スポーツと芸術

8月上旬以降、日本列島が猛烈な暑さに見舞われている。国内の最高気温を更新した16日の気象データによると、日最高気温の高い上位地点が岐阜県と埼玉県(私の住んでいるところ)に集中している。「暑さ日本一」を売りにしたPR活動を進めている自治体もあるそうだ。暑さ対策のトップランナーとして貢献したいという意図らしい。

ところで、日中に練習できる環境にある中高生たちは、この猛暑の中でも日の高い時間帯に走っているのだろうか。スポーツ全般に言えることだが、炎天下での厳しい環境を乗り切ることは精神を鍛える効果はあるものの、肉体的な効果はあまり望めない。私の場合には、平日、週末を通して早朝に走るようにしている。所属しているランニングクラブの若葉グリーンメイトでも、7月と8月は普段よりも1時間早めて、朝7時開始としている。私の実感では、夏の練習効果を上げられる時間帯は、9時以前か16時以降だと思っている。インターハイも甲子園も、暑いときにはサマータイム制を設けてはどうだろうか。

前置きが長くなったが、夏の夜のひと時を澄み切ったソプラノコンサートで楽しんだ。歌うのは藤田美奈子さんとゲスト出演したテノール歌手高田正人さんだ。どちらもすばらしい声の持ち主で、ホールに響いた声が脳裏に焼きついている。

第一部では歌曲を、第2部ではイタリアオペラからアリアの数々を披露してくれた。最後は、愛憎劇で知られるドニゼッティのオペラ「ランメルムーアのルチア」からアリア"狂乱の場"で締めくくった。オペラとは「そのほとんどが愛憎劇」という藤田さんの解説も面白かった。

聴衆を魅了するためには、すばらしい声の持ち主であることはもちろんのこと、素質に磨きをかけるための研鑽とそれを伝える工夫などの日頃のたゆまぬ努力があると思う。佐賀北高校が何度か演じたグラブトスは日頃から繰り返し練習してきたという。音楽にも、その類の地道な練習があるはずだ。芸術とスポーツでは世界が違うが、共通するような気がする。

美しい歌声に魅入りながら、スポーツも芸術も、身近な努力と技術の積み重ねが結果を生み出す、という何やら難しいことを考えてしまった。
[PR]

by hasiru123 | 2007-08-26 19:41 | その他  

<< 転ばぬ先のストック 夏の走りが冬を制す >>