<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

選手たちは何のために走る?

男子はケニヤ9でエチオピア3、女子はケニヤ5でエチオピア3。これは、北京五輪の800mからマラソンまでの中・長距離種目で獲得したメダル数である。ちなみに、総メダル数は男女ともそれぞれ18個。この結果から、男子の場合はメダルの半数をケニヤが占めた計算になる。

アフリカというくくりで見ると、男子は16、女子は9。特に、男子のアフリカ優位が顕著である。このようなアフリカ勢のメダル集中は何によるのだろうか。もともと持っている素質や日ごろ生活している環境が走ることに適していたこと、走ることに生活がかかっていることなど、いろいろあげられるだろう。

ケニヤ選手は、男子マラソンで優勝したワンジルを始めとして日本を拠点に活動している選手が多い。本来の資質に加えて日本で技術を学び、走力に磨きをかけた点もも逃せない。ワンジルはレース後のインタビューで、日本の渡辺先生(仙台育英高校時代の指導者)に忍耐力を教えてもらったと語っている。耐えること、粘ることは日本人選手の長距離走における大きな強みであった。長距離王国のケニヤ選手に盗まれるとは、ある意味ではうれしいことである。

日本には、高校、大学、実業団に多くのケニヤ選手が所属している。海外へ行かなくとも国内で優秀な選手たちと走り、学ぶことができる。実力の差がありすぎて競走にならない場面もあるが、日本人選手がケニヤ選手から学ぶことも多いはずだ。現に、長期にわたってケニヤからの留学生を受け入れている仙台育英高校では、全国高校駅伝で留学生の活躍に刺激されて、日本人高校生が想定以上の力を発揮する場面を何度も見てきた。ここは、日本人選手もケニヤ選手から大いに学び、盗もうではないか。

五輪に出場した選手たちは何のために走るのか。何のためにメダルにこだわるのか。テレビの画面を見ながら、この2週間あれこれ考えた。想像するだけでも楽しいものがある。走った選手の思いは、選手の数だけの自伝が編み出されるるのではないかと思う。それでは、五輪を見る人は何を期待してテレビのスィッチを入れるのか。

私だったらこう答えるだろう。<選手たちが真剣に競技する姿を見て、自分も「私見る人」ではなく、選手から走ることの楽しさをもらおうとしている>。日本人選手がメダルをとってもらえればそれにこしたことはない。しかし、とれなくてもあまり気にしない。競技の中から一つでも夢を運んでもらえればそれで大満足なのだ。

私は最近帰宅が遅いため、走る時間を確保することが難しくなっている。それでも寸暇を惜しんで練習しようと時間を捻出するのは、走ることが楽しいからに他ならない。応援する立場からで恐縮だが、アスリートの頂点に立つ人には、勝ち負けだけではなく、見る人、応援する人に夢を与える役目があると思っている。幸い、わが国には敗者をバッシングする風土にない。ぜひ選手自らが楽しむとともに、私たちにも走る楽しみを分けていただきたいものだと、少し欲張りなことを考えている。

北京五輪では、心にに残るシーンや躍動を感じさせるプレーが多くあった。残念なのは、女子マラソンで快走を期待されていた野口みずき選手の辞退の、その後、である。ぎりぎりまで身体を絞ることによる故障リスクはやむをえないと思うが、「北京では運悪く体調を整えられなかったが、これで終わりではありませんよ」とでもひとこと肉声を聞かせてくれたなら、ほっとする。今回のように書面でのコメントだけでは、何か寂しい。

選手の走る姿を見て、また選手自身の語り口を聞いて、なんだか楽しそうじゃないか、私も走ってみるか。そう思わせるのもトップアスリートの重要なミッションだ。金メダルよりもメッセージこそが五輪の一番の土産だと思うのだが。
[PR]
by hasiru123 | 2008-08-31 22:09 | その他

北京五輪/男子マラソン

男子マラソンは快晴の中でスタートした。24度だった気温はゴール時には29度に上がった。直射日光を受けた選手たちには数字以上の暑さを感じたのではないだろうか。スタート直後からリタイアする選手が見られたことからもそのことが伺える。

優勝したのはサムエル・ワンジル(ケニア)で、7月まで日本の実業団で活躍していた選手だ。10キロ手前から8人前後に絞られた先頭集団の中では一番出入りが多く、終盤以降のスタミナに影響しないだろうかと思われた。ワンジルが前へ出るとペースが上がり、後方に下がるとペースが落ち着く。結果的には、スタートからゴールまでレース全体の流れを支配していたといえる展開だった。

それにしても、最初の5キロが14分52秒で入り、10キロまでと20キロまでのそれぞれの5キロが14分33秒まで上がったのには驚いた。以降も大きくペースを落とすことなく走り抜いた。この走力はどこからきているのだろうか。

これまでの五輪男子マラソンは、前半にスローペースで入って後半ペースアップし、終盤でサバイバルレースになるというのが定番だった。トップ集団は、五輪ではなくベルリンマラソンかロッテルダムマラソンのように、記録を狙って走る選手が多い賞金レースを思わせる速い流れだった。高温ではあったが湿度が50%台で、アテネのような高温多湿ではなかったことも、力のあるランナーには有利に働いたかもしれない。

この1年で世界のレベルは大きく上がった。08年の世界トップ10には2時間6分以内でないと入れない。しかも、6分を切る選手が5名いる。そして、ハーフマラソンの飛躍的に記録も伸びている(ワンジルはハーフマラソンの世界最高記録保持者)。厳しい気象条件でない限り、五輪でも高いスピード能力持つことがマラソンの基本条件であることを示している。

13位に入った緒方剛(中国電力)は、残念ながら入賞までは手が届かなかった。しかし、後半少しずつ順位を上げ、よく粘った。不調が伝えられていた佐藤敦之(同)はしんがりを勤めることになったが、最後まで走りきった。また、大崎悟史(NTT西日本)は直前の故障でスタートラインに立つことができなかった。

佐藤は、76位でゴールすると左右の観客席に向かって深々と一礼した。さわやかなマナーに感心するとともに、今度こそ敗北から立ち直るぞ、という気持ちが伝わってきて、心強い思いがした。3名のランナーには、勝利の女神が微笑まなかったが、失敗から目を背けないで、大いに反省し、そのうえでもう一度スタートラインに立ってほしいと思う。
[PR]
by hasiru123 | 2008-08-24 19:12 | 話題

北京五輪/女子マラソン

19キロ過ぎにコンスタンティナ・トメスク(ルーマニア)が集団を抜け出した。徐々に差を拡げて、30キロ地点では57秒の差になった。トメスクが特にペースアップしたというわけではないのに、他の選手がだれも対応しなかった。最近の女子マラソンでは、前半から飛び出したランナーはたいてい終盤で2位以下の集団に捕まって、優勝争いから消えることが多い。選手のレベルが上がり、層が厚くなった最近は特にその傾向が強い。トメスクがこのままトップを維持できるとは思えなかった。

集団の選手たちにもそんな思いがあったのではないか。優勝候補と目される選手のほとんどが第2集団の中に入っていたからだ。正直なところ、トメスクについてよく知らなかった。というのは、2時間21分30秒(05年シカゴマラソン2位)というすばらしい記録を持ってはいるものの、今年行われた大阪国際女子マラソンでは9位ということで目立った存在ではなかったからかもしれない。

集団との差はゴールまで詰まることなく、トメスクが2時間26分44秒で逃げ切った。キャサリン・ヌデレバ(ケニア)がゴール手前で周春秀(中国)を振り切って2位、周が3位でゴールした。集団を形成した選手たちは、慎重さを求めるがゆえに戦況を読み違えた。ペースアップといっても5キロを17分台。経験豊富なトメスクにとっては単独でも十分にキープできるスピードである。ヌデレバやと周らにとっては、集団の中の選手たちをマークしつつも先頭との距離を一定の範囲内に抑えておく両にらみの作戦が必要だったのではないだろうか。二人のゴール近くでのすばらしいデッドヒートを見るにつけ、惜しいことをしたと思う。ここは、トメスクの果敢かつ頭脳的な戦術をほめるべきかもしれない。

一方、残念なことに日本選手にとっては故障の連鎖となってしまった。野口みずき(シメックス)は「左大腿二頭筋の肉離れと半腱様筋の損傷」で出場を辞退し、土佐礼子(三井住友海上)は出場したものの左足外反母趾の痛みが高じて25キロ過ぎで途中棄権した。二人とも、故障というリスクと紙一重のところでギリギリまで高地合宿を行い、身を削るような厳しいトレーニングを課してきた。何としても残念だ。この失敗は、4年後にぜひ活かしてもらいたい。見直すべきは、高地トレーニングが身体に与えるリスク、故障の芽を早く摘むとともに故障発生時の善後策や補欠活用のあり方などだろう。

初出場の中村友梨香(天満屋)は最後までねばり、2時間30分19秒で13位となった。中村は、27キロまでいい位置取りで集団の一角を占め、マラソンの優れた資質を持っている一面をのぞかせた。これからが大いに楽しみな選手である。

今回出場した選手で特筆すべきことは、ベテランランナーが健在なことである。トメスクは38歳で、ヌデレバは36歳。6位入賞のマーラ・ヤマウチ(英国)は34歳、そして10位のリディア・シモン(ルーマニア)は35歳だ。マラソンは豊富な経験がものをいうことから、若いランナーには厳しい種目なのかもしれない。
[PR]
by hasiru123 | 2008-08-17 23:43 | 話題

4年振りのレース

c0051032_2354787.jpg

北京五輪が開幕した。そしてこの暑さ。だからといって、テレビ観戦にこもってしまうのは私の性に合わない。涼しい時間を使って、積極的に外へ出たい。

暑さが一段落した10日、私の住んでいる川越市の運動公園陸上競技場で市民体育祭の陸上競技大会が開かれた。私は3000mに出場した。実は、個人レースは4年振りのことで、まずは比較的短い距離からの足慣らしである。

3000mのスタートが12時10分ということで、35度を超える猛暑の中でのレースを想定していたが、意外の涼しさに拍子抜けといった感じである。ウエザーニュース社の気象サイトによると川越地域の午後13時現在の気温は28度だった。それにおつき合いしたわけではないが、結果の方もやや想定外の記録であった。1000mのラップは3分20秒、2000mは7分37秒、そして11分7秒でゴールした。尻上がりにペースアップしていきたかったところだが、終盤思うように上がらなかった。

今秋以降は5Kと10Kのレースを中心に積極的に出場したいと考えている。そのためのステップアップというつもりで走った3000m。左足の外反母趾が十分に回復しない中での見切り発車だった。レースの緊張感を体感するにはいいトライアルだったと思う。

今年の走り具合が昨年までとちがうのは、スピードを加えた練習ができるようになったことだ。ペース変化への対応は鈍いが、スタミナはついてきた。ようやくここにきて、個人レースに出てみようという気持ちになった。しばらくは種目の距離を伸ばすことよりも、若干乳酸が発生するくらいの短かめのロードレースで調子を確かめていきたい。

(写真)中学女子100m予選
[PR]
by hasiru123 | 2008-08-10 23:06 | 練習

埼玉インターハイ(下)

    男子5000m決勝
c0051032_2235526.jpg

夕日が沈み、スタンドの照明がいっぱいに灯ったころ、第3コーナーに選手が並んだ。この日最後の決勝種目である男子5000mが始まる。注目は、2日前に行われた1500mの優勝者ポール・クイラ(仙台育英)が2年連続で5000mとの2冠を達成できるかであった。そして、村沢明伸(佐久長聖)をはじめとする日本人選手がどこまで食い下がれるかも期待された。

スタート直後からクイラが先頭に立ち、集団は早くも村沢、マイケル・ギチンジ(青森山田)、中原大(世羅)ら有力選手が続く縦長の形となった。1000mのラップは2分44秒。14分を切れるくらいのまずまずのペースだ。
c0051032_2253120.jpg

3周目から急激にペースが上がり、クイラと村沢らとの距離が少しずつ離れていく。それもそのはず、つぎの1000mのラップが2分36秒に上がっていた。実業団選手の国内レースでもまず見られないハイペース、そして鋭いギア・チェンジだ。それでも、2000mの地点で村沢らは4秒遅れにとどまり、追走する。

続く1000m(2000mから3000m)のクイラのラップは、2分46秒に落ちた。しかし、その他の選手はさらに落ち、3000m地点で村沢らとのタイム差は15秒に開く。クイラは、その差を最後までキープしてゴールした。終盤に、ギチンジが追い上げて2位に入り、福士優太朗(西脇工)が続いた。村沢は終盤遅れて、6位にとどまった。

暑い最中ではあるが、村沢らには留学生選手たちに引っ張られて、なんとか夏のレースでも13分台で走ってもらいたいと期待していたが、あと少しというところで届かなかった。1000m以降のペースアップに無理してつこうとしたのが、後半の失速につながったかもしれない。しかし、あそこでつく努力を惜しんだならばタイムはもっと落ち込んだかもしれない。日本人選手たちの果敢な走りには、大きな拍手を送りたい。というのも、クイラの実力は世界の高校生のトップクラスの走りだからである。ここは、世界のトップと肩を並べて競えたことの幸せを多とすべきだろう。

記録は以下のとおり。

1位 ポール・クイラ(仙台育英)  13分48秒93
2位 マイケル・ギチンジ(青森山田)14分0秒57
3位 福士優太朗(西脇工)     14分0秒65
4位 田村優宝(青森山田)     14分1秒14
5位 上野渉(仙台育英)      14分2秒82
6位 村沢明伸(佐久長聖)     14分4秒53
[PR]
by hasiru123 | 2008-08-03 22:07 | その他

埼玉インターハイ(上)

    混成競技の連帯感

高校生の混成競技としては、男子が八種競技、女子が七種競技となっている。私が観戦した8月1日には、女子七種競技の2日目が行われていた。やり投げと最終種目の800mを見た。

優勝したのは神田早妃(園田学園)で、5003点。彼女は昨年の同大会で、6種目目まではトップをキープしていたが、最終種目の800mで逆転されたという悲運を味わっている。今年は、800mで岡部ソフィ満有子(山形北)に追い上げられたものの100点以上の差をつけてチャンピオンに輝いた。

混成競技をやったことのない私には想像がつかないが、2日間にわたってフィールドの異なる7種目を戦うわけで、多くのパワーとスタミナを必要とする大変過酷な競技と聞く。プログラムを開いてみると、1日目10時の100mHを皮切りに、11時10分走高跳、14時40分砲丸投、16時30分200m。そして2日目は、10時走幅跳、14時20分やり投、18時15分800m。コール、競技地点へ移動、競技、これを7回繰り返す。その間に、ウォーミングアップとクーリングダウン、休息、給食が入る。アイアンマン(ウーマン)と呼ばれるゆえんである。

七種競技の場合は、各地区を勝ち抜いた上位3名からなる計33名で競う。地区大会や前年の大会などで顔を合わせた人もいるが、大半は初めての出会いではないかと思う。33名のアスリートたちが2日間を通して競技をする中で、自然に闘志とは別の連帯意識のようなものが生まれるのは想像に難くない。

4組に分かれて行われた800mが終わり、最終組の記録が電光掲示板に表示されると同時に七種目の総合得点の結果がアナウンスされた。だれからともなく、出場した選手が一斉にゴール地点に集結してお互いの健闘を讃え合う。そして記念写真の撮影が始まった。混成競技だからこそ見られシーンだろう。男子5000m決勝が始まるまでのわずかなひとコマであった。

c0051032_21194782.jpgc0051032_21485148.jpg






(写真左) 男子200m決勝   (写真左)女子4×400mリレー予選
[PR]
by hasiru123 | 2008-08-03 21:58 | その他