2月13日に行われたの東京国際マラソンで、高岡寿成(カネボウ)が2時間7分41秒で優勝し、8月の世界選手権の代表に決まった。
         (2005年2月13日放映のフジテレビの中継から)

<ひとこと>
 高岡選手ほどのスピードとトラックの実績を持っている人がなぜ勝てなかったのかと、周囲から言われ続けてきた中での優勝。喜びは一塩のことと思う。今日は後半独走になったが、来る世界選手権(8月)では終盤のサバイバルレースで持ち味のスピードを発揮してください。

 また、若葉グリーンメイトのメンバーとときどき一緒に練習へ参加している後口浩史(後口RC)さんが今年も出場し、2時間30分を切る快走を見せた。お疲れさまでした。これで、2006年と2007年の同大会への出場権を確保した。
[PR]
by hasiru123 | 2005-02-27 11:01 | 話題