考える走者

梅雨が明け、連日の猛暑である。インターバル走などスピードを加えたトレーニングを行いたくても、体がついてこない。この夏は、日中に走ることをやめた。いつ走るのかというと、早朝である。

早朝は、まだ体が覚醒していないのと、朝飯前で十分な食事ができていないことから、本来なら強めのトレーニングを行うにはふさわしくない時間帯だ。かといって、涼しくなりかけた夜も、そのあとの飲食や就寝を考えるとあまり都合がよくない。しかし、日中は効率の点でもっと都合が悪い。というわけで、ウィークデーと同様に休日(主に土曜日)のランニングももっぱら早朝にやることにした。

自宅の近くには自由に使えるトラックがないので、農道で未舗装の直線コース(片道875m)をトラックの1000mに見立てて、メニューを組んでいる。砂利が敷かれていることと一部道の真ん中に轍(わだち)ができている点を除けば、いいコースである。信号はないし、土なので足にやさしい。木陰は全くないが、早朝の日差しはそれほどきびしくない。

ここでは、夏のランニングを安全に走る方法について述べてみたい。まずウエア。暑いのを我慢しないで、涼しいスタイルに努めたい。ランニングシャツやパンツは吸湿性のない風通しの良いものを身につけ、日差しをよけるための帽子を忘れない。特に後頭部に要注意だ。首筋に直射日光が当たらないよう後ろにひさしがあるものや、帽子の後ろからハンカチを垂らすなどして覆うとよい。

二つ目は水の補給だ。通常のトレーニングは体とコミュニケーションを図りながら対応していくが、給水に関しては体がメッセージを発信する前に対処する。すなわちのどが渇いたと感じる前に摂ることが大事である。その理由は、発汗量に給水量が追いつかないことが多いからだ。ゴール(またはランニングの終了)までの距離が少ない場合には何とかなるが、距離が長い場合には、取り返しのつかないことがある。熱中症や脱水症で、熟年ランナーでもよく犯すミスだ。練習開始前にしっかり補給し、そして練習中にもこまめに摂ることに気を配ってほしい。

私の場合は、正直言って給水が上手ではない。レースペースで走っているときにうまく飲み込むことができない。また、水を摂ることによって腹痛を起こすこともある。だからといって、給水しないのは危険である。飲みたい、飲みたくないにかかわらず給水することでリスクを最小限に抑える、と思って摂っている。それも練習のうちだと言い聞かせている。

長距離を走るときには、補給する水の中身も大事である。糖質とナトリウムである。長い距離のランニングではエネルギーの補給という意味で糖質が必要である。そして、発汗によって水分と同時に失われるのがナトリウムである。のどが渇いたからといって水だけを摂っていると、水分のバランスを崩す「低ナトリウム血症」という一種のスポーツ障害を引き起こす場合があるので、気をつけたい。一般のスポーツドリンクには糖質とナトリウムの両方とも含まれているのもが多いので、水と併用するとよい。

三つ目に重要なことは、無理をしないことである。春や秋と同じ感覚で同質の練習を求めると、疲労が蓄積して、食欲不振やスランプを招くことがある。特に、梅雨の合間や梅雨明け直後が要注意だ。私にも、体がまだ暑さになれない時期にやりすぎて、消耗してしまうという失敗が何度かあった。

ランニング学会の会長をされたこともある群馬大学教授の山西哲郎さんは、夏のトレーニングについてこんなことを書いている。「困難なときほど、人間は考える動物になる。暑いときこそ、考える走者になる。・・・太陽が友だちのようになってから、夏の本格的トレーニングは始まる」(「RUNNERS DIARY1991」のコラムから)。
[PR]
by hasiru123 | 2008-07-27 19:03 | 練習

気象情報の指数化

気象庁が発表した向こう1ヶ月の長期予報によると、関東地方の平均気温は「高い確率が50%」だそうだ。低い確率が20%、平年並みの確率が30%なので、「高い+平年並み」すなわち「平年並み以上」の確率は80%になる計算だ。今年も暑い夏になりそうな気配である。

陸上競技はおしなべて、トラックかフィールドかを問わず、競技結果が気象条件に左右されやすい。長距離種目では、気温と風力(風向きも)、そして湿度が大きく影響する。レースの組み立ては、この3つの条件を抜きにして語ることはできないといっていだろう。

私たちが日ごろ利用する天気予報では、気温と風力については3時間ごとの予報を得ることができる(中には1時間ごとの予報を提供しているサイトもあるが)。ところが湿度については、詳しい情報(たとえば何パーセントというような)が少ない。過去のデータについても同様のことが言える長距離走では他の二つと並んで湿度が重要な要素である。

高温でも湿度が低ければ走りやすいと感じる、反対に低温で湿度が高い場合も同様だ。風も心地よいと感じるときもあれば抵抗勢力と感じられるときもある。よくいう体感温度とは、温度と風力、湿度の3つのバランスの中にある3次元の世界なのだ。

ビジネスでは、企業の浮沈をかけて様々な気象情報が利用されている。この9月から、あるコンビニチェーンでは「体感指数」というのが使われるそうだ。刻々と変わる気温、湿度、風速や降水量の予測を計算式に当てはめ、消費者が暑さや寒さをどう感じるかを数値化する。これに紫外線情報やビールをどの程度飲みたいかなどの指数、イベント情報などに店舗在庫量をぶつけて最適な発注量を決める。季節商品を多く扱う百貨店やスーパーはもとより、人命を預かる鉄道会社や金融商品を売り出す保険会社なども積極的に気象情報を使いだした。

「体感指数」というのは、アスリートにとってはのどから手が出るほどほしい情報ではないだろうか。さらに個人的な属性情報(気象条件と個人記録との相関関係など)を付加すれば精度の高い予測と戦術を描くことができる。このような発想のもとにマラソン用のプログラムが世に出されるならば、多くのユーザーを獲得できるような気がするのだが。
[PR]
by hasiru123 | 2008-07-20 22:58 | 基礎知識

c0051032_22473418.jpg





夏の高校野球地区予選がたけなわだ。自宅の近くにある野球場でも7月11日から南埼玉地区予選会(注)が始まった。応援の歓声やトランペットの音が建物に反射して、野球場とは反対の方向から残響が聞こえてくる。

その球場で昨日は、春の高校野球で埼玉県大会の優勝校だった市立川越と朝霞との2回戦が行われ、延長15回で1対1の引き分けとなった。今日、再試合が組まれたので6回から観戦してきた。どちらも堅い守備でゼロ行進がつつく。今日も延長戦かと思われたが、8回裏に市立川越が2本の二塁打で1点を挙げ、勝ち越した。難産の末の初戦突破だった。

一方、春のセンバツで準優勝した聖望学園は、昨日初戦敗退している。同校は春の高校野球(県大会)では市立川越に次いで準優勝だった。今大会では、両シード校同士の再戦になるのではないかと期待していたが、それはなくなった。

高校生の熱い闘いは野球だけではない。野球とアメリカンフットボールを除く多くの種目の高校生アスリートたちは、インターハイ(高校総体)に向けて駒を進めていく。全国高等学校体育連盟のサイトで調べたら、1948年に学校改革により明治神宮外苑競技場で第1回大会が行われ、1963年の第16回大会からは全国高等学校総合体育大会のひとつとして行われるようになった、とある。今年、埼玉県で初めて開催される。陸上競技は、7月29日から8月2日まで熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われる。

インターハイに出場するのは並大抵なことではない。各都道府県大会で6位以内に入り、なおかつその後の地区大会(埼玉県の場合は北関東大会)で6位入賞した選手が、全国大会の出場権を獲得する。ハードルの厳しさは、野球の甲子園に匹敵するといえるのではないか。

陸上競技の中長距離での埼玉県勢のレベルは高く、男女とも地区大会を勝ち抜いた各種目の半数以上を県内の選手で占めている。特に男子1500mは、地区大会に出場した6名中5名が全国大会の出場権を得ている。また、男子5000m競歩のように全国トップクラスという種目も少なくない。

熊谷市は昨年8月に岐阜県多治見市と並んで、40.9度という国内観測史上の最高気温を記録した。74年振りの記録更新だったそうで、思い出すだけでも汗が出てきそうだ。今年も猛暑になるのだろうか。炎天下で長時間の競技となる中長距離の選手は、特に熱中症に細心の注意を払ってほしい。そのうえで、北京の次につながる大会になればと期待している。

(注)今年は90回記念大会につき、埼玉県からは北埼玉と南埼玉の2地区からそれぞれ代表を送れる。

(写真)川越初雁球場での市立川越-朝霞戦
[PR]
by hasiru123 | 2008-07-13 22:50 | その他

ダーウィン展


ランニングをはじめとするスポーツは、「科学」に支えられて進化してきた。技術面だけでなく、体のメカニズムや食生活、メンタルコントロールなどの各分野で科学を総動員して、その結果現在のスポーツの姿があるといえるのではないか。

科学について、一般の市民ランナーが、というよりはむしろ私自身が肝に銘じなければならいのは、科学について専門的な知識を持たないことで、つい丸かじりや鵜呑みに陥りがちなことである。「発掘!あるある大事典Ⅱ」のねつ造番組報道を始めとするいわゆる「とんでも科学」が幅をきかす中で、科学に対して謙虚に向かい合っていく姿勢が大切だと思う。

閑話休題。閉幕2日前に念願の「ダーウィン展」(国立科学博物館で開催)に行ってきた。ダーウィンの73年の生涯と進化論、そしてダーウィンが魅せられた生き物の世界や自然科学について、豊富な資料と映像で紹介したものだ。今年はダーウィンが『種の起源』を公表してからちょうど150年、そして来年がダーウィン生誕200年にあたるそうで、展示を見て知った。

私にとってダーウィンとは、まだ進化論の序の口にもたっていない自分への鼓舞に似たものがあって、楽しみにしていた。かつて、『種の起源』を読まずして今西錦司の『ダーウィン論』を読んで進化論がわかった気がしていたことへの反省もある。

進化論の考え方はダーウィン以前にもあった。しかし、系統という概念で関連づけ、生物学を自然科学として体系にまとめあげた点で、革命的であった。ダーウィンから150年たって、自然選択理論の進化論は、時代から合わなくなるどころか生命科学や情報科学と融合する形でますます「進化」しつつあるように見える。もっと知りたいという気持ちが強い。

5年かけてガラパゴス諸島やオーストラリアを周った「ビーグル号」での世界一周旅行や、著書『種の起源』の出版までにかかった約20年の研究と苦難の日々などを、手紙やノート、動植物の標本・模型などを通して、ダーウィンが進化論の発表に至るまでの経緯の一端を知ることができた。ビーグル号の探検で採集されたおびただしい標本類の中で、たった一つだけ日本の国立科学博物館に所蔵されているものがある。体長5mmそこそこの小さな甲虫(フエゴチビゴミムシ)だ。比較的大型の生物を研究対象にした進化論を築き上げたダーウィンが、このような小さな昆虫類まで目を配っていたということは、彼の研究領域の広さを示す証といえるだろう。

人類は生誕とともに走り続けてきている。私たちのたどってきた道筋を見つめ直す意味で、ダーウィン展はとても興味深く、かつ刺激的だった。
c0051032_22553450.jpg
(写真)国立科学博物館入り口付近のスクリーン
[PR]
by hasiru123 | 2008-07-07 07:33 | その他