<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

『栄光の岩壁』を読む

栄光の岩壁〈上〉 (新潮文庫)

新田 次郎 / 新潮社

栄光の岩壁〈下〉 (新潮文庫)

新田 次郎 / 新潮社


芳野満彦さんが、2月5日に亡くなった。

1948年、友人と2人で冬の八ケ岳を縦走中、悪天候に遭い、遭難。友人は凍死し、自らも重い凍傷になって両足の甲から先を失った。懸命のリハビリが奏功し、登山を再開。その後、北アルプス・前穂高岳四峰の又白側正面壁の積雪期初登攀に成功するなど多くの記録をつくり、日本人として初めて欧州アルプスの3大北壁(注)を登攀した登山家として知られた。

私の知る芳野さんは、新田次郎の『栄光の岩壁』を通してだった。あらためて読み返し、最後の第4章「二つの岩壁」で息が詰まった。マッターホルン北壁の頂上までワンピッチという場面である。

「ぼくは疲れた。トップを交替してください」
広は決定的瞬間の栄光を岳彦に譲ろうとしていた。
「なにをいうんだ。ここまでずっとトップをやって来て、ここでトップを交替するって法があるか、つづけてやってくれ、な、やってくれよ」
しかし広は首を激しくふって言った。
「ぼくは疲れた。とても最後のつめをやるだけの力がない。たのむから竹井さん、トップをやってください」

パートナーの吉田広は主人公竹井岳彦の痛めた足をカバーするために、1200メートルもあるというマッターホルンの氷の壁の大部分をひとりでトップを担当した。岳彦の古傷である凍傷して切断した両足先は血に染まっていた。岳彦の頂上へ向けた執念と広のやさしさ。この二人の心の触れ合いが、伝記とは一味違う、人間味を持たせている。

岳彦はリハビリで培った類い稀な上腕の筋力もさることながら、「僅かながら、靴の先のことが足の両脇に感じ取られるような気がした」という感覚を頼りに登攀訓練を怠らなかった。うまい言葉が見つからないが、苦闘シーンの数々がドキュメンタリータッチに陥ることなく、人間のドラマとして見事に仕上がっている、といえるだろうか。

この本を読んで自分も鍛えられたかな、と思えてしまうくだりがあった。それは、厳冬期の北アルプス・徳澤園での孤独な冬ごもりである。半年間に及ぶ山小屋の管理人として務めは、社会や人々から隔絶された孤独な生活だ。徳沢園を拠点に、岳彦は岩と氷の壁に食らいついた。芳野さんもきっとここで、登頂を目指す心を鍛えられたに違いない。

私は、冬の寒さに挑む気持ちが少し前向きになった。今年の春は遅いが、早朝のランニングが、あまり苦なならくなったから。いや、これは気のせいかもしれない――。


(注)アイガー、グランド・ジョラスとマッターホルンの切り立った北壁を三大北壁と呼ぶ。
[PR]

by hasiru123 | 2012-03-25 22:42 |  

駅伝偏重が日本マラソンの凋落を招いたのか

3月11日に行われた名古屋ウィメンズマラソンで、今シーズンの主要マラソン大会が終了した。昨年から今年にかかて実施された男女マラソンのロンドン五輪選考会では、川内優輝(埼玉県庁)を始めとする企業に属しない市民派ランナーの台頭がクローズアップされた。

ただし、日本男子は世界のトップとの差は一向縮まらず、女子はむしろその差が開いたのではないかとさえ感じられる。かつては世界を席巻した日本の男子マラソンだが、これほどまでに東アフリカ勢に水をあけられたのはなぜか。雑誌「東洋経済」の3月10日号に「駅伝変調が招いた/日本マラソンの凋落」という記事があった。この遠因は「駅伝」という日本固有の問題にあるという(記者はこれを”ガラパゴス化” 現象と形容)。

「42.195キロを走り抜くマラソンで結果を出すには、専用の練習を重ねなければならない」
「駅伝は最も長い距離でも1区間20キロメートル前後。スピードを重視するなど、マラソンとは練習の質が違う。特に駅伝直前1ヵ月はそれに重きがおかれるため、前後に控えるマラソンは準備不足になる」
「世界の強豪は恵まれた体格を持つうえ、マラソン専用の練習を積んでいる」

こういった駅伝の”ガラパゴス化”批判はよ聞くが、素直には首肯しがたいものがある。というのは、駅伝重視の練習がマラソンに不向きだとしても、5千メートルや1万メートルのトラックの長距離種目にはある程度有利に働いてもいいのではない思うからだ。トラックの走法と駅伝のようなロードレースの走法はかなり異なり、向き不向きもある。それでも、10キロのロードのスピードを持った選手は、トラックの1万メートルを走らせてもそれなりに強いのではないか。ところが、日本はマラソンよりもトラック競技の方が世界から大きく遅れをとっている。

それに対して、国内の実業団に所属しているケニア人選手は、日本人選手と同様の環境下で駅伝を走りながら、マラソンでもいい結果を残しているケースが多い。走力や対応力に優れたケニア人選手と比較するのは酷かもしれないが、日本人選手にだけ特に、駅伝重視がマラソンにマイナスに働くとは考えにくい。

企業に雇用されるからには、マラソンだけでなくPR効果の高い駅伝に力を入れるのはやむを得ないところだろう。そこでは発想を切り替えて、駅伝を避けるのではなくて、積極的に駅伝をマラソンのために活用するプラス指向が必要ではないか。個人的には、日本の実業団制度は世界のクラブチームの中でもっとも優れた仕組みだと考えている。なぜならば、多くのファンから応援をもらいいながら、企業が経済面で支援し、なおかつその中で長距離走に必要なスピードが養えるからだ。

駅伝練習とマラソン練習とのバランスをうまくとる。選手には、駅伝で培ったスピードや競走力をマラソンに利用するというしたたかな面があってもいいのではないか。選手はもっと工夫して、と勝手に自分にはないものねだりをしている。
[PR]

by hasiru123 | 2012-03-18 23:55 | マラソン  

日高かわせみマラソンに参加して

レースに出場できるということは幸せなことだ、と実感した一日だった。今日出場したこの大会は、昨年は東日本大震災の2日後にあたり、中止となった。大会のために準備したドリンク類や参加賞などは石巻市の被災地に送ったそうだ。今年は、一昨年の参加者数よりも200名ほど少なかったと聞くが、それでもこうして多くのランナーたちがスタートラインに立てたことを喜びたい。

この大会には、私は40歳代のときに10キロの部に出場したことがあって、それ以来2回目のレースである。また、個人レースとしては一昨年11月の大田原マラソン以降1年4ケ月ぶりとなる。大田原で1度だけ使用したマラソンシューズはほとんど汚れがなく、新品そのものであった。果たしてゴールまで走り抜くだけの持久力があるだろうかと、心細いスタート前だった。

スポーツ競技はもともと数値のマイナスとか減少、後退というのは評価されないのが通常である。試験やビジネスの世界でもしかりである。体力を競う長距離走は加齢の影響を直接受けるので、記録の低下は避けて通ることができない。しかしながら、この日のように多くの老若男女のランナーがこぞって大会に参加するのは、記録以外のプラスアルファを期待するものがあるからに違いない。そのプラスアルファとは何かは、人それぞれだろう。

私の結果は、数年前の10キロの記録を1分近く上回るものだった。にもかかわらず、ゴールした後の満足度は高く、今後に希望をつなぐことができたレースだったと思っている。それは、これまでの自分のレースの展開は、5キロ走だと3キロあたりが、10キロ走の場合だと7キロあたりが鬼門で、ペースが落ち込む傾向が見られた。残り500m位になると元気をとりもどして、また頑張れるのだが。競走ということを度外視すれば、イーブンペースがベストパフォーマンスを実現する近道だと考えているからだ。

ところが、今日はスタート直後はやや速かったものの、全体を通してほぼイーブンのペースで進めることができた。過去のレースの中で、思い通りのペース配分で行けたのはあまり記憶にない。自分の描いた通りに展開できたという意味では、後退ではなく進化であった。失敗の経験が多少なりともペースをコントロールすることに生かせたのかなと、思う。

加えて、年代別のクラスで優勝することができた。望外の喜びである。そして、WGMメンバーも大活躍で、合計で2名の優勝者と4名の入賞者を出した。WGMからは来週、今シーズン最後のフルマラソンに出場する選手が何名かいる。ぜひ、今年度の有終の美を飾ってほしいと期待している。

大会のホームページはここ → http://www.city.hidaka.lg.jp/6,20091,24,105.html
[PR]

by hasiru123 | 2012-03-11 19:02 | マラソン  

代表選考は複眼思考で

ロンドン五輪の代表選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンで、一般参加の山本亮(佐川急便)が2時間8分44秒で日本勢トップの4位に入った。山本は陸上競技場に入った直後に中本をとらえ、その差はあっという間に開いた。終盤の激しい追込みも素晴らしかったが、トラックに入ってからのスプリントの切れ味には目を見張るものがあり、42キロを走り終得た選手とは思えないしなやかさがあった。東京マラソンの藤原新とともに当確だと思う。

難しいのは、3人目の代表の選考である。気象条件の異なる4つの選考会を通じて、どこに評価のポイントを置くかで結果は全く違ってくる。日本勢2番手だった中本健太郎(安川電機)と本命視された堀端宏行(旭化成)、そして東京で2時間8分38秒の好タイムを出した前田和浩(九電工)の争いとみられる

2000年のびわ湖毎日で2位となり、シドニー五輪代表に選ばれた川嶋伸次氏(旭化成コーチ)は、3月3日付けの毎日新聞で、「日本人トップではなく優勝を意識していたか」との質問にこう答えていた。「勝たなきゃいけないというのがあった。4年前のアトランタ五輪は補欠だったが、代表と補欠では全然違う。(代表の)撮影の時に「絵づらが悪いのでどいてくれ」と言われた。あれはずっと覚えていた」。

川嶋氏は、30キロ過ぎのマルティン・フィス(スペイン)との激しい競り合いで惜しくも2位となったが、そのレース展開が評価されて晴れて五輪代表に選ばれている。日本陸連は選考基準に「五輪で活躍が期待できる選手」とうたうだけで、特に具体的な注文はつけていない。本番の五輪でやってくれるのではないかとの期待を抱かせる何かを見せた選手が、代表の座を射止めることは間違いない。

複数の大会から代表を選考する方式は日本に限らず、多くの国と地域で採用されている。もう少し納得性の高いやり方はないものかと思うが、あのケニアでさえも一発選考方式は採っていない。

選手を見る眼を養うつもりで、複眼思考で12日の選考会の行方を見守りたい。
[PR]

by hasiru123 | 2012-03-05 00:10 | マラソン