ブログトップ

夢のマラソン

秋の花

今朝はこの秋一番の冷え込みで、立山連峰は平年より12日早く初冠雪とのニュースが報じられていた。早朝のランニングは、いつもと同じランニングシャツとパンツというスタイルで家を出たところ、乾いた冷涼な空気感でほとんど汗をかくことがなかった。走りやすい季節となった。いよいよ長距離・駅伝・マラソンのシーズン到来である。

さて、いつもなら森林公園(埼玉県比企郡滑川町)は走るために行く場所なのだが、今日は妻と、ウォーキングと花の撮影を楽しんできた。植物園のコリウスガーデンでは、一面の草紅葉が見られると聞いたからである。以下は、夢中でシャッターを切った写真の一部である。
c0051032_18573824.jpgc0051032_18583274.jpg








クロスカントリーコースの一部でもある運動広場には、コスモスとヒガンバナが咲き誇っていた。両方の群生状況を一枚の写真に収められる場所は意外と少ない(左下)。
c0051032_1922093.jpgc0051032_193627.jpg





コリウスガーデンには約30種、2.2万株のコリウスが植えられている。多様な色と、光と影の複雑なコントラストが織りなす美しさをどう表現できるかが腕の見せ所だ。しかし、そのスケールに圧倒されて、冷静にレンズを覗けていたかどうかは、自信がない。
c0051032_1953194.jpgc0051032_196990.jpg





5色に彩られたサンバチェンスも見ごろである。右上の青紫の花はハーブガーデンに咲いていたもので、ラベンダーローゼ(セルビアの一種)か。
[PR]
by hasiru123 | 2008-09-27 19:12 | その他