<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

パラダイムシフト

世界陸上が終わって1ヶ月近くが過ぎようとしている。中長距離では、東アフリカ勢の強さだけが印象づけられた。周回遅れの状況にある男子日本は、さらに世界との差が広がりそうな気配である。

ニッポンランナーズ代表の金哲彦さんが、毎日新聞の「時評・点描」欄でこんなことを書いていた。世界のスピードレベルが進化した中で「これまでの延長線上では、追いつくことはおそらく不可能であろう」。そこで陸上界でも経済用語である「パラダイムシフト」が必要だ、というのである。つまり、「常識にとらわれるな」「常識をくつがえせ」ということだ。

同感である。確かに、これまでの仕組みの改良や強化では、到底太刀打ちできそうにない。何か新しい方向を見出さない限り、出口はなのではないか。それほどまでに、日本は世界から遠く離されてしまっている。

おそらく、現場のコーチや陸連の上層部では解決策を見出そうと必死に取り組んでいることと思う。また、指導者の中にはすでに解決の糸口を見出している方もおられるかもしれない。しかし、パラダイムシフトの具体的な中身について、どのような検討を進めているのか、また議論されているのかについて耳にしたことがない。わからないことや迷っていることなどをオープンに出し合い、出直すことが必要ではないだろうか。

5千メートルや1万メートルは、高いスピード能力が勝敗を分ける。精神力や技術力だけではいかんともしがたい壁だ。ところが、これらの中長距離種目に比べてマラソンは世界に追いつくチャンスが十分にあると私は考えている。

「今度マラソンを走るんです」と話すと、よく「大変ですね」と言われることがある。「どうしてですか」と聞くと、「走る距離が長いし、それに練習もたくさんしなくてはいけないんでしょ」と返ってくる。確かに、マラソンはけして楽な競技ではない。しかし、数ある競技の中でマラソンが特に大変だとは思わない。むしろ、チャンスに恵まれることの多い競技だと言えるのではないか。なぜなら、走行距離が長くて、豊富な練習量が必要な競技ほど「技術の差で結果を出す」ことができるからである。この感覚は、私のような市民ランナーやビギナーのランナーだけでなく、トップレベルの選手を含めたマラソン全般に通じることではないかと思う。

「技術の差で結果を出す」とは、足し算の世界から脱却し、掛け算の世界で発想することを言う。たとえば、マラソンで2時間4分を切るには1万メートルを27分前後で走る力を持たなくてはいけない。また、そのためには5千メートルを12分台で走るスピードを磨かなくてはいけない、と考えるのは足し算の世界である。この発想だと、現在の日本人選手のスピードではどこまでいっても世界に追いつことはできないだろう。

ところが、1万メートルや5千メートルでは周回遅れのスピードしか持っていないとしても、マラソンでは対等に戦える力を身につける。それは掛け算の発想になる。そんな夢のような方法があるのか。

私は、あると答えたい。その方法のひとつは「LSD」である。マラソンの素材、すなわち身体能力を開発するのである。「長時間走ることによって、抹消毛細血管を開発し、心肺機能をも高め、最大酸素摂取能力を高める」、「トレーニングで養ったものを受け止められるための大きな器、長距離走に向く体を作り上げ」(佐々木功著『ゆっくり走れば速くなる』18ページ)ることが可能なのはLSDだからではないかと思う。

1の力に2の練習量を与えれば2になる。1の力を1.2にして2の練習量を加えれば、2.4になる。素材を開発して、練習量からは得られないプラスアルファを引き出すことが大切でだ。それが可能となるのはLSDである。

スタートからゴールまで42.195キロしかないと考えるか、42.195キロもあると考えるか。前者であれば、1万メートルを27分前後のスピードで走り抜けるのが近道である。私は、後者を採りたい。マラソンのゴールまでは、いろいろな坂(障害)がある。この坂を越えるには、スピード以外の身体能力の開発という技術的な要素を必要とする局面があるはずだ。身体能力の開発は後天的に付加することが可能で、しかもマラソンのもっとも基本的なトレーニングである。ここに、世界に追いつく鍵が隠されていると考える。
[PR]

by hasiru123 | 2011-09-25 22:39 | マラソン  

コーロ・プリモを聴く

c0051032_2259499.jpg

再び合唱の話になる。高校時代からの友人の奥さんが参加している合唱団がコンサートを開くというので、昨日聴きに行ってきた。女声合唱団「コーロ・プリモ」が演じる”Harvest Consert”(収穫祭)である。ママさんコーラスとはいえ、その声量の豊かさと技量のすばらしさに魅了した。

関心を引いたのがプログラムの構成と衣装だった。

プログラムは、「Ⅰ宗教作品集」(4曲)、「Ⅱ木下牧子作品集」(5曲)「Ⅲ若林千春編曲集」(4曲)「Ⅳいのちの歌」(5曲)の5つのパートで構成されている。Ⅰ~Ⅲが前半で、木下牧子の旋律と若林千春という編曲の達人のアンソロジーで組まれていた。Ⅳは、よく歌われる最近の歌から選曲されていた。前半は聞かせる曲を、後半は楽しめる曲を中心にという演奏者の企図が読み取れるような気がする。

また、衣装は前半が純白のドレスで、後半がそれそれ色違いのポロシャツというカジュアルなスタイルだった。最後の演目の「コーラスかあさん」(新崎恵子作詞)では、全員がエプロンをつけての熱演だった。この歌ははじめて聴いたが、コーラスに熱心な母親を子供の側からユーモアたっぷりに描いた詩になっている。とても楽しく聴くことができた。
c0051032_230396.jpg

指揮と進行は岡部申之さんで、長年にわたって合唱活動や音楽指導をされてこられた。高校の2年先輩に当たる。高校時代には、NHK全国学校音楽コンクールで全国大会に出場して1位に輝いている。そんな経歴からはコーロ・プリモは少し違っていて、楽しむ音楽に魅せられ、そして自らも楽しんでいる。この団体に「幅広いジャンルの合唱音楽を紹介してきたのは私の音楽的枯渇であった」と、プログラムのあいさつに寄せている。

市民合唱団とはいえ、秋田景子さんという名伴走者と岡部さんという名指導者のもとで活動できることはうらやましい限りだ。実り豊かに「収穫」できることを期待している。

(会場:川越市やまぶき会館)
[PR]

by hasiru123 | 2011-09-18 23:01 | 芸術  

第6回第九の夕べin喜多院 10月10日に開催される

昨年始めて「第九の夕べ in 喜多院」を聴き、また撮影の機会もいただいた。200余名の混声による合唱が喜多院の杜にこだまする。合唱の醍醐味を堪能することができた。

その第九が、今年で第6回目を迎える。実行委員会が今日開かれた。ステージに立つ団員は、昨年よりさらに増えて277名になるそうだ。今年も埼玉中央フィルの宮寺勇さんがタクトを振るう。今年もソリストによる独唱がある。そして地元小学生による合唱も行われ、約50名の団員が声を聞かせてくれる。

昨年書いたブログにあるとおり、第九を歌う団員は川越市内だけでなく、県外からも参加がある。そして、団員を内側から支えているのが川越市合唱連盟や小仙波町自治会連合会の人たちだ。特に、自治会がこのような大規模なイベントに参画するのはあまり類例がなく、その行動力に感服した。合唱活動が盛んな川越市だからこそできるのかもしれない。

ところで、第6回用のポスターが先ごろ出来上がった。ありがたいことに、昨年撮った私の写真を採用していただいた。今年も担当させていただく。前回は、被写体のブレ具合や色調にやや不満が残ったので、今年は同じ過ちを繰り返さないよう工夫を凝らし、ビデオ撮りのN氏とともに切磋琢磨、競作といきたい。

日時  10月10日(月)18時
場所  川越喜多院境内 本堂前
主催  喜多院で第九を歌う会

なお、昨年の演奏については下記のサイトに詳しい。また、今年の模様はYouTubeの動画でも見られるよう交渉中とのことである。

参考 → http://www7b.biglobe.ne.jp/~koedo-shimbunsha/Pages/Dai9inKitain2010.html
[PR]

by hasiru123 | 2011-09-11 23:09 | 芸術  

テグ世界陸上 男子マラソン

世界陸上の男子マラソンは、予想どおりケニアが強かった。優勝したアベル・キルイは20キロ以降の5キロをすべて14分台でカバーした。特に25キロからの5キロは14分17秒まで上がり、5人の集団から抜け出した。

中盤とはいえ、これは驚異的なハイペースである。その他のアフリカ勢は誰一人ついていくことができなかった。キルイは、前回の世界陸上に次ぐ優勝で、事実上の世界のナンバー1といえる。

優勝者に対して「事実上の」などと余計な形容詞をつけるのも変だが、キルイは今年度の世界10傑には入っていなかった。ケニアには10傑に入る選手が7名いたが、それ以外にまだ強い選手がいたということだ。

そんな中で、日本の選手もよく走った。特に、7位入賞した堀端宏行(旭化成)は、22キロ手前から先頭集団からは離れたが、終盤よく粘った。できる限り先頭集団につくという積極さと、先頭から遅れた後にも一人ずつ順位を上げていくという切れない気持ちを最後まで持ち続けた点は大いに評価できる。誰よりも厳しい練習を課したという宗猛監督も、そしてテレビで解説していた瀬古利彦氏も堀端の伸びしろに大きな期待をかけているようである。今日の経験を踏み台に、ロンドン五輪、そしてロンドン以後に臨んでほしい。

中本健太郎(安川電機)も終盤粘って、10位に食い込んだ。そして、川内優輝(埼玉県庁)は18位だった。川内は、戦前クローズアップされ過ぎて、精神的には大変だったと思う。もう少し、楽な気分で走ってほしかったが、これも大選手になるためには避けて通れない壁だ。次に期待したい。

一方、各国上位3人の合計タイムで争う国別対抗戦では、この3名のがんばりで日本はケニアに次いで2位に入った。よく戦ったと思う。エチオピアやモロッコなどの強豪国を退けたことは、大きな意味がある。

今回の世界陸上では、女子もそうだったが、強いアフリカ勢はこれまでの個人プレーが影を潜め、集団の中でチームプレーに徹してレースに取り組んでいるようだった。複数のメダルを獲得しようというこの戦略に、他国の選手たちは対応することができなかった。五輪には国別対抗戦はないが、来年のロンドン五輪のマラソンでアフリカ勢の一角を崩す意味では、チームジャパンの2位は価値がある。
[PR]

by hasiru123 | 2011-09-04 19:51 | マラソン