ブログトップ

夢のマラソン

ビルドアップ走

今朝は、今年最後の若葉グリーンメイトの練習会に参加した。

走った場所は、いつもの練習で使用している千代田公園-高麗川大橋間の往復コース(約22キロ)である。今日のメニュの基本はビルドアップ走という位置づけだが、ジョグでもペース走でもかまわない。走る距離も、そのときの体調や自分の走力に合わせて、適宜ショートカットすることが可能だ。

8時過ぎにスタートしたが、田園地帯や高麗川の土手を走ると、北西の季節風が冷たく、往路はほとんど汗をかくことはなかった。それでも、日差しをいっぱいに受けているから、後半で追い風になると汗が背中からにじんでくる。

私の体調面でいうと、最近長い距離を踏んでいないことと、外反母趾に伴う親指の付け根の痛みがあって、とてもビルドアップ走とはいえない出来であった。およそ5分半(1キロ)のイーブンペースで刻み、終盤だけ少しビルドアップさせた。このほんの少しのビルドアップが大切だと思っている。年末年始は、このような軽めのランニングを続けて、来年のコンディションの回復につなげたい。

さて、このビルドアップ走について、整理してみたい。本来の意味は、全コースの距離を分割し、段階的にペースを上げて、終盤にフルスピードに近いペースまで高めていく練習方法である。たとえば、20キロを走るとしたら、最初の5キロを6分ペース(1キロ)で走り、次の5キロを5分半ペース、その次が5分ペース、最後の5キロを3分40秒ペースまであげて、終わらせるといった具合。

ビルドアップ走のバリエーションはいろいろあって、短い距離のビルドアップ走を何回か繰り返す方法や、ビルドアップを繰り返す度にペースの上げ方をより高めていく方法などがある。また、インターバル走との組み合わせで、疾走するときのラップを少しずつ高めていく方法もある。1000m×7の場合で、1本目は3分45秒から入って、本数が進む度に3秒ずつあげていき、7本目では3分27秒で走るなどである。

スピードプレイもビルドアップ走の分類に含めることができる。分割する距離を少しずつ短くし、段階を経るごとにペースも高めていくものだ。たとえば、3キロ、2キロ、1キロと走り進めるに従って、ペースアップの幅を大きくしていく。この方法は、レース直前の場合などに調子の引き上げを図るために行うと効果的だ。

ビルドアップ走を行うときに注意したいのは、調子が良くてもオールアウトまでペースアップさせないことである。スピードが上がって気持のよい走りができたところで終了させるのがコツである。追い込むことが目的ではないからだ。今日気持よく走れたことで、明日もしっかり走れそうだ。明日はもっと頑張れそうだ。そういう気持ちになれれば、ビルドアップ走の目的は達せられたと考えてよい。明日の練習への橋渡しに、ビルドアップ走は欠かせない。

今日の練習で、最後に少しだけペースアップさせたのは、来年のランニングのための橋渡しだったと考えている。これからも引き続き「楽走」をモットーに走り続けたい。
[PR]
by hasiru123 | 2009-12-27 22:50 | 練習

駅伝の失敗

ここしばらくは冬晴れで、乾燥した毎日が続く。冬至(12月22日)まであと二日だ。晴れているから気づくのかもしれないが、日の入りは少し延びている。16時半を過ぎても薄明が残っている。埼玉県地方の今日の日の入りは16時31分だった。一番早かった12月上旬に比べると約4分延びている。

反対に、日の出はあと5分ほど遅くなる。1月上旬から中旬にかけてがそのピークで、埼玉県では6時52分位だ。冬至の日が日の出が一番遅い日(夏至なら日の出が早い日)にならないのは、均時差という天文学上の原因による。それは、地球の軌道が円ではなく楕円体であること、黄道面と赤道面が一致していない(傾いている)ことによるのだそうだ。たしか、そんなことが『暮らしの気象学』(倉嶋厚著)に書いてあった。

早朝型ランナーの私としては、日の出が早くなるのが待ち遠しい。寒さのピークは1ヶ月以上先のことだが、気持ちだけは日差しを受けて走る方が暖かく感じるからだ。

さて、今日は全国高校駅伝が京都市で行われた。男子は、世羅(広島)が2時間4分9秒で3年ぶり6回目の優勝を果たした。予選タイムトップの須磨学園(初出場)は、4位に終わった。また、埼玉県から初出場の武蔵越生は29位だったが、地区代表として出場した埼玉栄は11位と健闘した。

今年は初出場が7校あったが、全国大会というプレッシャーや調整の失敗などで力を出し切れないチームが多かった。その反面、県大会では代表の座を勝ち取ることができなかったものの、地区代表として参加した11校のうち4チームが県大会の代表校をしのいだ。いぞれも、西脇工を始めとする出場経験の豊富な伝統校である。初出場での失敗と経験はきっとこの次に生かせるはずだ。

失敗といえば、私も今日大きなミステイクをしてしまった。出場した川越市民駅伝大会でのことだ。一般Bの部(40歳以上)に若葉グリーンメイトチームのアンカーとして走らせてもらったが、ナンバーカードを勘違いして、1位で入ってきた4区の走者からタスキを受ける際に相当のロスタイムを生じさせてしまった。幸いにも順位を下げることにはならず、大事にいたらなかったが、大いに反省しなければならない。
c0051032_23485482.jpg

c0051032_23494282.jpg

c0051032_235008.jpg

(写真上) 1区のスタート(先頭はゲスト参加した大東大チーム)
(写真中) 表彰を受ける若葉グリーンメイト
(写真下) 表彰式後の記念撮影
[PR]
by hasiru123 | 2009-12-20 23:50 | 駅伝

全日本実業団女子駅伝をテレビ観戦した。優勝を果たしたのは三井住友海上で、2時間15分27秒で2年ぶりだ。大会最多7度目の優勝となる。2位に天満屋、3位には第一生命が入った。

三井住友海上は各区間の選手が安定した走りで上位をキープし、5区の大平美樹が首位を奪い、アンカーの大崎千聖で逃げ切った。同チームは区間賞を一人も出さず、まさに総合力で勝利をもぎ取った。駅伝の強さは、一人のエースの力よりも、全員の力の総和である、というお手本のようなレースだった。

勝敗を分けたポイントは二つある。一つは、各チームのエースが集まった3区(10キロ)で、天満屋の中村友梨香が7位からデンソーを始めとする上位チームに追いついたが、逃げ切れなかったことだ。13位でたすきを受け取ったワコールの福士加代子が激走を見せて、6.3キロでトップに浮上し、そのまま中村らを振り切った。福士は、5キロのラップが15分14秒という驚異的なペースで追い上げ、最終的には31分02秒という区間新でタスキをつないだ。

今シーズンの中村の活躍から見て、区間賞は間違いなく、トップも伺えるのではないかと期待していたが、やや意外な展開となった。結果的に2位に甘んじ、必ずしも完調ではなかった渋井陽子(三井住友海上)を大きく離しきれなかった。

もう一つは、最終の6区で、1位と25秒差で5区の重友梨佐からタスキを受けた浦田佳小里(天満屋)が、大崎を詰めきれなかったことだ。5000メートルの持ちタイムでは、浦田の方が約15秒のアドバンテージがあるので、無理を承知で前半にもっと追い込んで射程距離まで詰め、大崎をあわてさせる戦術もあったかなと、思った。ゴールでは、11秒差まで詰めることができただけに、残念な気がする。
[PR]
by hasiru123 | 2009-12-13 18:59 | 駅伝

この1年を振り返る

今日、12月6日は福岡国際マラソンを始め早明戦(関東大学ラグビーの最終戦)、フィギュアスケートのグランプリファイナル、全日本総合バトミントンなどが行われた。これまでも、12月第1日曜日は日本の代表的なスポーツイベントが集中する特異日として記憶に残っている。
c0051032_2316507.jpg

私も、黒山・鎌北湖駅伝の参加にランニングクラブの忘年会と、あわただしい1日だった。駅伝は、久しぶりにクラブのAチームとして走ることになったが、現在の自分の力としては分不相応な役回りで、チームの成績に貢献することができなかった。朝霧の中での心地よいウォーミングアップと暖かい日差しの中での疾走を体験できたことをもって良しとしたい。
c0051032_23163689.jpg

夕方から行われた忘年会では、この1年の活動を振り返って、歓談と各種イベントで盛り上がった。また、小クラブの顧問で大東文化大学教授の青葉昌幸さん(関東学生陸上競技連盟会長)にもご出席いただいて、来年正月の箱根駅伝に期待するところや選手の育成のあり方などについてお話しいただいた。高校で好成績をあげた選手の獲得競争が過熱化する中で、将来成長する可能性のある選手をいかに発掘し育てるかが、監督、コーチの腕の見せ所であるという。今年の箱根で最優秀選手に輝いた東洋大の柏原竜二選手のような、新しいヒーローの誕生に期待したい。
c0051032_2316024.jpg

私たちの住む川越市や坂戸市、鶴ヶ島市周辺では、東上線沿線を練習拠点とする大学の活躍が光った年だった。最近映画化された三浦しおんさんの小説『風が強く吹いている』は青葉さんを始めとする大東文化大学陸上部の皆さんの協力で作られた。また、映画の方は(私はまだ観ていないが)城西大学陸上部の協力でランニングの演技指導や練習風景の撮影が行われたそうだ。先にも書いたとおり、東洋大学は今春の箱根駅伝で見事初優勝を勝ち取った。そして、大東文化大学は大方の予想を覆して(と言っては失礼かもしれないが)箱根で4位に入り、復活の兆しを見せた。

翻ってわがクラブはどうだろうか。今日の黒山・鎌北湖駅伝では5チームでエントリーしたが、実際には5チームを編成することができず、4チームがやっとというところだった。毎週日曜日に実施している練習会の参加者数は対前年比でマイナスである。政府が発表する景気指数の判断ではないが、昨年に比べると「足踏み」状態といえるのではないか。この辺が、来年の課題になりそうだ。

ところで、日本男子のマラソンが赤信号である。福岡国際マラソンでは、ツェガエ・ケベデ(エチオピア)が世界歴代9位となる2時間5分18秒で2連覇を果たした。日本国内のレースで、2時間5分台が出たのは初めてである。日本人選手では、下森直(安川電機)が9位に入ったのが最高だった。 日本勢は序盤からトップグループにつけず、唯一の招待選手の佐藤智之(旭化成)は、中盤まで第2集団で続いたが、30キロ以降で失速した。これまた、新しいヒーローの誕生に期待したい。

(写真上)若葉グリーンメイトAが使用したナンバーカード
(写真中)忘年会のメニュの一部
(写真下)スピーチする青葉昌幸さん
[PR]
by hasiru123 | 2009-12-06 23:18 | その他