夢のマラソン

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『速すぎたランナー』を読む

速すぎたランナー
増田 晶文 / 小学館
ISBN : 4093792275
スコア選択:



「英語が強くなりたかったら国語を勉強しなさい!」とはかつての受験指導のプロの言葉です。「パラドックス」という概念の説明にも引用されたりしました。マラソンでも同様な言い方ができると思います。ゆっくり走れば速くなる――。これは、理想的なランニングとは「疲れないランニング」であることを基本に指導に取り組んだ、故佐々木功氏(元日電HE監督)の言葉です。疲労を取りながら走る、走りながら疲労性物質である乳酸をエネルギー源となる物質に変換させて、それを燃やして走る。これがLSDによる身体資源の開発であると、佐々木さんは著書『ゆっくり走れば速くなる』の中で力説しています。

マラソンにおけるLSDの効果は、たとえば5000メートルで15分を切るか切らないかといような選手でも、マラソンで2時間10分を切るレベルで走れることを目指すようなことだと思います。そうであるのなら、5000メートルで楽々と14分をクリアするようなスピードを持ったランナーであればもっと先を目指せるか――。

類い稀なスピードを持ちながら、「ゆっくり走ること」を会得できずに失敗を重ねるランナーを追ったルポがあります。増田昌文さんの『速すぎたランナー』は、マラソンランナー・早田俊幸が最速のランナーでありながら、その素質を開花できなかった人生を追いながら、マラソンの魅力を語っています。

早田には数々の異名がありました。「ロケット走」「ハンター」「区間賞男」「30キロまでの男」「孤高のランナー」「流浪のランナー」・・・。「ハンター」というのは駅伝で、早田が前を行くランナーは必ず仕留めることに由来しています。また、「流浪のランナー」は、実業団チームで鐘紡、アラコ、ファーストリテイリング、本田技研と4つの企業を渡り歩いたことを揶揄して言うときに使われました。

早田が華々しくデビューしたのは、1991年の東京国際マラソンでした。バルセロナ五輪の代表選考会を兼ねている同大会には、中山竹通(当時ダイエー)と森下広一(当時旭化成)の新旧対決で注目されましたが、勝負はトラックに持ち込まれ、6秒差で森下が中山を制しました。そのとき早田は、2人に続いて2時間10分37秒で3位に入っています。テレビの中継を見ていて、終盤の勝負所で、2番手をつけていた中山が何度か振り返って早田との距離を確認していたのをよく憶えています。中山から見れば、早田との距離よりも前を行く森下との距離の方が明らかに近かったのですから、この場面では早田を気にすることよりも森下との距離を詰めることに注力するのが普通だと思います。おそらく、早田がトラックや駅伝で発揮したスピードが中山の脳裏をよぎったのでしょう。

早田は惜しくもバルセロナ五輪には選考されませんでしたが、森下と中山が五輪でそれぞれ2位と4位という成績を収めたことから、早田への期待は大きく膨らみました。しかし、早田にとっての苦悩はここからは始まります。38キロの勝負所でもっと粘って、なぜ中山の前へ出られなかったのか・・・。持ち前のスピードを活かすことなくスパートを躊躇したことが、「その後のレースに微妙な影を残す」ことになります。

その後、福岡国際マラソンで2時間8分7秒という当時日本歴代4位の記録を作りますが、一度も勝つことはありませんでした。著者は「30キロを過ぎると白い靄が漂い、それまでの快走をうち消してしまう」と書いています。それを森下広一(トヨタ九州監督)は「壁」と表現し、伊藤国光(カネボウ監督)は「倒すべき目標の不在」と言っています。また、亀鷹律良(アラコ監督)は「ゆっくり走ることによるスタミナ養成ができていない」こと挙げ、瀬古利彦(ヱスビー食品監督)も「マラソンを走りきるスタミナがない」から「レースを支配できない」と指摘しています。それからは、途中棄権や失速、練習方法に戸惑ってはチームとの軋轢を繰り返します。

それでも、早田に対してランナーたちの共感を呼ぶのは、「胸中に、<われも早田>という切ない思いを抱いているに違いない」からだと著者は語り、「勝者ならざる早田はアンチヒーローといえる。だが彼の十年に及ぶ、敗れてなおも挑む姿勢は、ヒーローには醸せない滋味と磁力を放っている」と書いています。「多くのマラソンランナーはいつしかレースに参加しなくなり、自然消滅のような形でランナー生活を終えて」いますが、最近早田の走りをテレビで観ることはなくなりました。風の便りでは本田技研狭山工場の正社員として勤務しているということですが、私も入間川沿いのサイクリングコースで走っている姿を見かけたことがありました。これからも、早田の疾走は忘れることがないと思います。

本書は早田を巡る多くのマラソン関係者からの取材で成り立っています。早田のマラソン人生だけでなく、走ることについて多くの教示と情報を提供しています。市民ランナーにとっても、マラソンを観たり楽しんだりする上で大変参考になると思います。それにしても、中山竹通の「マラソンという私小説」を語るくだりは大変刺激的でした。「市民ランナーたちは、楽しいランニングなんて言うでしょ。そういうのってすごく腹が立つんですよ。マラソンなんか、どこが楽しいんだって言ってやりたい。あんなの苦しいだけですよ」
[PR]
by hasiru123 | 2006-02-26 23:06 |

2つのマラソン

冬季に行われる4大男子マラソンといえば、福岡国際と別大毎日、東京国際、そしてびわ湖毎日です。そのうちの別大毎日(2月5日)と東京国際(2月12日)の両大会に、若葉グリーンメイトからそれぞれ1名ずつ出場しました。

別大毎日に出場したのはTさんで、この1年間で5度目のフルマラソンです。記録は2時間42分18秒(137位)で、昨年11月につくばで出した記録を30秒更新する自己新です。大会本部からwebで公表された記録表を見ると、25キロまでは5キロごとのスプリットタイムを18分台でカバーして、途中8カ所ある関門規制を悠々とクリアしています。

Tさんからのメールの報告によると、30キロ過ぎの別府湾沿いで向かい風を受けて、相当体力を使ったようですね。この季節の別府湾は北西の風を受けて追い風になるのですが、あいにくこの日の14時頃は北東の風が吹いていました(大分気象台の発表による)。したがって、31キロ以降は大分市に近づくにしたがって向かい風を受けることになったようです。30キロからのラップタイムの大幅な落ち込みはやむを得ないところです。それでも、自己新を超えたことは称賛に値します。

2時間40分を切るのは時間の問題で、年齢的には20台後半ですので、遠からず30分台前半に届くのではないかと期待しています。

東京国際にはUさんが出場しました。2時間34分33秒(79位)と健闘しました。折り返し後は、9メートル前後の向かい風を受けて大変厳しいコンディション下でのレースでしたね(読売新聞の記事では正午現在東南東の風2.6メートルとあるが、東京気象台発表の13時以降の風速は北北西8~9メートルとなっている)。風速9メートルは、ほとんどジョギング状態になってしまうほどの強風です。

今年は、2時間30分以内をマークできませんでしたが、この結果も大変な記録だと思います。ちなみに、今回2時間30分を切った選手は53人しかいませんでした。東京国際は今回が最後となり、来年からは東京マラソン(2月18日実施予定)として再出発します。来年は東京かびわ湖毎日に出場するのではないかと思いますが、早くも来年の号砲が楽しみです。
[PR]
by hasiru123 | 2006-02-19 22:15 | 話題

川嶋伸次さんの講演から

c0051032_2212126.jpg川嶋伸次さん(シドニー五輪マラソン日本代表、東洋大学陸上部監督)の講演を聴きました。会場には川越市内の中学生が多く集まり、中学生を意識した講演内容でしたが、大人の聴衆にとっても大変参考になる話だったと思います。

話題は、東洋大学に招聘されてからの箱根駅伝の取り組みや学生に接する中で気づいたことから始まり、かつて所属していた旭化成での目標管理に言及するなど多岐にわたりました。題して「スポーツを通して学んだもの」。

東洋大学で学生を指導するようになって気になったこととして、次の4つをあげていました。

ひとつは「自己満足」で、「自分はがんばっている」という言葉が目につくというのです。「がんばっている」というのは本来第三者が評価するもので、自ら発する言葉ではないでしょう、と。

さらに「責任転嫁」も目立つといっています。失敗を環境のせいにする。食事をとりすぎたとか、シューズが合わなかったからだとか。だから、簡単にあきらめてしまうのではないでしょうか。

そして、精神的な問題。プレッシャーに弱い。今年の箱根駅伝の復路ではめまぐるしく順位が変動したが、選手たちの不調は脱水症状だけではない。選手の家族や周りの人たちが注目している中で、いい結果を出したいとつい焦ってしまう。日本テレビ(の中継)が選手をあおっている面もあるかもしれない、とも言います。

もうひとつ、目標の立て方。「私はがんばってオリンピックに出ます」といとも簡単にいう学生がいるが、次の試合など短期的な目標の方が大切で、また実行も難しい。何年も先の目標は聞いた人も忘れやすいが、すぐ先のことは忘れないので軽々しく言うことができないからだというのです。だから、選手たちにはできるだけ近い将来の目標を語らせるようにしているそうです。これは、仕事の場面でもいえることで、われわれサラリーマンにとっても大変頭が痛い!

川嶋さんのプロフェッショナルとしての片鱗を覗かせたのは次の指摘でした。選手たちに失敗を指摘すると「それならおまえやって見ろ」のような反論を受けることがあるそうです。川嶋さんも学生時代にはその経験があっただけにその気持ちはよくわかるが、それはちがう。かつて、びわ湖毎日で川嶋さんが失敗したときに、自宅に戻って妻から「なぜあのときスパートをしなかったの」と指摘されたときは、素人の指摘だけに頭に来た。しかし、あとでよく考えてみたらその通りに思えたという。人からの指摘を自分のものにする素直さとしたたかさが大切ではないか。プロが素人から学ぶことがあるのだ。また、プロは人がやって成功したことをまねしたら恥ずかしいなどとはけっして思わないで、どん欲に盗むものだ、と締めくくっていました。

大学の監督を引き受けて4年たつそうですが、今年の箱根駅伝はシード校(本大会で10位)に入りました。強いチームを育てるというミッションを受けて、指導者としての闘いが続きます。世界に通用する人材が輩出することを期待しています。
[PR]
by hasiru123 | 2006-02-19 22:00 | その他

2006年奥むさし駅伝に参加して

c0051032_1016141.jpg

選手のみなさん、そしてサポートをしてくださったチームのみなさん、お疲れさまでした。第4回奥むさし駅伝は、1月29日(日)に東飯能駅西口前をスタートし、西吾野駅前で折り返す6区間(39.583キロ)のコースで行われました。

今回は一般の部に、WGM関連団体から3チームが参加。昨年より1チーム増で取り組みました。若葉グリーンメイトは前年の記録を3分6秒短縮し53位、千代田ランナーズは26秒短縮し106位の健闘をみせました。また、初出場のエバグリーンメイツは2時間48分5秒でゴールしました。千代田ランナーズとエバグリーンメイツは残念ながら、途中で繰り上げスタートを余儀なくされましたが、持てる力を十分に発揮できたと思います。

一般の部は大学や実業団のチームが入っていますので、その中での若葉グリーンメイトの53位は称賛に値する結果といえます。特に、1区を走ったTさんは、前回より47秒短縮し、5区のHさんは1分34秒短縮しました。そして千代田ランナーズ4区のFさんは、男子選手に混じっての区間59位は立派で、現役時代を彷彿させる走りでした。どのチームもブレーキがなく、予想タイムをクリアしています。2006年始めのレースとして、まずは好調なスタートが切れたのではないでしょうか。

今年は、奥むさし駅伝が復活してから4年目を迎えますが、徐々に参加チームが増えてきました。それでも、参加制限が「1団体1チーム(高校は2チーム)」、「2時間50分以内で走れるチーム」となっていて、市民ランナーチームにとっては厳しいものがあります。第3中継所から一部チームが白タスキとなってしまうのでは興味が半減してしまいます。

せっかく西武池袋線の臨時ダイヤを組んだり、国道を交通制限したりして行うのですから、参加条件をもう少し緩和して、もっと多くのランナーが出場できる環境を作ってほしいと思います。その方がかえって、飯能市の観光振興という面から考えてもメリットが大きいのではないでしょうか。大会が中断される前(そのときの大会名は「奥武蔵駅伝」)は、400チームを超える参加がありましたので、関係者や地元の市民の応援でとてもにぎやかでした。現在は、少しもの足りない。大会役員や交通整理にあたる地元警察にとっては大変でしょうが、多くの選手がなだれ込んでくる第1中継所のごった返した雰囲気をもう一度、という人も多いのではないでしょうか。選手を応援しながらの感想です。大会を主催する飯能市および各関係団体に、ぜひ一考を望みます。伝統ある奥むさし駅伝が多くの支援を得て、これからも発展していくことを念願しています。

レースの詳しい結果は「飯能市のホームページ」に掲載されていますので、ごらんください。
  詳細はこちら ↓ http://www.city.hanno.saitama.jp/taiikuka/ekiden/4_kekka.html
[PR]
by hasiru123 | 2006-02-04 10:19 | 駅伝