夢のマラソン

全国OB・OG駅伝

c0051032_19505256.jpg






皇居周回コースを使った全国OB・OG駅伝大会に参加した。若葉グリーンメイトとしては昨年に続く2度目のエントリーである。

どんな大会か、まずはその概要を記す。距離:25km(1人皇居1周約5km×5名)。主催は東京OB同好会と墨東走友会の、二つの市民ランニング同好会だ。今年で37回を数えるというから、なかなか歴史のある大会である。そして、会長は市民ランナーならご存知の山田敬蔵さん(1953年のボストンマラソン優勝者)で、雨天にもかかわらずお元気な姿で大会総務にあたられていた。

この大会の最大の特徴は、各区間ごとに年齢制限があることだろう。OB・OG駅伝と名がつくゆえんである。すなわち、
第一走者:男65歳以上 女55歳以上
第二走者:男60歳以上 女50歳以上
第三走者:男55歳以上 女40歳以上
第四走者:男50歳以上 女40歳以上
第五走者:男40歳以上 女35歳以上

所沢走友会をはじめとする8つの団体が共催し、後援と協力は東京陸協やアサヒコーポレーションほか3社があたるなど、実施する体制もしっかりしているようだ。今年は、合計184チームが走力を競った。

若葉グリーンメイトからは5チームが参加。チーム編成は、Aチームはベストオーダー、その他チームは戦力が平均化されるように作られた。期待のAチームは昨年同様の14位と、残念ながら10入賞ラインに届かなかった。私はEチームの第四走者を務めた。私にとってこのコースは久しぶりで、5年前の出版健保ロードレースで10キロを走って以来のことになる。目標のタイムで走れたかどうかが気がかりであるが、うっかりストップウォッチを押し忘れてしまった。後日大会本部より発表される記録を待ちたい。

c0051032_19562545.jpg






(写真上)桜田門からスタートする選手たち              
(写真下)参加賞のポロシャツ
[PR]
by hasiru123 | 2008-05-25 20:36 | 駅伝
<< 1歳刻みランキング フルマラソン大会を埼玉県で >>