ブログトップ

夢のマラソン

五輪の企画番組から学ぶ

五輪における選手の活躍ぶりを予想するのは難しい。しかし、より多くの情報から読み解くことは、競技を深く知るためにも、そして選手を応援するためにも極めて重要である。そのことを考えさせてくれる番組に出会った。いずれもマラソンに関するものである。

まず、男子マラソンの藤原新(ミキハウス)に焦点を当てた7月9日放映(以下NHK)の「クローズアップ現代」<常識を超えろ~男子マラソン~藤原新/ロンドン五輪への挑戦>がある。バルセロナ五輪の森下光一(92年、2位)以降はメダルがなく、近年の世界記録は更新がめざましい。加えて、北京五輪(08年)の高速化(1位のワンジェロが2時間06分32秒で優勝)である。夏行われることが多く、勝負重視の五輪だが、後半追い上げる耐久レースからスピードレースに進化している。ロンドン五輪も必ずスピードレースになると読んで練習に取り組んでいるのが藤原だ。

スピード力とは1キロ3分以内のペースを持続させることで、そのために行っているのが「20キロから30キロの長い距離を全力で走ること」だという。言うは易しだが、代表決定からレースまでが半年しかないという期間的な制約を考えると、一筋縄ではいきそうにない。そして、日本人選手にとっては超えたことのない記録の壁に挑戦するという意味では、身体的、心理的な負荷が大きく、多くのリスクを伴う。その挑戦を後押ししたのが川内優輝(埼玉県庁)の走りだったと、藤原のインタビューで知った。プロというインセンティブの高さがそうさせたのかもしれない。

ロンドン五輪のコースは、市街地の急カーブと一部の細い道が特徴であるが、この対策はどう考えているのか。藤原が調整で出場したロンドンでの10キロレースで、早速貴重な体験に出会っている。先頭グループについて行ったら、途中の狭い道で中継車に阻まれて減速を余儀なくされた。また、カーブを曲がるときには多くの選手が内側に集まりやすいことも知った。藤原は、カーブでは混雑に紛れこまないよう外側を走ることに徹して、25キロ過ぎまで上位でいられるようにしたいと語っている。

カーブ対策については、7月23日放映の「アスリートの魂・粘っこく走り抜け」<女子マラソン 重友梨佐~メダルへの課題~>でも触れていた。カーブの多いコースは、ピッチ走法の重友梨佐(天満屋)には有利だと語るのは、武富豊監督(天満屋)だ。「減速と加速を繰り返すコースでは、ストライド走法の選手には脚に負担がかかり、結果としてスタミナを消耗する」「鍵は3週目だ。(ペースを)落とさずにどう走れるか。その時までに余力を持っていれば、上位の選手を食うこともできるかもしれない」。2時間21分から22分の争いになるだろう、と予想する。

番組では「重友が後半まで粘れる秘密はフォームにある」として、ハイスピードカメラで撮ったビデオを紹介していた。確かに、重友のフォームは上下動が少なく、肩の位置が水平に保たれている。蹴り出した脚の力が上方向へ向かずに前へ向いている。これが、スタミナが後半まで持続する省エネ走法だと説明している。高校時代(興譲館)から、フォームを安定させるために競歩の練習を取り入れていた、というだけのことはある。「疲労度の少ない走りをしてきたので、もっと伸びる」と武富監督は期待する。

女子も世界のトップランナーとは水をあけられていて、ロンドン五輪代表で最も速い記録(L.ショロブホア)と重友の記録とでは約5分の差がある。カーブがのべで100か所もあるこのコースは、いわゆるスピードランナーには不向きで、持ちタイムの差を埋める好機かもしれない。陸連が行った米国での高地トレーニングに加えて、菅平での起伏のあるコースで走り込む様子も紹介されていた。下りでは、前脚の腿の筋肉を鍛えてることでカーブでの減速の練習になり、上りでは腿の裏やふくらはぎの筋肉を鍛えることでカーブを曲がった後の加速の練習になるとの考えからであった。

もう一つは、7月16日放映の「ミラクルボディー」<第3回マラソン最強軍団~持久力の限界に臨む~>があった。現在の男子で2時間3分台で走った選手は、H.ゲブレセラシエとP.マカウ、W.キプサングの3人だけだ。3人はなぜ3分台で走れるのか。さまざまな角度から医学的な成果を駆使し、次の3点をその要因に挙げている。まずマカウが「つま先着地」である点に着目し、次に「高地での豊富な練習量と子供のころからはだしで走っていること」を挙げ、さらにゲブレセラシエとマカウの「血液と強力なポンプ(心臓)」に触れている。

「つま先着地」は、蹴り出した足が踵から入らないでつま先から入るような形で足裏全体で着地をする方法である。スポーツ科学センターの実験によれば、着地したときに身体が受ける衝撃は、マカウが93kgで体重の1.6倍だったのに対して、日本の代表選手の山本亮(佐川急便)は132kgで同2.2倍だった。衝撃力の小さいことが安定したフォームにつながっている。これも、超スローの映像で見ると重友の肩位置が水平に保たれている走法と共通するものがある。

筋電計を使って筋肉の使用状況を調べると、マカウはもっとも体重が乗ったとき、全力で出せる筋肉の48%しか使っていないのに対し、山本は81%を使っていた。マカウは山本より30%も少ない筋肉で走っていることになる。「疲れを知らない走り」の一つの要因はここにある。

なぜ、つま先着地で走るようになったのだろうか。Y.ピツラディス博士(イギリス・グラスゴー大学)はこう説明する。「はだしで山道を走るときは、より衝撃の少なくするために、本能的につま先着地になる。子どもたちは、その結果足の指を曲げる筋肉や土踏まずを支える筋肉が鍛えられる」。

MRIで脚の筋肉の断面を調べてみると、深部庭屈筋群という脚の指を曲げたり、脚の筋肉を支えたりする部分の面積は、マカウの山本よりも37%大きいことも分かった。マカウも、子供のころははだしで生活していたという。

心臓の左心室は、ゲブレセラシエがは一般の同年齢の男性平均と比べると容積で約1.6倍、筋肉重量で約1.3倍大きいことも分かった。通常の人だと、大きくなっても平時の1.2倍くらいまでだ(B.D.レビン教授(サウスウエスター医学センター)のインタビューから)。ゲブレセラシエの心臓は、多量の血液をもらうことで全身の筋肉に十分な酸素を供給することができるのだ。さらに、赤血球の数が多いことにも、さまざまな研究者のインタビューを交えて紹介している。

これらの番組で紹介された内容は、一般のランナーにとってはすでに常識として知られていることもある。例えば、つま先着地が脚への衝撃を緩和する役目を果たし、長くスピードを維持することが可能な効率的な走法であることを教えられた市民ランナーは少なくないだろう。しかし、具体的な実験結データや映像で確かめると、改めて走ることの原理について考えさせられる。また、そこから派生して新たな疑問点も浮かび上がってくる。

たとえば、ゲブレセラシエの多量の血液を送り続ける心肺機能は、短距離や中距離のトップランナーと比較するとどうちがうのだろうか。また、マラソンが本来多くのエネルギーを必要とされる競技であることから、エネルギーを生み出す血液はどのような過程を経て生成されているのか。踵着地からつま先着地を意識した走りへ切り替えるのに、身体バランスを崩さずにうまく進めることはできるのか。また、身体的なリスクはないのだろうか。こうした素朴な疑問を顕在化させたという意味で、これらの番組は力作であった。

藤原の挑戦や重友の課題から、ともに世界が見えるところで勝負しようという意気込みが伝わってきて、応援にも熱が入る。ロンドン市街地でどんなドラマが控えているのか、開幕ベルが待ち遠しい。
[PR]
by hasiru123 | 2012-07-29 20:10 | マラソン

私の所属している走友会では会報を発行している。ホームページが出来るまでは年に5、6回の頻度で発行していたが、最近ではホームページや掲示板が中心で、それらに掲載された記事を中心に年に2回位特集のような形で紙でも出している。広報活動もペーパーレス化が進んだが、紙の読み物のニーズは高い。

タブロイド判のような大型サイズであっても、PDFファイルにすれば簡単にネットで読むことができる。また、記事の1本1本が独立して編集されていれば、検索も楽である。それでもなお、紙のほうが読みやすいという人は少なくない。折りたたんだり、ページをめくったりしながら、電車の中のような狭いスペースでも気軽に読むことができるからだ。

それにしても、小会の会報は息が長い。広報活動は走ることと同じで、続けてこそ価値がある。

前置きが長くなったが、私の住む町の自治会でも、今年度から広報活動に力を入れようということで、編集担当役員のお骨折りで会報を創刊する運びとなった。こちらは、伝統的な発行スタイル(紙)である。編集部から「新年度の挨拶を」との要請があり、一文を掲載させていただいた。以下、その採録である。紙面の制約がないので、若干の追記をした。

会員の皆様には自治会活動へのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

自治会では、より多くの方々に自治会を理解していただき、積極的に参加していただきたいと考えております。その理由は、自治会が生活の中で一番身近な組織であって、私たちの生活の安心と安全を確保するための拠り所だからです。ぜひ、ご活用ください。

自治会の力を発揮するには、二つの歯車がしっかり噛み合うことが大切です。一つは「行政との連携」で、もう一つは「会員相互のコミュニケーション」です。

この二つは自治会を支える車の両輪のようなものです。このバランスを欠いてエンストしたりすることのないよう、活動を進めていきたいと思っております。

さて、私たちの町(郭町2丁目)の東側には新河岸川が流れています。この川は最近浄化が進み、とてもきれいになりました。水の浄化についてはこんな数字があります。川の水質を測る指標がこの23年間でどう変化したかについて、「新河岸川を守る会」が公表したデータによると以下のようになっていました。PHが7・3から8・2へ、BOD(酸素濃度)が5.6mg/lから2・8mg/lへ、SS(懸濁度)が1mg/lから7mg/lへ、透視度が29度から47度へと、いずれも大幅な改善がみられました。

自治会を中心とする浄化運動が奏功し、市民の川への関心も高まりました。このような動きが、河川一体となって進めば、日本の河川のごみゼロは決して夢ではありません。
c0051032_20404725.jpg

一方で、今年になって高齢者が次々と無残な死を遂げる「孤立死」が相次いでいます。これについて「いくつかの地域で住民による先進的な取り組みはなされているが、社会全体の取り組みとは成り得ていない」というある活動家の声を見つけました。そうです。今こそ自治会は「孤立死ゼロ」へ向けて、二つの歯車を噛み合わせ、日頃の見守り活動に力を注ぐ必要があります。

(写真)新河岸川で楽しむ舟遊
[PR]
by hasiru123 | 2012-07-22 20:42 | その他

前年度にフルマラソンを完走した人の数は約25万人で、1年前に比べ4割増えた。また、完走者に占める女性比率は21%で、同様に2.5ポイント高くなったそうだ。男女とも完走者数は大幅に増加しているが、女性の伸長が著しい。雑誌「ランナーズ」が毎年行なっている「全日本マラソンランキング」(旧・フルマラソン1歳刻みランキング)のデータからわかった。

「ランキング」のタイム分布によると、1年前と比べて5時間以上かけて走った人の比率が高くなっているのに対して、5時間未満では各時間帯ごと(4時間台は30分刻み、3時間未満は15分刻み)の分布でその比率を落としている。そのために、平均タイムで男子が4分37秒、女子が2分29秒落ちた。ちなみに、完走者の平均タイムは男性が4時間38分25秒、女性が5時間10分04秒である。

これは、ランナーの記録が低下したわけではなくて、5時間以上かけてゆっくり走るビギナーが急増したことが影響している。なぜビギナーが急に増えたかというと、新設された9つの大会の制限時間(出場資格)がすべて7時間と、フルマラソンに出場するためのハードルが大きく緩和されたからだ。新設された大会の中には、大阪マラソンを始めとする1万人以上の規模のものが4つある。

初めてのマラソンは、果たして制限時間内に最後まで走り切れるだろうかと不安なものだ。しかし、7時間以内なら無理をしないでも、必要に応じてウォーキングと組み合わせれば、だれにでも完走のチャンスがある。「ランキング」には出ていないが、全体の完走率は格段に上がっているはずである。ただし、これもデータにはないが、ウォーキングを入れないで完走した人の比率の方はむしろ落ちているかもしれない。

一方で、前年度行われなかった大会が3つあった。いずれも4月と5月に実施予定だった大会で、震災の影響で中止を余儀なくされたものだ。これらは、今年度に復活しているので、来年に見る「ランキング」ではさらに多くの完走者数が予想される。
[PR]
by hasiru123 | 2012-07-15 22:02 | マラソン

恒例の若葉グリーンメイトの夏期合宿に参加した。今年も会場は越後湯沢で、7月7日、8日に行われた。事務局及び合宿幹事の尽力で、昨年よりもやや多い20名の参加だった。まずは、御礼を申し上げたい。
c0051032_9365796.jpg

例年の合宿の成果として書くときは、主として練習の内容だったり、メンバーの頑張りだったり、あるいは自分の走りの状況だったりすることが多い。確かに、走友会の合宿であればそういう視点で評価するのはごく当たり前のことだと思う。しかし、一方で組織だって走るからには、このことはどうしても外してはならないという基本的な問題がある。それは、走友会のトレーニングにとって「安全」とは何か、という問いにほかならない。
c0051032_23392758.jpg

今回は、その問いに答えるにふさわしい状況に遭遇した。折からの低気圧の通過で、悪天候が予想され、実際に本練習が予定されている午後から、大雨に見舞われた。
c0051032_23395133.jpg

1日目の練習メニュは、2グループに別れて作れれていた。一つは10時から16時にかけて大源太山(標高約1600m)を往復するグループ。もう一つは、午前中は50分前後のジョグ、午後は大源太の登山口周辺を周回し、宿舎に戻るグループ。前者はゆっくり登山を楽しむファンラン向きで、後者は午後の前コースを走ると1日に40キロ近くに及ぶという、どちらかというと持久的な走り込み向きである。

大源太山を往復するグループは、現地へ到着後すぐに登山の中止を決めた。また、後者のグループは午後の練習で、12キロ地点で降雨量が急に増えて雷鳴が轟くようになったため、周回コースを離れて一路宿舎へ戻るコースに切り替えた。どちらも、予定どおりの練習を行うことができなかったわけだが、無理をしないで取りやめ、若しくは変更したことは懸命な判断だったと思う。当然のことではあるが、強行しなかったことで豪雨などによる被災やケガ等のリスクを回避することができ、明日からの普段通りの練習が保証された。これに勝る幸運はないのである。そう考えたい。

私は後者のグループに加わっていたが、肌を刺すほどの痛い雨から逃れるように宿舎へ戻った頃には、皮肉なことに雨は小康状態になっていた。物足りなさを感じたのは私だけではないと思うが、そのことを口に出すメンバーはいなかった。

翌8日も雨は降り続いたが、走行に支障をきたすほどではなかった。ほぼ、予定通りの練習を消化することができた。涼しい気候の中で走れたことに感謝している。

ここからは話が変わり、個人的な問題になる。少しショッキングなこともあった。それは、帰りのマイクロバスの中でのことである。隣り合わせたメンバーのOさんと今秋のマラソン大会の話題に及んだ時だ。私が出場を予定していた大田原マラソンが定員に達し、すでに申し込みを中止したというのである。8月31日が申し込み締切期限となっていたので、まだ大丈夫と高をくくっていたのが失敗だった。後でRUNNETで調べてみたら、関東周辺で11月までに開催される主だったマラソン大会は締め切られていることがわかった。

さあ、これからどうする。練習計画の変更もさることながら、モチベーションをどう切り替えたらよいか、頭を冷やして考えたい。少し言い訳がましいかもしれないが、市民ランナーが出場できるマラソン大会の絶対数がなりな~い!


(写真上)土樽コースを走るメンバー(会員提供の写真による)
(写真中)1日目の夜の懇親会で
(写真下)懇親会のメインディッシュ刺身盛り合わせ(日本海産)
[PR]
by hasiru123 | 2012-07-08 23:42 | 練習

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイに同名の小説がある。この映画を見終わって、帰途に書店へ立ち寄った。文庫本に当たってみて、始めてその勘違いに気がついた。「キリマンジャロ山は最後まで出てこなかった」と映画の感想にうっかり書いてしまうところだった。後で、ビクトル・ユゴーの長編詩「哀れな人々」を元にして作られたものだと知った。

勤務先の業績が悪化し、労働組合は人員整理を受け入れる。中高年の委員長ミシェルはくじ引きで退職者20人を選ぶことにしたが、そこには自らの名前も入っていた。委員長の権限でリストラの対象から自分を外すことができたにもかかわらず、くじに参加し、不運にも退職者の一人となる。失業後のある日、ミシェル夫婦は強盗に遭う。犯人は、ミシェルと一緒にリストラされた青年だった。

舞台は、南フランスの港町マルセイユ。勤務先は港の埠頭にあり、青い作業着を着た男たちが並んでくじを引く場面から物語は始まる。日本以上に厳しいフランスの青年労働者の現状と犯行が重なって描かれている。働く者は相互に支え合うものという信念と誇りが裏切られたにもかかわらず、からりとした明るさと希望に満ちた物語である。温かさを感じるのはなぜか。

一つは、マルセイユの柔らかい陽光と海のある風景があると思う。そしてロベール・ゲディギャン監督やミシェルの妻マリ・クレールを演じるアリアンヌ・アスカリッドが生まれ育った土地であることにも関係がありそうだ。

二つ目は、愛と信頼の絆という難しいテーマを見事に表現したことだろう。ミシェルはくじ引きで退職者を選ぶという一見公平に見える解決策を正しいと信じた。実は軽率な判断だっただったと気づいた時、ミシェル夫婦は自分たちに可能な手段を見出し、行動に移す。周囲に困っている誰かがいれば手を差しのべられずにはいられないのだ。ラストに、犯人の子供たちを引き取るシーンがある。市井の人々が持っている良心を信じさせてくれる。

もう一つ加えるならば、この作品が16ミリフィルムで作られていることを挙げたい。細密なデジタル画像とは一味違い、心の内面をうまく映し出すことに成功した。

これはある意味で個人の生き方を問う映画であるということができる。わが国でかかえている貧困や劣悪な労働環境、世代間格差などが二重写しになり、考えさせられたからだ。折から生活保護バッシングがかまびすしい。貧困に陥るのはあたかも自己責任だと言わんばかりの風潮である。目先のことに目を奪われ、まわりの人間に関わりを持ちにくい世の中。それでも、無関心ではいられない。そんな気持ちにさせる作品だ。

キリマンジャロの雪  http://www.kilimanjaronoyuki.jp/
上映  6月9日より岩波ホールで
[PR]
by hasiru123 | 2012-07-01 23:08 | 芸術