ブログトップ

夢のマラソン

世界陸上後を考える

陸上競技のトップアスリートで自分のサイトを持って情報を発信している選手はどのくらいいるのでしょうか。世界陸上大阪大会に出場した男女76名の選手名をGoogleで検索して調べてみたところ、以下のことがわかりました。
  男子  5名(45)
  女子  5名(36)  
  合計 10名(76)  ( )内は出場者数
ただし、男子の5名のうち2名は、所属チームの支援よるサイトと思われるので、事実上は3名と見た方がいいかもしれません。

日記風に出場したレースの感想やトライする大会予定、自己紹介、実績などが写真とともに綴られています。中でも目を引くのは400m障害の為末大さんです。為末さんは、自身のホームページ「侍ハードラー」の中で、陸上競技をメジャーにするという使命のもとに行ってきたさまざまな活動について触れ、発言し続けています。8月30日には世界陸上の同種目で予選敗退した原因について書いていました。それによると、今年3月に右ふくらはぎを傷め、順調に練習を進めることができなかったようです。中身は大変濃く、これまで世界陸上に取り組んできた総括にもなっています。

同日の記事ではつぎのように結んでいました。「世の中に、子供たちに、夢を与えたい、と言っておきながら、自分の結果が悪かったらすぐ撤回するなんてのは信念に反します。そんなことよりももう一回立ち上がって見せることの方が大事だと思いました」。「もう一回」というのは北京五輪を指してのことだと思います。

総括といえば、真っ先に出さなくてはいけないのは日本陸連であり、その組織下にある強化委員会ではないでしょうか。総括がないことには、1年後の北京五輪はありません。陸上競技の専門誌『月刊陸上競技』(10月号)には記者座談会としての総括はありましたが陸連によるものは見当たりませんでした。もうひとつの専門誌『陸上競技マガジン』(10月号)の方は、菅原勲氏(指導者育成委員会委員長)による前半戦のまとめはあるものの陸連としてのものは出されていません。

日本陸連にはオフィシャルサイトがあって、組織やスケジュールを始めさまざまな情報が提供されています。世界陸上における日本チームの問題点や今後の方向についても、関係者間だけでなく、サイトなどを通して一般にも広く公開してほしいものです。この問題は、今回参加した選手やコーチ関係者だけでなく、今後の日本をリードするであろう若い選手たちに伝え、活かされなくてはならないからです。できれば、全国各地で陸連の強化委員と地元の指導者、選手たちを交えたフォーラムを開催するなどして、積極的なコミュニケーションを図ってほしいと思います。

話は古くなりますが、90年代前半には日本陸連主催・朝日新聞社後援で「マラソンセミナー」というイベントがありました。日本選手権が終わった翌日に開催され、主だった長距離選手と一般ランナーが肩を並べて講演やディスカッションに耳を傾けていました。私も一市民ランナーとして参加したことがあります。会場は陸連本部のある岸記念体育館でしたが、満員で熱気に包まれていたのを記憶しています。なぜ熱気があったかというと、そのころの日本の男子マラソンが世界をリードしていたということだけでなく、トレーニングに必要な重要情報が広く開示され、問題を共有しようという雰囲気があったからだと思っています。

世界陸上の敗因は、本番に臨んだ人が一番よく知っているはずです。出場した選手たちとコーチ陣の声をよく聞きながら、問題を分析することから次の戦いが始まるのではないでしょうか。まずは、きちんとした総括を行い(もちろん行っていると思いますが)、その内容を多くの陸上ファンにもできる限りオープンたうえで前へ進んでいただきたいと願っています。
[PR]
by hasiru123 | 2007-09-30 21:19

外反母趾と登山靴

9月21日は彼岸だというのに猛暑が続いています。埼玉県地方の最高気温が軒並み32度以上、前橋市では34.1度と報じられていました。

8月の記事の中で、山行に向けての足慣らしに使った登山靴が外反母趾にあたり、早速登山用具専門店に修繕の依頼を出したことを書きました。今回はその続報です。

谷川岳の東側にある白毛門という山を登ってきました。谷川岳や一ノ倉岳の東斜面を正面から望めることと、尾瀬から奥利根の山々がパノラマのように一望できる贅沢なコースです。今回の目的の一つは紅葉を背景にマチガ沢の岩場を撮ることでした。残念ながら、連日の猛暑の影響で紅葉はまったく見られませんでした(普通の秋なら、9月下旬には燃え始めるはず)。
c0051032_2037231.jpg

もう一つの目的は、2度にわたって山行テストし、修繕した登山靴の具合を確かめることでした。こちらの方は、登りはほとんど問題なかったのですが、下りになると時間の経過にしたがって外反母趾の部分にあたり、痛みをこらえながらの歩行でした。今回は、代替用に準備したジョギングシューズに履き替えることはありませんでしたが、テストは不合格です。

山用具専門店に依頼した修繕は、外反母趾にあたる部分を物理的に広げて緩和させようというものです。今よく売れているゴアテックスだとできない相談ですが、皮だからこそできる職人技だそうです。かなり改善されましたが、下りになるとつま先方向に力が加わるため、どうしても当たります。これが最後になるかもしれませんが、お店にはもう一段の改善をお願いしました。修理後には、土踏まずを高くしたインナーソールをつけることによって下りでの衝撃を和らげることも確かめたいと思っています。

10月上旬の連休には、北アルプスの表銀座縦走を計画しています。紅葉の深まりを期待するとともに、全工程を通して快適に歩けることを願っています。

(写真)白毛門から望む笠ヶ岳と朝日岳(右)
[PR]
by hasiru123 | 2007-09-23 20:38 | その他

c0051032_130879.jpg

マラソンを走り終えたときは疲労困憊で、すぐにでも倒れこみたいところです。箱根駅伝でも、タスキをつなぎ終えた選手が大の字になって倒れ、抱え込まれるシーンをよく見かけます。気持ちはわかりますが、このような終わり方は体のケアという点からはあまり感心できません。身体の動きを完全に止めることによって、運動中に筋肉に向かって流れていた血液の循環をさえぎってしまうからです。ゴールしたら、しばらくはそのままジョグをしましょう。ゴール地点が混雑していてジョグができなければ、ゆっくり歩くか足踏みをしましょう。

<疲労を除く3つのポイント>

マラソンレースは、これ1本で終わりということはまずないと思います。今回出場したレースの反省に立って、次のレースがあるはずです。以下にあげた3つのポイントを念頭において、疲労回復に努めてください。
①レース後の疲労回復は、レース直後のクーリングダウンから始まる
②疲労回復は早期対策が効果的
③何もしないよりは身体を動かした方が疲労は取れる
疲労を回復させる手段はいろいろありますが、できるだけ多様な方法を組み合わせて行うとより効果的です。次のような方法があります。
・ジョグ、ウィンドスプリント(ごく軽めに)
・ストレッチ
・マッサージ、鍼、指圧など
・アイシング
・栄養補給
・睡眠
・ランニング以外の運動
・入浴

<疲労回復のステップ>

これらの方法を繰り返し、かつ複合的に行うことが重要です。時間の経過とともに行う疲労回復のステップの一例をあげました。

①レース当日
疲労の拡大を防ぐのが当面の目標です。
・ゴール直後:ジョグ&ウォーキング10~15分、ストレッチ15分。ゴールして、すぐに宿泊先の風呂場へ直行するのは心臓への負荷を考えると、お勧めでない。1時間くらいの間をおくとよい
・帰宅後または宿舎で:局部へアイシング(氷水または水、アイシングシートなど)10~20分、ゆっくり入浴
・就寝前:ストレッチ(特に、戸外では行いにくい仰向けやうつ伏せ状態で)10~20分
・十分な睡眠:もうレース前夜のような興奮はないでしょうから、ゆっくり休みましょう。

②レース翌日
筋肉痛を始めとする疲労が自覚される時期にあたります。
・ストレッチ+ジョグ(またはウォーキング)30分+ストレッチ。何もしないよりは、ジョグなどで軽い刺激を加える方が、疲労を逃がす効果がある
・入浴、就寝前のストレッチ、マッサージ

③レースの翌々日~7日目
オーバートレーニングに注意して、走りながら疲労を抜いていきます。
・ストレッチ:時間を変えて、いろいろな場面で行う(例えば、昼休みや駅のホーム、風呂場など)。マラソンの場合には、筋肉だけでなく骨盤や腰椎などが正常な状態にないこともあるので、骨体操(注)を取り入れるとより効果が大きい
・ジョグ:4日目ころから徐々に疲労や筋肉痛が抜けていくのが実感できる。少しずつ時間や距離を伸ばしていく。ただし、筋肉痛が激しいときや疲労が大きいときは行わず、ウォーキングや自転車、エアロバイクなどに切り替える。この時期は、スピードをつけたジョグは控える(特にマラソンの場合)
・入浴:ややぬるめの湯に長めにつかるのも効果がある
・マッサージ:自分で行うマッサージだけでなく、日頃通っているスポーツマッサージや指圧の施設があれば、状態を詳しく伝えた上で、受けるのもよい

④2週目以降
表面的な疲労が抜けて、深い疲労が実感できる時期です。深い疲労が自覚できればいいのですが、隠れた疲労が残ってその後に障害の引き金になったりすることもあるので、要注意です。このころは、練習も徐々に質量とも上げていく時期ですが、隠れた疲労を刺激しないよう、自分の身体と対話しながら進めてください。この辺の手加減のし方は、疲労の状態や競技力の違い、体質など個人差があります。期間は数週間から数ヶ月まで、幅があります。

繰り返しになりますが、レース後の処置は早期回復にかぎります。その理由はつぎのようなことからです。
・筋肉痛を最小限に抑え、疲労回復を促進できる
・トレーニングを早期に再開できる
・故障防止に役立つとともに病気の予防になる
・筋力低下を防ぐ
それはちょうど、火傷をしたときにすぐに冷やしたり、捻挫をしたときにすぐアイシングをしたりするのと同じです。

<食事で気をつけたいこと>

それから、もう一つ大切なことがあります。それは「食事」による栄養補給です。あまり難しく考えることはありあません。まずは、次の5つを心がけましょう。

①消化のよいものを摂る(特にレース直後は注意)
よく噛むことにも気を配りましょう。よく噛むと唾液による消化が行われ、糖質などが胃の中でよく吸収されます。

②糖質とたんぱく質、ビタミンをバランスよく摂る
糖質だったらごはんやパン、たんぱく質は魚肉、卵、乳製品、豆類、穀類など、ビタミンは上記の食物の他、野菜、果物などです。これらを偏らないように、できるだけ多くの種類から摂ります。

③水分の補給(複数回に分けて少しずつ)
汗といっしょに失ったナトリウムも同時に摂る必要があります。水の中に0.1~0.2%程度の食塩を加えるか、市販のスポーツドリンクを使うといいでしょう。

④甘いものは、摂りすぎに注意する
疲労していると、つい多めに摂ってしまいます。取りすぎは、食欲低下を招き、グリコーゲンの増加を妨げやすいためです。

⑤レース直後のアルコール類は控える
ゴールしたあとのビールは格別にうまいので、つい溜飲が上がりがちです。ここは、先憂後楽。ちょっと我慢して楽しみを後にとっておく。乾杯だけにしておきましょう。もしそのビールが美酒であるなら、なおさらたやすいことではないかと思うのですが。というのは、レースで枯渇したグリコーゲンを早く増やすことは、疲労回復ためには欠かせないからです。アルコール類はグリコーゲン増加にマイナスに働きます。また、酷使した肝臓をさらに刺激することにもなります。

極度に疲労したとき、レース後の食事がのどを通らないことがあります。激しい運動によるストレスが、筋肉だけでなく内臓(特に消化器)にもきます。本当は空腹なのに、実感できない状態です。こんなときは、無理してごはんを食べずに、暖かいお茶などの水分を少しずつ飲みましょう。少し落ち着いてきたら、果物やヨーグルトのようにおなかにやさしいものを少しずつ食べてみます。このような状態のときに、飲みやすいからといってアルコール類を入れては行けません。大変危険です。

(注)ナンバ式骨体操のことで、日本古来の「捻らない」「うねらない」「踏ん張らない」動きを取り入れたもの。講を改めて書く予定です。

この記事を作成するにあったて、以下の著作物を参考にさせていただきました。
  山地啓司ほか共著『マラソントレーニング』
  青木高著『ランナーズバイブル』
  雑誌「ランナーズ」1997.12から「完全疲労回復法」
[PR]
by hasiru123 | 2007-09-16 13:01 | 練習

トップアスリートとは

9日間にわたる世界陸上大阪大会が幕を閉じました。大会前半は、昼間行われた予選で暑さのためのアクシデントが続きましたが、全体としては手に汗を握る好勝負が多く、見ごたえのある大会だった思います。

短距離はアメリカ、中長距離はエチオピアとケニアのパワーが眼を引きました。男子1万メートルのあった3日目は、私もぜひ足を運びたいと思っていたのですが、都合で実現できませんでした。そして、残念ながら日本は世界のトップとの差が拡大する結果となり、地元開催を追い風にすることができませんでした。選手にとっては「メダル5個、入賞6~8個」という日本陸連の目標がプレッシャーとなったかもしれません。高い目標は、あるときはモチベーションを引き出すトリガーとなりますが、スタートでつまずくと負の連鎖につながりかねない面もあるようです。

総括は、改めて日本陸連から出されるでしょうから、それを待ちたいと思います。日本の陸上競技の現状と今後の施策について、8月30日にNHKのコラム番組「時論公論」のなかで山本浩解説委員がこんな解説をしていました。

<長距離ロードレース以外は、一部の選手を除くと経済的にも練習環境の点でも厳しい状況下に置かれている。大学と実業団中心で進んできた日本は、長距離や駅伝に力を入れてきたが、トラックとフィールド種目には見切りをつけたところが少なくない。一方でフランス陸上界には、今年から新しいプロ化の動きが見られ、「国内陸上競技リーグ」が誕生した。これによって陸上競技の活性化を狙っている>

実は、フランスは2012年にパリ五輪の開催が決定しています。五輪対策かと思えば、合点がいくのですが、<プロ化したフランス陸上界>はわが国の陸上競技の活性化とファンの拡大のためにも、検討に値する試みだと思います。ぜひ、日本もこれを機に意欲的な、そして新しい施策を講じてほしいものです。

大阪の世界陸上は、期待値からマイナスの方向にぶれてしまいましたが、日本の選手たちの競技姿勢に対して心に感じ入るものがありました。それは、メダルの獲得を期待されていたハンマー投げの室伏広治をはじめとする選手たちです。彼らは、結果が出なくとも、競技終了後にきちんとコメントをし、原因についてわかりやすく語ってくれました。さらに、心を引いたのは、室伏選手がハンマー投げで優勝したイワン・チホン選手と一緒にベラルーシ国旗を手に競技場を回っていたシーンです。五輪王者にふさわしい行為に、心から拍手を送りたいと思います。

結果を出せなかったプロ野球選手がベンチを蹴ってロッカールームに引っ込んだり、土をつけられた力士が憮然として支度部屋に戻ったりするシーンを眼にすることがありますが、トップアスリートとはいえないでしょう。トップアスリートには、それゆえに求められる言葉と行動があると思うからです。成績だけではなく、応援する人々に感動を与えるヒューマン・ネイチャーともいうべきものがあってほしい。大阪世界陸上にチャレンジした日本の選手たちに誇りを持てたことは、陸上ファンとして幸せなことでした。
[PR]
by hasiru123 | 2007-09-03 22:05 | その他

転ばぬ先のストック

8月最後の土曜日に日帰りで谷川岳へ行ってきました。コースは、土樽駅を基点に茂倉岳-一ノ倉岳-谷川岳-天神平経由で土合です。残暑が厳しく大量の汗をかいたため、持参した飲料では不足気味で、肩ノ小屋までもたすのがひと苦労でした。

9月に入って縦走を計画しているので、その足慣らしとして登ったものです。課題は、外反母趾を患っている左足が登山靴にうまくフィットするかどうかだったのですが、懸念していたことが起こり、途中でジョギングシューズに履き替えることに。履き替えた後は、滑らないように、そして足を踏み外さないように細心の注意を払いながら、何とか問題なく歩を進めることができました。帰ってから、早速登山用具専門店に修繕の依頼を出しました。今は、うまい具合に直ってくることを心待ちにしているところです。

谷川岳の方ですが、好天にもかかわらず土樽から茂倉岳までは出会う登山者がなく、寂しい限りでした。ところが、一ノ倉岳からオキノ耳にかけての稜線からすれ違う登山者が増え、下りの天神尾根はところどころ渋滞になるほどの込み具合。ロープウエーのおかげで、初心者でも簡単に谷川岳の頂上を踏むことができるからでしょう。

天神尾根を下りながら眼にしたのはストック(ステッキともいう)を手にした登山者たちが多かったことです。脚力の落ちた高齢者ならいざ知らず、若い人や子どもたちが使っているのを見て、少しびっくり。ストックは、下りなどでバランスをとるためや撮影時の三脚代わりに使えるなど、とても便利な道具でです。その反面、デメリットもあります。手を使うべきところでステッキに頼ったり、急斜面ではかえってじゃまになったりすることも多いのです。何より、混雑する山道では凶器になることすらあります。

「転ばぬ先のストック」ではありますが、多用しないように心がけてほしいものです。というのは、スキーの場合と同様に自分の身体の一部として使えるようにならないと、効果を発揮しないからです。特に、ダブルストックを使いこなすには、技術がいります。スキーのは下手な私が言うのも変ですが、山登りを楽しむいい友であってほしいと思います。
c0051032_6455341.jpg

     (写真)オキノ耳から望むトマノ耳
[PR]
by hasiru123 | 2007-09-02 21:45 | その他